イギリスで、"アラフィフ出産”が増えてきた

イギリスで、"アラフィフ出産”が増えてきた

                    2015.3
上記の記事が、「クーリエ・ジャポン 2015年4月号」に掲載されていました。

いまや"アラフィフ出産”も常識!
英国で「妊婦の高齢化」が止まらない

それによると、2013年、英国で50歳以上の母親から生まれた子供は、700人を越えたそうです。そして、多くは、体外受精だそうです。

その記事には、イギリスのブレア元首相夫妻の写真が載っており、夫人は妊娠中のようです。そして、45歳で第4子を出産と説明書きが添えられています。

この理由として、
「ヨーロッパ大陸では、出産にかかる費用が健康保険でカバーされるのが、43歳まで、
体外受精が行うことができるのが49歳と定められているが、
イギリスでは、その年齢制限がない。」
ことから、だそうです。

この記事を読んで、これは、どう解釈すべきだろうか、と考え込みました。

50歳以上の出産は高齢出産ではなく、超高齢出産です。相当、流産率は高いはずですから、妊娠数は、700の数倍は、あるでしょう。
50歳でも、リスクはあるが、妊娠出産は可能だ、ということを示しています。

当店、昭和薬局でも、つい先頃、40歳の方が、苦労の末、色々と困難はありましたが、無事出産しました。

とはいえ、やはり年齢が高くなると、妊娠する事が少なくなるだけではなく、流産率も高くなるので、早めに手を打つことを、おすすめします。



朝霞・志木・新座・和光で40年 
 

朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332


朝霞の漢方  昭和薬局のお客様は
◎以下のような地域から、多くご来局頂いています。お気軽にご相談においで下さい。

埼玉県
朝霞市内全域(本町、朝志ヶ丘、宮戸、三原、溝沼、浜崎、西原、北原、上内間木、下内間木、岡、根岸、仲町、栄町、泉水、西弁財、東弁財、

他)、
志木市内全域(本町、館、幸町、柏町、上宗岡、中宗岡、下宗岡)、新座市、和光市、富士見市、三芳町、川越市、川口市、所沢市
さいたま市(旧  大宮、浦和、岩槻、与野)、
東京都
練馬区、板橋区、北区、豊島区、清瀬市

◎ご相談をよくいただく病気その他
美容 :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエット
腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎
痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、冷え性、生理痛、生理不順



トラックバックURL : https://showayakyk.exblog.jp/tb/21597515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< バスに無賃乗車したこと  鉄道... , パナパールが、抗認知症薬の特許を取得 >>