四十代で、自然妊娠、出産

四十代で、自然妊娠、出産 その1
                                   2016年7月
さて、先日、「二日前、に無事に男の子を出産しました。」との連絡を受けました。
3500gと少し大きく、帝王切開となりました。


待望の第一子です。彼女の両親にとっても、待望の初孫です。
この赤ちゃんの誕生を、私どもを含めて、多くの人が喜んだことでしょう。
世の中は、暗いニュースばかりですが、これは、ご家族、知人、私どもにとっては、この上なく明るいニュースです。

年齢的に云えば、高齢出産です。
本人の希望で、正確な年齢を出せませんが、40代です。
しかも、自然妊娠!!!、自然出産!!!です。

年齢的なこともありますので、私どもは、AIH(人工授精)などと、組み合わせることも提案しましたこともありました。
しかし、あくまでも、自然ということなので、その意向にそって、進めました。
(難しいな、と思いましたが。)
出産も自然が良いとも言っていましたが、こればかりは、赤ちゃんが大きいこともあり、帝王切開となりました。
希望どおりには、なりませんでしたが、無事生まれたましたので、まあ良いでしょう。

彼女が、自然妊娠にこだわったのは、こういうことです。
昭和薬局に来られる前には、AIH(人工授精)等を試みました。
時間とお金を費やしましたが、結局妊娠には至りませんでした。
それなら、自然で、とのことでした。


昭和薬局に相談にこられてから、1年半くらいで妊娠し、先日、無事出産に至りました。
まあ、よかった。

飲んでいただいた漢方薬は、婦宝当帰膠を主として、状況に応じて、各種の漢方薬と組み合わせました。


不妊治療に取り組んでいる方にとって、まず妊娠することが目標です。
しかし、妊娠したら、それでお終いではありません。
無事、健康な赤ちゃんを生むのが目的ですから。


彼女には、妊娠後も、定期的にご来店頂きました。
40歳以上での妊娠の流産率は、極めて高いので、流産しないよう、安胎(あんたい:妊娠を安定させ、胎児を守る)と言うことが必要です。
せっかく苦労(金銭的にも、時間的にも、精神的にも)して、妊娠しても、流産したら水の泡です。
若い人でしたら、妊娠したら多くは無事出産します。
しかし、年齢の高い女性や、妊娠しにくい女性の場合には、この安胎と言うことが、非常に重要です。
不妊治療をされている方で、妊娠したら安心して、その後のケアを軽視する方が多々見受けられます。
あるいは、経済的なことかもしれませんが。
しかし、よく考えて見れば、妊娠後のケアの重要性に気がつくでしょう。流産したら、経済的にも、時間的にも、大変な損失です。
また、お金と時間がかかります。そして、再度妊娠するかどうかは、わからない状態です。
それなら、妊娠後もしっかりケアをしたほうが、精神的にも、ずっと良いでしょう。
妊娠後のケアをしっかりすれば、単に無事出産出来るだけでありません。
漢方薬を飲まれた方の赤ちゃんの肌は、きれいですし、健康です。
妊娠する為にだけではなく、生まれてくる赤ちゃんのためにも、漢方薬は、良い働きをします。
また、高齢で妊娠出産をした場合は、母体が相当消耗します。
母体が、くたびれていたら、子育てにもよくありません。
その、母体を守るためにも、妊娠中の養生、ケアが大事です。



相談を希望される方は、ご予約下さい。
すぐに対応できないこともありますので。

さいたま  朝霞で41年 
朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

トラックバックURL : https://showayakyk.exblog.jp/tb/23305643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 四十代で、自然妊娠、出産  その2 , 雨が降ると働き者になるヒナミチャン >>