あなたの精子には、問題ありませんか?

世界中で男性の精子がだめになってきている
                                    2017.4.3

最近、不妊の問題が、大きくなって来ています。
昭和薬局でも、不妊(女性不妊、男性不妊、二人目不妊)の相談が、年々増えてきています。

「あなたの精子には、問題ありませんか?」
こんな表題の記事(Opinion)が、Japan Times 2017.3.14にありました。
どこの国の記事かは、記されてはいませんが、多分アメリカでしょう。
しかし、内容は、先進国全般に共通です。
日本の若い男性の精子についても同じことでしょう。

以下、本文から。
最近の若い男性の約90パーセントの精子に問題があるそうです。奇形であったり、中には頭が二つあるのや尾が二つあるのも、時々あるそうです。
また、形は正常でも、運動に問題があり、酔っぱらった様に動いたり、狂ったように円運動をするのもあるそうです。
精子の数も、過去75年間、顕著に減少して、生殖に影響を及ぼしてきているとの事です。

ある疫学者は、「精子の数が減っているだけではなく、質が低下し、遊泳能力、生殖能力の低下がみられる。」と言っています。
また、精子の質と、寿命の短さとの関係にも注目しています。
ある薬学者は、「精子の質と、男性の生殖能力は低下している。子供を作ろうとしても、出来ない男性もいる。そして、男性の生活の質(クオリティ オブ ライフ)の低下、社会に与える経済的な負担は、計り知れない。」と、語っています。

人間や動物における研究では、プラスチック、化粧品、殺虫剤、その他の無数の生産物に由来するホルモン攪乱物質が、犯人であることが示唆されています。
有名な雑誌である「ニューヨーカー The New Yorker」は、「沈黙の春 Silent Spring」をもじって、「沈黙の精子 Silent Sperm」と、述べでいます。
(「沈黙の春 Silent Spring」は、 レイチェル・カーソン Rachel Carsonの著作で、1962年に刊行され、たちまちベストセラーとなった。農薬を始めとする化学物質のため、鳥などの生き物が死に絶え、鳴かなくなった、と言う意味の表題。農薬も、精子の減少、奇形などの原因の一つであろう。)

また、男性の精子の質の低下が、陰経ガンの増加に、明らかに関係しているとのことです。そして、ペニスの先天的な奇形も増えているそうです。

デンマークのある生殖学者は、
「我々は、分岐点にいる、と考えている。我々人類が、種としての存続が出来るか否かの問題である。」
と語った。

最近の研究では、中国の湖南省で、2001年の精子のドナー希望者のうち、56パーセントが合格(健康な精子)であったが、2015年では、わずかに18パーセントしか合格しなかったことが、見いだされた。
ここ15年で、中国での若い男性の精子の質が低下した、と結論された。
(この研究が正しいとすると、湖南省の状況は大変ひどいことです。と言うのは、精子の提供者になろうという男性の多くは、ある程度以上、健康に自信があるでしょう。そうでない人たちを含めた男性全体の健全な精子を持つ割合は、2015年では、10パーセント以下の可能性が高いでしょう。昨今の中国の農薬、重金属の汚染により、精子の問題は、湖南省だけではなく、中国全土で似たような状況と思われます。これでは、いくら中国の人口の絶対数が多いとは言え、社会的な危機でしょう。)

この男性の生殖能力の問題は、子宮の中からすでに始まっている様であるとのことです。
男性と女性の胎児は、始めは同じように生長するが、やがて、ホルモンの働きで男女で違って来る。
問題は、ホルモン攪乱化学物質が、この段階で、正常な男性機能を持つ男性になるのを、混乱させることである。すなわち、胎児の段階で、環境ホルモンによって、男性としての機能に、悪影響が及んでいる。

では、どのようにして身を守るのか、ということになる。
プラスチックに触れた食べ物・飲み物を極力さけること。
野菜果物は、有機栽培のものにし、残留農薬を避ける。
妊娠中は、タイレノールなどの薬を避ける。
などなど。
(しかし、これはなかなか難しいことです。我々は、プラスチックに入った水を飲み、プラスチックなどに包装された食べ物を食べています。飲食物でプラスチックに関係ない物を避けるのは、至難の技です。
なるべく、減らそう、としか言えません。)

(この文の筆者は、上記の文に続けて、有害な化学物質に対する強い規制を主張しています。
正論ですが、アメリカの政治的状況から見て、大変難しいことでしょう。)

結語として、
「我々人類の未来は、精子の健康状態と同じである。(危ない)」としています。

(我々の精子は、特に先進国の若い男性の精子は、数の減少、運動能力の低下、奇形の増加で、危機的な状況にあります。このままでは、人類が減少、また生まれてくる子供の健全さが失われ、やがて滅びるでしょう。
精子が、以前のように、数が増え、運動能力が回復し、奇形が減れば、それは、とりもなおさず、人類が健全になることを意味します。
精子がダメになれば、人類がダメになる。
精子が良くなれば、人類も本来の良さを取り戻せ、未来は明るい。
こう言った感じでしょう。)

さて、以前から、日本を含む先進国の若い男性の精子が減少し、質も低下していることが、言われています。

では、対策が、あるかどうかですが、
漢方薬の中には、対策を立てられるものがあります。
興味ある方は、ご相談ください。
(電話相談、メール相談不可)

時間的な事もあり、相談をご希望の方は、ご予約ください。


◎ご相談をよくいただく病気その他
●美容・お肌のトラブル :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、
               ダイエット、じんましん、皮膚のトラブル
●胃腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎、胃炎、神経性胃炎、胃もたれ
●痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
●不妊関連:女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、
●女性病関連:冷え性、生理痛、生理不順、
●その他・心の病気全般:体の疲れ、精神的な疲れ、自律神経失調症、うつ、不安感、不眠症、夜尿症


朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

トラックバックURL : https://showayakyk.exblog.jp/tb/24049705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 魚鱗癬の悪化する時期 , 地獄谷の温泉に入る猿  その4  >>