胎児は、順調

胎児は、順調
2017.7.31
当店の漢方薬を飲んで、比較的早く妊娠された30代のお客様からの、
嬉しい報告がありました。

先日、今 通っているクリニックで、
妊娠中期になって、羊水検査をうけられました。
その際、問題が有る可能性があるかも、との結果だったそうです。
また、子供が小さいのではないか、とも指摘されたそうです。
それで、大学病院を紹介されたそうです。

ご本人は、勿論、その話を伺った私どもも、大変心配していました。

本日、受診されて、全く異常がないことがわかりました。
本当に良かったです。

その際、お腹の赤ちゃんが少し小さいと言われたことについても、問題が無いことが分かりました。
大学病院の先生が、基礎体温をごらんになり、
妊娠週数と出産予定日を1週間遅らせたそうです。(ちょっと、わかりにくいですね。)
卵胞期の体温が標準より1週間位長いので、妊娠週数と予定日を1週間後にずらすのが妥当だそうです。

そういうわけで、赤ちゃんが特に小さことではなく、少し小さい程度だそうです。
(赤ちゃんが、小さいかも知れない、とも言われていたので、それも心配していました。)

これは、基礎体温を毎日はかって、表に記載して置いたからこそです。

基礎体温表は、重要を再認識!!!

ご本人は、「ずーっと基礎体温を測っていて良かった!」と、来店時におっしゃってました。
一部では、基礎体温表を軽視する風潮がありますが、基礎体温表は重要です。
基礎体温表からは、様々な情報が読み取れます。

こんな事もあるんですね。私は、普段から、妊娠してからも5ヶ月くらいまで(安定期まで)は、基礎体温を測るようアドバイスしてます。
基礎体温をつけると、自己管理ができるからです。
やはり今回の件で、基礎体温の凄さを再認識させていただきました。


朝霞、志木、新座、和光で42年
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
  朝霞の漢方   昭和薬局  
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332


トラックバックURL : https://showayakyk.exblog.jp/tb/25157580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< うれしい、赤ちゃんの訪問者 , 不妊相談の方針 >>