人気ブログランキング |

大便と精神の関係  ウサギですが!

大便と精神の関係  ウサギですが!
                                2018.12.29
ウサギの糞と精神

腸内環境、便の状態、内臓の状態は、最近では、精神に影響を及ぼすことが、解ってきました。
従来の解釈では、精神の働きは、脳にあることになっています。

しかしながら、昔から、精神と内臓が関係あることは、経験的に言われていました。
たとえば、こんな言葉があります。
「腹黒い」
「腹を据える」
「腹芸」
「肝っ玉が小さい」
「腹に据えかねる」
「心臓に毛が生えている」
「心臓が強い」
「腹の虫がおさまらない」
などなど。
このように、精神と内臓との関係を示唆する言葉が、たくさんあります。
これは、精神と内臓の関係を経験的に知っていたからでしょう。

最近精神と内臓の関係が見直されてきています。


精神的な病気と、便の状態とは、関係がかなりあります。過敏性大腸症候群(多くは、頻繁な下痢が続きます)が増えて来ていますが、精神的なものと関係がありそうです。
下痢が続けば、いやな気持ちになりますので、人によっては、いやな気持ちが内臓、特に腸に及ぼして、下痢になる事もあります。
下痢が先か、精神状態が先かは、ニワトリが先か、タマゴが先かとの関係に似ています。
いずれにしろ、慢性の下痢と、精神は密接に絡み合っています。


さて、話を本題に戻します。

娘は、「ヒナミちゃん」というウサギを飼っています。
ヒナミちゃんは、メンタルが、大変弱く、それがわかりやすいそうです。
ヒナミちゃんは、食生活が良いので、便秘も下痢もしません。
また、病気にもかかったことがありません。
(前に飼っていたウサギは、相当の医療費がかかっていました。)

しかし、時々心の病にかかります。

こんな感じです。
娘たちが、忙しくてあまりかまってあげないと、糞が小さく量も少なくなります。
また、娘の旦那さんも、よくヒナミちゃんを可愛がってかまっているそうです。
しかし、時々、何日間かの出張に行きます。
すると、最初の一日は、旦那さんがいないのに気がついていないようです。
とくに、変わった態度はとりません。
二日目になると、ようやくいないのに気がつくようです。娘に、妙になついてくるそうです。


と、こんな感じで、
ウサギにとっても、便と精神の関係は、明らかです。

人間にとっても、精神と便の関係は、実は大いにあります。

精神のトラブル(人間の)でも、単に向精神薬だけではなく、内臓や腸内環境にも、意を払っても、良いと思いますが?



朝霞、志木、新座、和光で漢方相談 43年  
 
昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106 
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332 

朝霞の漢方  昭和薬局のお客様は
◎以下のような地域から、多くご来局頂いています。お気軽にご相談においで下さい。埼玉県朝霞市内全域。志木市内全域、新座市、和光市、富士見市、三芳町、川越市、川口市、所沢市さいたま市(旧  大宮、浦和、岩槻、与野)、東京都練馬区、板橋区、北区、豊島区、清瀬市


相談の多い項目

腸内環境:便秘、下痢、慢性下痢、アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、過敏性大腸炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ

痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
不妊、子宝:女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、冷え性、生理痛、生理不順












トラックバックURL : https://showayakyk.exblog.jp/tb/27310977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 子供のアレルギーに対するお母さ... , 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほう... >>