ヒナミちゃんが、転居しました

ヒナミちゃんが、転居しました
                       2015.6
我が家のウサギのヒナミちゃんが、5月の始め、
娘の家に引っ越しました。

実は、娘の江梨子が、去年の暮れ結婚して、家をでました。出たといっても、家から歩い

て数分の所に新居を構えましたので、ちょっとそこら辺に移ったという感じです。
娘が結婚したら、寂しいでしょう、とか人に言われました。
「いや、全然」と答えると、皆期待はずれだとの、反応をされました。
娘は、引っ越したと言っても、すぐそばです。(まだ、一度も結婚後の新居には行ってい

ませんが。)また、娘は、店の営業日には、仕事で店に来ますので、ほぼ、毎日顔をあわせます。
以前と違うのは、家でごろごろしている娘の姿を見なくなったことと、ヒナミちゃんの世話を、
私がせざるを得なくなったことだけです。

ヒナミちゃんは、娘がいなくなってから、あまり私たちになつかなくなりました。
夜、仕事を終えて、家に帰ってから、ケージから出してやっても、どこかの隅にかくれようと
します。また隠れたら、なかなか出てきません。なでようとしても、いやがって逃げます。
時折、娘が帰ってきて、ヒナミちゃんを出してやっても、はじめのうちは、近寄りません。
まるで、見捨てられたと思って、怒っているようです。しばらくすると、なついてきました。
こんなことの、繰り返しでした。
そうこうしているうちに、五月の連休になりました。

実は、私は、このチャンスをねらっていました。
連休に、私たちが出かけるので、娘にヒナミちゃんを、預かってくれるよう、頼みました。(このまま、ヒナミちゃんを娘の所に置いておくつもりでした。)
すると、計算通り、ヒナミちゃんは、娘の家の子になりました。
娘の夫は、猫が好きで猫を飼いたいと言っていたそうです。
ところが、ヒナミちゃんが
来てからは、ヒナミちゃんを可愛がるようになったそうです。
今では、娘より長い時間、ヒナミちゃんを遊ばせるようになったそうです。
ヒナミちゃんも、元気になって、走り回ったり、ピョンピョン飛びはねるようになったそうです。
(ヒナミちゃんは、うれしいときは、はしゃぐように走ったり飛び跳ねたりします。)
そういうことで、ヒナミちゃんは、我が家から、娘の家に引っ越していき、そのまま、そこで
暮らしています。

私はといえば、ヒナミちゃんのお世話から解放されて、また、ヒナミちゃんも幸せに暮らしているようなので、ほっとしています。

新座市、和光市、朝霞市、志木市で40年
朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師  鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

<< つまりを通す力のある牛黄(ごおう) , 二週間で、手足がはっきり >>