ネズミもくすぐると笑う

ネズミもくすぐると笑う
    
ネズミもくすぐられると笑うそうです。

                                               2017.1
くすぐられて笑う?のは、人間だけであると、これまで思っていましたが、ネズミ(Rat)もくすぐられると笑うそうです。
しかも、人間とネズミの「くすぐり」に対する、脳の動きなどは、驚くほど似ているそうです。
アリストテレスから今に至るまで、「くすぐり」は、謎だそうです。

以下、ジャパンタイムズ Japan Times 2016.11.16の記事より

ベルリンの Bernstein Center for Computational Neuroscience のミハエル・ブレヒト(Michael Brecht)とシンペイ・イシヤマは、「くすぐり」は、多くの問題を提起する、と報告しています。 
この、「くすぐり」がどのように進化してきたか?
なぜ、体の特定部分だけ、くすぐったがるのか?
自分自身をくすぐっても、なぜ可笑しくないのか?
(確かに、不思議なことですね。)

ネズミは、くすぐられると超音波を発するそうですが、人間の耳には聞こえない領域です。
研究者が若いネズミ(Rat)をくすぐりに慣らすと、くすぐって欲しがるそうです。
(新聞の写真を見ると、人間が素手でネズミの脇の下あたりをくすぐっています。噛みつきもしないで、むしろ嬉しそうな顔をしています。)
脳に電極を埋めて、くすぐられた時の反応を調べた所、警戒的な反応は、見られなかったそうです。
(くすぐりを、いやなものとは思っていない、ということになります。)
(これは、子供、特に小さい子をくすぐった時の反応にも似ています。)
また、ネズミの気分の悪いときは、くすぐることは出来ないそうです。これも、人間に似ています。
くすぐったい部分、例えば足の裏は感じて、手の平は感じないのは、ネズミも同じだそうです。
この類似性は、くすぐりの進化は、ネズミや人間の祖先の社会的なつながりを形成するものとして、相当昔に
始まった事を示唆しています。

ブレヒト(Brecht)博士は、「くすぐり」は、ふざけながら遊んだり、相互に反応しあって、動物あるいは人間の脳を、(面白い、楽しいと)だます行為である、と推察しています。
以上


たしかに、くすぐるというのは、見ず知らずの他人には、成り立ちませんね。ある程度以上に親しくないと成立しません。
今まで、「くすぐり」に対しては、特に考えたことは、なかったのですが、意外と面白い現象なのですね。
そのうち、ヒナミちゃん(ウサギです)をくすぐって見ようかと思います。
怒るかな?

朝霞の漢方  昭和薬局
薬剤師  鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

トラックバックURL : https://showayakyk.exblog.jp/tb/23779882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< レイシ(サルノコシカケ)でガン... , 大雪の日に袋田の滝観光  その2 >>