ウサギ キトク スグカエレ

「ウサギ キトク スグカエレ」

体重が、200gも多すぎのヒナちゃん

12月のある日曜日、用事があって店にいました。
娘から、「ウサギキトク、スグカエレ」といった内容の電話がありました。
娘「ヒナちゃんが、元気がないんだけど。」
実際は、こんな言葉だったのですが、口調からは、
ひなちゃん(ウサギです)の具合いが悪いので、すぐ家に戻ってきて欲しい、といったことが、感じられました。
それで、急いで薬をもって、家に帰りました。
帰って見ると、本当にヒナちゃんは、元気がなく、食欲もありませんでした。
いつもは、元気に走ったり、いたずらをしていたりするのですが。
便秘も下痢もしていないので、とりあえず、抗生物質を飲ませてみました。整腸剤ものませてみました。水に溶いて、スポイトで。
しかし、すこし良さそうかな、というだけで 良くはなりません。
少し前から、毛がたくさん抜けているので、お腹に毛玉がたまったせいかもしれない、とも考えました。
ウサギは、身体をなめてきれいにするのですが、抜け毛もかなりなめて、胃に入ってしまいます。猫もソウですが、猫は吐き出すことが出来ます。ウサギは、吐き出せないので、毛玉が大きくなると危険なのです。
もしそうだったら、獣医さんに連れて行く以外に、方法はありません。
そこで、次の日、娘がヒナちゃんを獣医さんに連れて行きました。
ウサギ専門の獣医さんです。
診断の結果は、胃腸炎で、ほかのどこも悪くはないとのことでした。
ただし、太り過ぎとのことです。
ヒナちゃんの体重は、1.8kgで、1.6kgの体重が望ましいのだそうです。
☆☆☆  体重が、0.2kg 200gも多すぎ!!  ☆☆☆
その後、元気を回復しました。
後で、ヒナちゃんが、「ふりふり野菜(ラビットフードのトッピング用)」
の袋を破って、大量に食べていたことが発覚しました。原因は、どうやらそれらしいと娘は言っています。
ということで、ヒナちゃんは、ダイエットをさせられています。
可哀想なヒナちゃん!--------
まあ、ダイエットといっても、今までのラビットフードを、低カロリーのラビットフードと、交互にあげるだけですけれど。
ただし、量も控えめなので、いつも腹ぺこで、なんかちょうだいと、騒いでいます。
ダイエットは、人間もウサギもつらいものですね。

トラックバックURL : https://showayakyk.exblog.jp/tb/7511406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ヘッコ(ン)は、古里の遊び場 , 昭和薬局の商品選択とオススメ基... >>