人気ブログランキング |

子猫のトラちゃんのこと  その2

トラちゃんのこと  その2

子猫が歩くようになったら、モモチャンは大変だろうと、皆で思っていました。店の裏は駐車場で、車も人も出入りしています。
歩きだしたら、車にひかれたり、迷子になったりしないかと、余計な心配もしていました。

(念のために書きますが、うちではモモチャンを含め、野良猫にはエサをあげてはいません。
猫好きの人達が、夜エサをあげていたようです。
うちは、あくまで、傍観者でした。)

そのうちに、子猫たちが少しずつ歩きだしました。
野良猫の子だから、警戒して人間に近寄らないかなと思っていました。
ところが、呼んで見ると、3匹とも、近寄って来ました。
始めのうちは、母ネコのモモちゃんがいないスキに、子猫たちを、なでたり、さわったりしていました。
なでたり、触ったりしてもいやがりませんし、むしろ喜んで入るようすです。
そのうち、モモちゃんが見ている所で、子猫にさわっても、
母猫のモモチャンは、ぜんぜん怒りませんでした。
そうなると、かわいいものです。

子猫たちは、よく寝ていました。
しかし、起きている時にドアを開けると、ドアの音に反応して、近づいてきました。


しばらくたってから、そろそろ何か食べられるのではないかと、エサをあげてみた所、食べました。
また、ドアを開けると、近づいてくるだけではなく、ドアの内側にも入って来ました。というより、非常に入りたがっている感じでした。

こうなると、まるでうちの子といったかんじでした。
しかし、モモチャンは、知らん顔していました。
モモチャンはあいかわらず、人間とは一定以上の距離をおいていました。
しかし、モモチャンは随分優しい顔付きになってきました。

朝、私が後ろのドアを開けて店に入ろうとすると、子猫たちは、目が覚めていれば、一緒に中に入ろうとしました。
子猫と少し遊んでから、店に入り、子猫がドアに挟まれないようにして、ドアを閉めました。

ある日、妻が帰ると言ってから、後ろのドアをあけて、なぜかしばらくそのまま帰らないでいました。
どうしたのかと聞くと、子猫が寄ってくるので、帰れなくなった、というのです。

また、帰ろうとすると子猫がついてきて、心配だとか言う日もありました。
また、子猫のうちのトラネコは、目ヤニで目が細くなったり、ふさがったりしていることもありました。そういう時は、捉まえて、目薬を差しました。しかし、それでいやがって、近寄らなくなることは、ありませんでした。
トラちゃんが、3匹のうちで、1番身体が弱いようでした。

そのうち、うちの娘も、子猫のことを聞いて、時々来るようになりました。
娘は、子猫たちと遊んだり、エサを上げたりしていました。ある時、モモちゃん相手に、手にえさをのせて辛抱強く待っていました。そうしたら、モモちゃんが、娘の手から、エサを食べました。
実は、モモちゃんは、警戒心が強くて、今までエサをくれている人たちからも、距離をおいていて、人の手からエサを食べたことは無かったそうです。
娘は、こういうときだけは、辛抱強いようです。

トラックバックURL : https://showayakyk.exblog.jp/tb/8672519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< アトピー性皮膚炎のスキンケア , 内田慶選手の思い出 その1 >>