コーヒーショップでの遭遇

コーヒーショップでの遭遇       2012.4.29

ブログにアップする文章を書いたり、本を読んだりするのに、よくコーヒーショップを利用します。

何故か、店とか家では考えがまとまらないし、ほかの事に気をとられて、文章の作成が進まないからです。
コーヒーショップでは、時々 面白い場面に遭遇します。

今日は、新越谷のコーヒーショップで、文章を書いていたのですが、
両側に面白いことが起こっていたので、書いてみます。

右隣では、3,40代の男性が二人、書類を広げて話をしています。
何か、投資か何かの勧誘をしているのかと思いましたが、
保険の勧誘でした。
しばらくやり取りした後に、契約することにしたようです。
毎月の支払額が、月収の10%だといって、やりとりし、
少し支払額を下げることで、決着したようです。
保険会社は外資系のようです。

左隣は、賢そうな小学校の男の子とお母さんが、なにやら話していました。
よくある光景なので、始めは気にも留めませんでした。
そのうちに、会話のところどころに、中国語の単語が出てきたので、あれ!と思いました。
お母さんが中国人なのかなとも思いましたが、なまりのない日本語を話しています。

テキストらしいのを開いてやりとりしていました。
断片的にしか聞こえないのですが、聞き取れたことから、
どうやら子供は、北京語の塾にでも行っているようです。
お母さんが、復習させているようでした。
wawa ワーワは、赤ちゃんという意味でもあり、人形という意味でもある、とお母さんが説明していました。
子供は、WaWaワーワは、赤ちゃんのことだ、と思っていた、と言っていました。

お母さんは、子供に、何かの単語を発音させて、
第一声がちゃんとしていないと、怒っていました。

まあ、厳しいお母さんだこと、と感心ました。
私なんかは、四声なんか気にしないことにしています。読む分には困りませんから。

ところで、そのお母さんは、四声にまでうるさく言っているので、多分中国人でしょう。
でも、なんでわざわざ、中国語を習わせに言っているのだろうと、不思議に思いました。


と、時々、面白いのに遭遇します。
それでも、こういう環境でも、文章はかけます。

こういうことにぶつかるのも、コーヒーショップでの面白みですね。

朝霞の漢方 昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

トラックバックURL : https://showayakyk.exblog.jp/tb/15794945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 桜草の薬用効果 , 甘いものと不妊 >>