人気ブログランキング | 話題のタグを見る

心の病に、栄養補助のものが奏功した例

心の病に、栄養補助のものが奏功した例
                                   2019.9

心療内科にかかっていらっしゃる方が、ミネラルと必須アミノ酸、グリコーゲン、ビタミンを豊富に含んだもので、心と体の元気を回復した例を紹介します。


20代の方ですが、少し前に転職しました。
もともと体調が万全ではなかったことと合わさって、自律神経失調症になりました。
心療内科に行ったところ、大量の向精神薬を投与されました。
しかし、全く改善しなかったそうです。
お母さんが、心配して、当店に相談に見えました。

話を伺って、なにか栄養素の不足が、精神にも影響しているなと感じましたので、
ミネラルと必須アミノ酸、グリコーゲン、ビタミンを豊富に含んだものをお勧めしました。(10日分)
後日、お母さんから、元気になって食欲が出てきたとの、報告をいただきました。この方には、以前から、養血調経の漢方薬(同じ商品)などを飲んでいただいてましたが、それだけでは足りなかった様です。
栄養素を足すことによって、心の病が改善した例です。



心の病と、栄養とは、密接な関係があります。
ある研究者によれば、うつ病と鉄不足(つまりは、栄養素であるミネラルの不足です。実際は、鉄以外も不足もあるでしょう。)は、関係があるとの結果を出しています。
貧血の基準は、ぎりぎりで満たしてはいるが、実質的には鉄不足の場合がある。
そのような状況のうつ病患者に、鉄剤を投与すると、症状が改善することが多いのだそうです。

もう少し、俗な考え方で見てみましょう。
ここに、小さな子がいるとしましょう。
お腹がすいたら、機嫌が悪くなるでしょう。
場合によっては、攻撃的にもなるでしょう。
そして、その子のお腹を満たしてやれば、機嫌がよくなり、穏やかになるでしょう。
つまり、食べ物と、精神状態は、大いに関係があります。
子供の場合は、比較的単純ですが、大人の場合は、もっと複雑でしょう。
栄養素の過不足によっては、様々な不調をもたらすでしょう。

そういうことで、栄養素を補給することによって、体調、精神の状態に良い影響をもたらしたのでしょう。

栄養素に気を付けることは、大切ですね。
当選では、様々な状況にふさわしいものを用意しています。

ご相談ください。


朝霞で漢方 44年  昭和薬局
薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332



<< 寄居町に最高の鮎料理の店 , 腸内環境と喘息 >>