重症のアトピー性皮膚炎が、すぐに治った

重症のアトピー性皮膚炎が、すぐに治った

意外な場所で、重症のアトピー性皮膚炎が、すぐに治った、と言う事を、先日聞きました。

先日(2012.9.16)、新宿で、ウエブ関係のセミナーに参加しました。
医薬関係のセミナーではないので、逆に真実味があります。
そのセミナーの講師の一人の話です。

成人になってから、大変重症のアトピー性皮膚炎になったそうです。
ステロイド剤を少し塗っても効かなくなり、大量にぬりたくり、貼るタイプの外用剤も使い、注射もしたが、全く改善しなったそうです。

小さい子がいましたが、夫婦が不仲になり、離婚しました。
そうしたら、アトピー性皮膚炎が、すぐに治ったそうです。
何だ、アトピーの原因の一つは、夫だったのか、と思ったそうです。
成人のアトピーは、ストレスが関係していますのが。

ところで、この女性に対する治療(ステロイド軟膏の大量塗布など)は適切かどうかというと、
多分、皮膚科医としては、標準的な治療でしょう。

というのは、離婚した相手は、皮膚科医だったそうです。
ですから、皮膚科的な標準的な治療法でしょう。

セミナー主題は、ウエブ(インターネット、パソコン)関係ですが、このことを聞いて、関心が、そっちの方に行ってしまいました。

アトピーは、何せ、当店・昭和薬局の重点分野ですので。

こう想像します。
始めは、何らかのことで、皮膚にトラブルが生じた。
また、もともとアレルギーの要素があった。
かき壊して、アトピー様になった。
少量のステロイド軟膏を塗る。
少し良くなる。
しかし、また悪くなったり。、かゆくなったりする。
痒いので、かく。
すると、悪化する。
ステロイド軟膏を塗る。あまりかゆみには効かない。
一時よくなるが、悪化する。
ステロイド軟膏を塗ることにより、皮膚が弱くなる。
良くなったり悪くなったりするが、皮膚が弱くなっているので、悪化する。
大量のステロイド軟膏を塗る。
同じようなことが繰り返される。
内服薬を投与したり、注射をしたりする。
しかし、一時良くなるが、まもなく悪化してゆく。

こんな感じだったのでしょうね。

離婚をきっかけに、ステロイド軟膏が手に入りにくくなる。
意識的にではなく、自然と、ステロイド軟膏を中止か、減らす。
悪循環がたたき切られる。
痒いことも、あったでしょうが、関心が、自分と子供の将来に向かったので、あまりかかなくなった。
自然と肌の状態がよくなった。
離婚して、転地したことも、改善の助けになった。

それにしても、よくリバウンドが起こらなかったな、とも思いました。

ある意味では、なかなか参考になりました。

当店・昭和薬局では、ステロイド軟膏を使っているアトピーの方に対しては、いきなり中止するのは、お勧めしていません。
ステロイド剤を減らしながら、漢方薬、スキンケア用品などで、徐々に減らして行くよう勧めています。


アトピーなどお肌のトラブルのご相談は、あらかじめお電話(048-473-7830)ください。
さいたま  朝霞市、志木市、新座市、和光市で37年  漢方相談薬局
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106  昭和薬局   薬剤師  鈴木 覚         
 TEL  048-473-7830  FAX 048-473-7332
サイタマカンポウ ドット  コム     埼玉漢方ドットコム
 http://www.saitamakanpo.com/

さいたま 朝霞の漢方  昭和薬局のお客様は
◎以下のような地域から、多くご来局頂いています。お気軽にご相談においで下さい。
埼玉県朝霞市内全域。志木市内全域、新座市、和光市、富士見市、ふじみ野市、三芳町、川越市、川口市、所沢市、さいたま市(旧  大宮、浦和、岩槻、与野)、東京都練馬区、板橋区、北区、豊島区、清瀬市

◎ ご相談をよくいただく病気その他
美容 :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエット
腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎
痛み全般:関節痛、ヒザの痛 み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、
更年期障害、冷え性、生理痛、生理不順、登校拒否、不安感

◎「日本体質改善研究会」会員、「子宝カウンセラーの会」会員、

トラックバックURL : https://showayakyk.exblog.jp/tb/16885435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 漢方薬と子沢山 , 子供のアトピー その後 >>