城崎温泉と丹後半島 その3

城崎温泉と丹後半島 その3

この伊根町の観光の後は、丹後半島を一周する物でした。
丹後半島というと、我々首都圏の在住者からみると、大変遠く、存在すら頭にありません。
今まで知りませんでしたが、丹後半島に、行ってみると、多くの見所・観光資源があることがわかりました。

伊根の後、浦島神社、丹後松島、鳴き砂の琴平浜、などを廻りました。
浦島伝説とあるからには、浦島神社は海に面していそうです。
しかし、実際は、海の見えない内陸部にありました。
なにか、不思議ですね。


その日の夕方4時過ぎに、城之崎温泉に着きました。
そして、夜は、城之崎温泉に宿泊しました。
この旅行のコース名にある通り、城之崎温泉がメインであるとのガイドの話です。

私自身は、単に宿泊する場所とばかり思っていましたが、ここがこの旅行の目玉だったようです。
夕食前に、温泉にでも行って下さい、とのガイドの話でした。
一息いれてから。街を散策しました。

なるほど、ある意味では、良くできている温泉地でした。
一時は、寂れていたが、努力して、再生したというのを、何かで見ました。

d0096268_16380845.jpg
客観的に書けば、こうなるでしょう。
城之崎温泉の旅館・ホテルは、古くて低層階のが多いが、それを逆手にとって、外湯巡りを充実させた。
具体的には、スーパー銭湯的なのを、街中に散らばらせ、それによってお客さんを、街に回遊させられるようになった。
すると、街には、土産物屋と言うよりは、セレクトショップみたいのがあちこちに出来、飲食店なども出来た。
それが、更に吸引力となって、お客さんが増えるという好循環を生み出した。
街全体が、「日本の温泉街」というテーマパークのようなものになった。

所で、外湯巡りは、当然外を歩きます。この城之崎温泉は、冬は雪などで寒そうです。
冬場にはお客さんが減るのではないかと思いました。
ガイドさんに聞いてみると、冬の方がお客さんが多いのだそうです。

私としては、成功したビジネスモデルを、観光ついでに見られて良かった、と思いました。

d0096268_16414149.jpg

さて、旅館から散策にでると、すぐに鮮魚店兼食堂という面白い店がありました。
1階が魚屋で、2階が食堂です。
当然、魚料理がメインですが、1階の魚屋部分に、気に入った魚があれば、2階で料理します、とありました。
つまり、この魚おいしそうだな、と思ったら、上で料理してくれるという仕組みです。
食べてみたいとは、思いましたが、もうすぐ旅館で夕食ですから、試して見ることが出来なくて残念でした。
こういう仕掛けも、温泉街として集客力になるのでしょうね。
店内を見ていてると、面白いのが沢山ありました。何キログラムもありそうな大きなイカ(買いたいけれど、食べきれませんね)とか、変わった魚、それから、天然のスッポンまでありました。
近くの何とか川で取れたものだそうです。
これは、珍しい、ここらではまだ、天然のスッポンが穫れるのだと、ある意味では感動しました。
妻に、あれが欲しい(料理をしてくれるのは妻ですので)と、お伺いを立てました。
1980円のと2400円位のとがありましたが、遠慮して小さいのにしました。
その他と一緒に、クール宅急便で送ってもらいました。
スッポンの東京(アメ横で養殖物)での価格の3分の1から4分の1くらいでした。

さて、後日、妻が料理してくれましたが、養殖物と比べて、身に弾力があります。
また、丸いものが相当数出てきましたが、お腹にあった卵の様でした。弾力があって、変わった食感、おいしさでした。


散策から戻って、夕食となりましたが、昨日の夕食と打って変わって、良い内容でした。
旅館が古く設備もいまいちでしたが、まずいものを食べさせられるよりも、うまい物を食べさせてくれる方が良いですね。
昨日の、立派なホテルより古い旅館の方がましです。

食後は、また散策と、外湯に行きました。
外湯は、一カ所しか入りませんでしたが、城崎温泉の人気が復活したのも、わかりました。
外湯で、全部で7ヶ所ありますが、全体で、一つのスーパー銭湯みたいになっています。
しかも、天然の温泉で、それぞれ違う風情ですので、温泉好きの人たちを呼び寄せるのは、当然のことでしょう。

ご相談をよくいただく病気その他

美容・お肌のトラブル:アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエット、じんましん、皮膚のトラブル
胃腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎、胃炎、神経性胃炎、胃もたれ
痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
不妊関連:女性不妊、男性不妊、2人目不妊、子宝の食養生、更年期障害、
女性病関連:冷え性、生理痛、生理不順、
その他・心の病気全般:体の疲れ、精神的な疲れ、自律神経失調症、うつ、不安感、
                不眠症、夜尿症(最近ご相談が増えています)

さいたま 朝霞の漢方
朝霞、志木、新座、和光で42年  昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL
 048-473-7830  FAX 048-473-7332




トラックバックURL : https://showayakyk.exblog.jp/tb/26097823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 城崎温泉と丹後半島 その4 , 城崎温泉と丹後半島 その2 >>