人気ブログランキング |

便秘、下痢、軟便の悩み  その4  便秘には牛乳というのは誤り

便秘、下痢、軟便の悩み  その4  便秘には牛乳というのは誤り
                              2013.11

便秘には牛乳 というのは誤り

便秘の相談を受けていますと、しばしばこんなことを言われます。
「牛乳を飲んでも、うんともすんとも言わない。出ない。
牛乳を飲めば、下痢するはずなのに。」

牛乳を飲めば、下痢するというのは、半分は本当で、半分は伝説です。

牛乳で下痢をする(乳糖不耐症)というのは、こういうことです。

牛乳に限らず、人間の母乳にも乳糖が入っています。
赤ちゃんは、母乳中の乳糖(ラクトース)を分解する酵素であるラクターゼを持っています。赤ちゃんの小腸には、ラクターゼ(乳糖分解酵素)があり、乳糖を分解してグルコースとガラクトースに分解します。そして、小腸で吸収されます。

このラクターゼ(乳糖分解酵素)は、本来、大人には必要ないので、成長すると、体から消えてしまいます。ただし、乳製品を常食している、ヨーロッパ人等は、ラクターゼ(乳糖分解酵素)が、成人になってもなくなりません。
ラクターゼ(乳糖分解酵素)が、小腸に無い状態で、乳糖を含む牛乳を飲むと、乳糖を分解できません。
小腸中に乳糖があると、水を抱え込み、便中に水分が多い状態となり、下痢便となります。(個人差があります。)

戦後、まだ日本の国に食糧事情が悪かったときに、栄養価の高いものとして牛乳が推奨されました。その時期は、牛乳で下痢をする人がかなりいました。
(昔の日本人は、乳製品を摂りませんでしたから。経済的、歴史的な理由で。)

それで、牛乳を飲むと下痢をする。
→便秘をしたら、牛乳を飲めば良い。
という、図式が出来あがり、一部の人たちの頭に、
牛乳=下痢する、と言うことがすり込まれました。

ところが、その後は、多くの人が乳製品を摂るようになりました。
乳製品というと、牛乳、ヨーグルト、チーズなどだけではありません。多くのお菓子、調味料にも、牛乳が含まれています。
そういうことで、乳糖を分解するために、ラクターゼ(乳糖分解酵素)が、多くの日本人の体に残るようになった、と推定されます。
当然、牛乳を飲んでも、便が緩くなったり、下痢には、なりません。

便秘の相談に見える方の多くは、このラクターゼ(乳糖分解酵素)が、成人後も体に残っているタイプです。
ですから、牛乳を飲んでも、便が軟らかくなることはありません。
逆に、便秘がひどくなる人もいるようです。

牛乳を飲むと、下痢をするというのは、多くの便秘の人にとっては、間違いです。

相談は、下記まで。

さいたま朝霞で38年  朝霞の漢方  昭和薬局   
         薬剤師 鈴木 覚     日祭日休業
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332
サイタマカンポウ ドット  コム     埼玉漢方ドットコム/ http://www.saitamakanpo.com/

さいたま 朝霞の漢方  昭和薬局のお客様は
◎ 以下のような地域から、多くご来局頂いています。お気軽にご相談においで下さい。
埼玉県朝霞市内全域。志木市 内全域、新座市、和光市、富士見市、ふじみ野市、三芳町、川越市、川口市、所沢市、さいたま市(旧  大宮、浦和、岩槻、与野)、東京都練馬区、板橋区、 北区、豊島区、清瀬市

◎ ご相談をよくいただく病気その他美容 :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエット腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎痛み全般:関節痛、ヒザの痛 み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、子宮筋腫、冷え性、生理痛、生理不順、登校拒否、不登校、不安感

◎「日本体質改善研究会」会員


トラックバックURL : https://showayakyk.exblog.jp/tb/19952411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 子宮筋腫の私自身の体験談   ... , 便秘、下痢、軟便の悩み  その... >>