皮膚の痒みが無くなり、風邪をひきにくくなり、眠りも良くなり、目の水泡も消えた

皮膚の痒みが無くなり、風邪をひきにくくなり、眠りも良くなり、目の水泡も消えた


目の水泡の原因は、結膜炎やブドウ球菌などの細菌に対する遅延型アレルギー反応によるものだそうです。
最近ではブドウ球菌が多いと言われ、疲れやストレスが引き金になっているとも言われています。

この、目の水泡が、消えた例を紹介します。
「目の水泡」は、本来の主訴ではなく、風邪をひかないように、体質を変えようとしたら、ついでに良くなってしまったものです。


30代後半の女性です。
主訴:風邪をひき易い、疲れる、湿疹・ジンマシンがあってカユい。
その他の状況は、以下のようです。
少し前に飛蚊症、10年前にウツっぽい事があったそうです。目に水泡がある。
全身だるく、疲れやすい、肩が凝る、足がむくむ、手足が冷える、風邪をひきやすい、動悸がする

対応:一見すると種々雑多な症状が見られます。
こういう場合は、個々の症状にとらわれない様にした方が、経験的に良い事が多いのです。
たとえば、湿疹、ジンマシンでカユい事に気を取られると、皮膚病として対応することになります。
また、目の水泡にのみ注目すると、どう対応したらよいか、わからなくなります。

このように、不都合、不調が多彩な場合は、主に二通りの対応が考えられます。
一つは、個々の事象に注目して、それを治していく方法。(漢方では、標治、目に見えるものを治す、と言います。)
もう一つは、個々の事象ではなく、大本を見極め、それを治していくという方法があります。(漢方では、本治といいます。)

この女性の場合には、本治を主として、標治を従としました。
体が正常であれば、上記の症状はありません。体を、正常化すれば良い(雑多な症状は軽減するであろう)と考えました。

肩こり、だるい、疲れやすいなど、また舌の様子から、血流が悪い、冷え性であると考えました。
始めに血流をよくする、丹参製剤、冷え性を改善し、体力をつける漢方薬などを投与しました。

すると、2ヶ月位で、目の水泡が消えました。
その後、体を温める温灸器も、お買い上げ頂きました。
それから、漢方薬の組み合わせを多少変えていますが、ジンマシン、皮膚の痒みは、すっかりなくなったそうです。

なぜ、目の水泡が消え、ジンマシンが出なくなったのか?

この女性に、目の水泡を消す薬や、ジンマシンに対応する薬は出していません。
そもそも、目の水泡を消すとか、治すとかの効能を持つ漢方薬はありません。
その効能を持たない漢方薬で、症状が改善するなどは、西洋医学的には、あり得ないことです。

目の水泡が消えたことに対して、こう考えます。
目の水泡の直接の原因は、細菌の様ですが、その多くは、時間がたてば、自然に消失するそうです。
しかし、長引く場合は、疲れ、ストレスが悪化させているのだそうです。
漢方薬で、疲れにくくなった(すなわち、免疫力が上がった、体力がついた)こと、血流が改善し、疲れにくくなったことで、精神的に楽になり、ストレスが減ったこと、等々から、目の水泡が消えたのであろうと推定しました。

ジンマシンが出なくなったのは、こう考えます。
ジンマシン、皮膚の痒みの多くは、アレルギーが元にあります。
体温が下がると、免疫力が下がると言われています。つまり、低体温であると、アレルギー、ジンマシンなどの症状は悪化します。
また、正常な体温なら出ないのに、低体温であると症状が出ることもあるでしょう。
アレルギー、アトピー、喘息などの免疫疾患は、ストレスで悪化する事が知られています。
冷え性を改善し、身体的なストレスを改善したことで、ジンマシンが出にくくなったのだ、と推定できます。

このように、漢方では、今出ている症状を抑えるのではなく、別な観点から、成果を上げることが、しばしばあります。


朝霞・志木・新座・和光で40年  

朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332


朝霞の漢方  昭和薬局のお客様は
◎以下のような地域から、多くご来局頂いています。お気軽にご相談においで下さい。

埼玉県
朝霞市内全域(本町、朝志ヶ丘、宮戸、三原、溝沼、浜崎、西原、北原、上内間木、下内間木、岡、根岸、仲町、栄町、泉水、西弁財、東弁財、

他)、
志木市内全域(本町、館、幸町、柏町、上宗岡、中宗岡、下宗岡)、新座市、和光市、富士見市、三芳町、川越市、川口市、所沢市
さいたま市(旧  大宮、浦和、岩槻、与野)、
東京都
練馬区、板橋区、北区、豊島区、清瀬市

◎ご相談をよくいただく病気その他
美容 :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエット
腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎
痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、冷え性、生理痛、生理不順

トラックバックURL : https://showayakyk.exblog.jp/tb/21583340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< パナパールが、抗認知症薬の特許を取得 , 少し、人なつこくなったヒナミち... >>