人気ブログランキング |

ヒナちゃん(ウサギ)と腹八分目

ヒナちゃんと腹八分目   食事を減らすと元気になる

最近、ヒナちゃんはスマートになりました。
また、元気によく動くようになりました。

「ヒナちゃん、細くなったと思わない?」
「体が、軽くなったせいか、よく動くようになったでしょう。」と娘が言いました。
そういわれて、ヒナちゃんを見たら、確かに丸みが減っています。
ヒナちゃんを、横から見ている分には、よくわかりませんが、真正面から見ると、確かに細くなっています。

以前は、まん丸で、私は、デブウサギとか、ブーちゃんといっていました。
不満な時とか、怒っている時に、よくブーブー言いいます。
それで、ブーちゃんと呼ぶこともあるわけです。ヒナちゃんに向かってブーちゃんと呼ぶと、それでも、自分が呼ばれたと思って反応します。 
 可愛そうなヒナちゃん。

ヒナちゃんがやせた理由は、非常に簡単で、餌の量を減らしたからです。
(人間だって同じです。痩せるのは、原理的には簡単です。
食べるのを大きく減らせばいいのです。
それが、出来ないので、ダイエット食品に頼るわけです。
ですから、うちでもダイエット食品が売れるわけです。)

ヒナちゃんの餌の減らし方はというと、まあ、腹八文目くらいです。

動物、ネズミなど、を使った実験では、食事の量を減らしたほうが長生きすることがわかっています。
動物に、食べたいだけ食べさせると短命で、制限して減らすと寿命が延びます。
だから、人間も腹八分目が良いということの、裏づけになったわけです。

ヒナちゃんを観察していると、どうして食事を減らすと、元気になるのかがはっきりわかります。
ヒナちゃんの仕事は、食べること、遊ぶこと、いたずらすることです。
健康のために、体を動かそうとかは、当然、考えていません。
動きたければ動き、動きたくなければ動かない、と単純です。

ヒナちゃんは、お腹が空けば、空いたと怒ったり、暴れたりします。
それで、餌が出てきて、満腹すれば、のんびりと、座り込んでいます。
最近のように満腹できないと、もっと何か食べたいなと、うろうろと、餌(この場合、娘のお菓子など)を探して、歩き回ります。
人間も同じで、満腹したら、どてっと座ってテレビでも見ていたりするでしょう。
そして、お腹が空いたら、怒りっぽくなるでしょう。座りっぱなしということは無くて、何か動きたくなるでしょう。
ヒナちゃんは、少し空腹だと、よく動きます。
多分、たしかあの辺に、お菓子があったとか、何かそこら辺に無いかなと、頭も体も動くのでしょう。
                    
人間だって、多少の怒りがあったほうが、頭を使うでしょう。

というようなことで、ヒナちゃんは、よく動くようになったのでしょう。
人間も同じ、腹八分目にしましょう。


さて、この文章を書き終わってから、面白いことがありました。
夜、家に帰ってから、何時ものようにヒナちゃんをケージから出してあげました。

そのとき、テレビの前に20cm位のものが置いてあり、その上にミカンがおいてありました。
温州みかんの大きいの、八朔よりやや小さいくらいのを想像して下さい。

あれ、大丈夫かな、と一瞬思ったのですが、別なことに気をとられて忘れてしまいました。
そのうちに、今日は静かだなと、何か変だなと思いました。
すると、娘がヒナちゃんの所(この時、玄関のほうにいました)に見に行きました。
すること、ミカンを食べようとしていたので、取り上げました。
まだ、皮を少しかじったところでした。
かわいそうなヒナちゃん。

さて、そうすると、ヒナちゃんは、ミカンを4,5メートルくらい移動させたことになります。
ヒナちゃんはミニウサギで体重が1.6 kg位しかありません。
ミカンは頭の半分くらいの大きさですから、ヒナちゃんにとっては、大変重いはずです。
どうやって持っていったのか不思議です。
くわえていったのでしょうか?
コロガしていったのでしょうか?
不思議です。

ヒナちゃんがどういうふうに運んだのか、実験をしてみたいのですが、家族の反対にあいそうなので、出来そうにありません。

朝霞の漢方   漢方相談35年    昭和薬局
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

ホームページが新しくなりました。

サイタマカンポウ ドット コム   おぼえやすいでしょう。 
http://www.saitamakanpo.com/
 埼玉漢方ドットコム   昭和薬局

トラックバックURL : https://showayakyk.exblog.jp/tb/10925840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 骨密度は26歳の青年並み!! , 八味丸で花粉アレルギーが軽減 >>