大雪の日に袋田の滝観光  その2

大雪の日に袋田の滝観光  その2
                2016.12

龍神大吊橋の紅葉と雪

次に、龍神大吊り橋に向かいましたが、またもやガイドが事務所に電話したところ、まだ、一人もお客さんが来てないとのことでした。
景色はどうかと質問したら、一面真っ白で、雪しか見えないとのことです。ともかく来てください、と言われたそうです。

龍神大吊り橋に、11時過ぎにつきましたが、少し先客がいました。
龍神大吊り橋は、湖面からの高さが100m以上だそうです。すくむ様な高さです。
雪で歩きにくかったのですが、往復しました。橋の上から、下や周囲を見渡しました。
本来なら、下を見たら相当怖いはずですが、あまり怖い感じはしませんでした。雪で、はっきり見通せないからでしょう。
周囲の景色も、本来なら、すばらしい眺めであったでしょうが、雪のためはっきりしませんでした。

d0096268_924897.jpg


この龍神大吊橋は、日本一のバンジージャンプ場だそうですが、当日は、休業でした。
誰か、飛び込んでいるのを見たいものですが、雪のために見られず残念でした。
d0096268_9243711.jpg


しかし、雪の龍神橋というのは、なかなか見ることはできないでしょうから、これはこれで、良かったとしました。

袋田の滝と紅葉と雪

さて、いよいよ今日のハイライトである袋田の滝に向かいました。
やはり、こちらの方が、昔からの観光地で、周囲には、古そうな土産物屋が並んでいました。

滝の見物は、そこら辺から見るのだろうと思っていましたが、そうではありませんでした。
観瀑施設(袋田の滝トンネル)は、トンネルのような所を通り、滝の正面に、見るためのバルコニーがあるような、不思議な構造でした。
そこの少し後ろにエレベーターがありますが、普段は4、50分待ちだそうです。

入り口からかなりの距離を歩いて、滝の正面に着きました。
取引先の人で、袋田の滝に行ったことのある人に、聞いたところ、そこは、見に行く価値があると聞いていました。

d0096268_92559.jpg


来てみて、確かに見る価値があると感じました。
多くの滝は、比較的一直線ですが、袋田の滝は、水量が多くて、下の方が広がっている形です。しかも、雄大な感じです。
ガイドの話ですと、普段は、人が多くて、写真一枚撮るのにも、大変だそうです。
私たちは、何枚も、自由にとれました。これも、悪天候、雪のおかげです。
本来は、「紅葉と袋田の滝」と言うことでしたが、「雪と袋田の滝」となりました。
d0096268_9252835.jpg



さて、その正面から後方のエレベーターに向かいました。一人も先客がいなくて、すぐに乗れました。
少しは、並んでいるかなと思っていましたが、雪のおかげで、待ち時間ゼロでした。
バルコニーよりは、だいぶ上です。
滝の上から下まで見えるのは、いいのですが、迫力では、下のバルコニーの方が、勝っていました。
また、晴れていたら周囲の景色も良かったのでしょうが、雪のためにぼやけていました。

ここにアップした写真は、モノクロではありません。カラーです。滝の周囲に、少し赤いところがあるのが、見えるとおもいます。
まるで、モノトーンに近い光景でした。

袋田の滝を見終わってから、帰路につきました。


今回の日帰り旅行は、ある意味では、面白くもありました。

出発に際して、ツアーガイドが、今日の帰着は、雪のために、相当遅くなるかもしれません、と言っていました。
しかし、実際は、道路は空いていて、観光地は、人が少なくて、渋滞はありませんでした。
本来は、紅葉を見る予定が、雪で、紅葉見物ではなく、雪見となってしましました。
しかし、良い方に考えると、雪と紅葉を同時に見られることは、まず滅多にないことでしょう。
千載一遇の事に出会えた、と解釈すれば、まあまあ、或いは、相当に幸運な事であった、としても良いでしょう。

私にとって、今年の旅行は、ほとんど、悪天候にぶつかり、最後のは、日帰りですが、これまた雪が降りました。
来年の旅行は、好天候に恵まれるとよいのですが。

朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚

トラックバックURL : https://showayakyk.exblog.jp/tb/23694680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ネズミもくすぐると笑う , 大雪の日に袋田の滝観光  その1 >>