脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

2019.1

先日、
脊柱管狭窄症による痛みが軽くなった、
との喜びの言葉を頂きました。

脊柱管狭窄症は、意外と多い病気です。
軽い内は、腰あたりが痛むだけですが、ひどくなると、歩くのがつらくなります。
少し歩くと、痛くて動けなくなり、少し休んでから、やっと動ける・歩けるといった状態になります。
はては、杖に支えられてやっと歩けるという風になります。

数ヶ月程前に、働き盛りの年代の男性が、相談に見えました。
杖を突いて来ました。
相当、つらい様子でした。
こういう場合に、鎮痛剤を飲んだり、湿布薬を貼ったりしても、あまり効きません。
良くて、すこし軽くなるていどです。
しかも、薬の効いている間だけです。対症療法ですね。

昭和薬局では、こういう場合、漢方薬、傷ついた組織の修復の助けになるもの、塗り薬では、温めるものを、勧めています。
漢方薬は、いくつかありますが、人によって多少異なったものを勧めます。
いずれにせよ、痛みを和らげ、血流を良くするものを使います。
塗り薬は、千円台と安いのですが、塗り方にコツがあり、それをお教えしています。
この方には、3種類の物を組み合わせておすすめしました。

それから、数日前に、再来店しました。
すると、杖無しで、しっかりと歩いて来ました。
この3種類は、大変効果があったとのことで、大いに喜ばれました。
この組み合わせは、脊椎管狭窄症以外の、腰痛や膝の痛みにも、用います。

脊柱管狭窄症は、そう簡単には治らない、とされていますが、手術もせずに、回復しつつある、一例です。

腰痛、膝の痛み、肩の痛みでお悩みの方は、ご相談ください。

朝霞市、志木市、新座市、和光市で43年
さいたま 朝霞の漢方 昭和薬局
薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

トラックバックURL : https://showayakyk.exblog.jp/tb/27418265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 産後にも髪の毛が抜けない , インフルエンザと腸内環境 >>