カテゴリ:腰やヒザ、肩・首などの痛み( 2 )

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

2019.1

先日、
脊柱管狭窄症による痛みが軽くなった、
との喜びの言葉を頂きました。

脊柱管狭窄症は、意外と多い病気です。
軽い内は、腰あたりが痛むだけですが、ひどくなると、歩くのがつらくなります。
少し歩くと、痛くて動けなくなり、少し休んでから、やっと動ける・歩けるといった状態になります。
はては、杖に支えられてやっと歩けるという風になります。

数ヶ月程前に、働き盛りの年代の男性が、相談に見えました。
杖を突いて来ました。
相当、つらい様子でした。
こういう場合に、鎮痛剤を飲んだり、湿布薬を貼ったりしても、あまり効きません。
良くて、すこし軽くなるていどです。
しかも、薬の効いている間だけです。対症療法ですね。

昭和薬局では、こういう場合、漢方薬、傷ついた組織の修復の助けになるもの、塗り薬では、温めるものを、勧めています。
漢方薬は、いくつかありますが、人によって多少異なったものを勧めます。
いずれにせよ、痛みを和らげ、血流を良くするものを使います。
塗り薬は、千円台と安いのですが、塗り方にコツがあり、それをお教えしています。
この方には、3種類の物を組み合わせておすすめしました。

それから、数日前に、再来店しました。
すると、杖無しで、しっかりと歩いて来ました。
この3種類は、大変効果があったとのことで、大いに喜ばれました。
この組み合わせは、脊椎管狭窄症以外の、腰痛や膝の痛みにも、用います。

脊柱管狭窄症は、そう簡単には治らない、とされていますが、手術もせずに、回復しつつある、一例です。

腰痛、膝の痛み、肩の痛みでお悩みの方は、ご相談ください。

朝霞市、志木市、新座市、和光市で43年
さいたま 朝霞の漢方 昭和薬局
薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

頚椎症(けいついしょう)で骨が変形

頚椎症(けいついしょう)で骨が変形

   頚椎症(けいついしょう)の激しい痛みが、温灸(おんきゅう)と漢方薬などで軽くなる

今月の(2012.4)初めに、首の後ろが痛い、何とかならないか、と見えた方(女性)がいました。

首から肩、腕にかけて痛みがあります。
痛みが激しく、仕事も出来ない状態でしたので、会社の近くの病院に行って診察を受けました。
“頚椎の骨が変形して、二本の棘が、直接神経に突き刺さっているような状態”で、頚椎症であると、診断されました。
4種類の薬を処方されました。また、牽引もされました。
薬は、メチコバール(ビタミンB12)、ロキソニン(鎮痛剤)、ムコスタ(胃腸薬)、ボルタレンサポ(痛み止めの座薬)、シップでした。
全く、痛みには効きませんでした。

そういう状況で、当店に相談の電話がありました。
また、痛みが激しく、「陣痛よりも痛い」という表現でした。

頚椎症(けいついしょう)は、以前からよく相談されていて、今のところ、ある程度の期間があれば、大体軽くすることが出来ていました。漢方薬と、関節の栄養食品などを組み合わせてです。(人によって、症状によってかわります。)
しかし、今回は、とりあえず、今の激しい痛みを抑えるのが大事だと考えました。
そこで、温灸をすれば、漢方薬を飲むだけより、早く痛みが楽になるだろう、と判断しました。
できることなら、すぐ来るようにと勧めました。

よほど痛いと見えて、すぐに来店しました。
首の後ろの少し下に大椎(だいつい)というツボがあります。そこに温灸して温めました。
また、お腹も温めました。それと少ししてから、漢方薬なども飲んでもらいました。
温灸は、大体30分くらいで終わります(炭化したモグサが、燃え尽きるということですね)。
終わったころには、痛みが大分軽くなり、不思議がったり、喜ばれたりしました。

お勧めしたのは、
『ロイルック(カタカナですが、漢方薬です。血流を良くして、関節痛、リウマチなどの痛みを和らげます。)』、
『歓節粒(軟骨の材料が、入っています。)』、
『コラーゲンⅡ型(関節軟骨の主成分はコラーゲンⅡ型です。)』
の3点でした。
しかし、本人は、『温灸器(おんきゅうき)』も欲しいとのことで、買っていかれました。

毎日、せっせと温灸をして、漢方薬(ロイルック)なども飲みました。
始めの二日間は、痛みが続いていて、ロキソニンも効きませんでした。
ところが、三日後から、急に、痛みが軽くなるというよりは、ほとんど痛みが、なくなりました。
それと同時に、ロキソニンは中止しましたが、痛くはなりませんでした。
その後も、温灸を毎日続けて、漢方薬も減らしましたが、痛みは、ほとんどなくなりました。

その方の話によりますと、彼女と同年代(50代)の会社の同僚社員が、ほぼ同じ時期に、頚椎症になったそうです。
その同僚は、痛みが続き、首がサポーターで、がっちり固定されていた状態で出勤して来たとのことです。
それを見て、『漢方薬を飲んでいて、本当に良かった。』と思ったとのことです。
d0096268_18364725.jpg













鈴木 コメント:
これほど痛む頚椎症に、ほんの数日で、痛みがほとんどなくなるとは、嬉しい意外でした。
単に飲むだけでは、これほど早く功を奏さなかったでしょう。
漢方薬などを飲むのだけでも、時間をかければ、痛みが軽減することは多いのですが、それでは、痛みがつらいでしょう。
温灸で温めたことが良かったのでしょう。
今までも、膝の痛み、首や肩の痛みにも、温灸を使っていましたが、改めて、温灸、つまりは温めることの大切さを再認識しました。

頚椎症とは、頚椎の骨の一部が変形して、尖り、棘状になります。これを骨棘(こっきょく)といいます。また、椎間板が突出して神経を圧迫したり、靭帯が石灰化したりして、神経が圧迫されて、痛みが生じます。
症状としては、肩や首のこりがあり、痛みや痺れを感じます。

この方の場合も、骨の変形が進んで、痛みが激しかったのですが、温灸と漢方薬などで改善しました。


埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106   TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332
朝霞、志木、新座、和光で漢方薬局 37年   
昭和薬局    薬剤師 鈴木 覚埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106 
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332 

朝霞の漢方  昭和薬局のお客様は
◎以下のような地域から、多くご来局頂いています。お気軽にご相談においで下さい。埼玉県朝霞市内全域。志木市内全域、新座市、和光市、富士見市、三芳町、川越市、川口市、所沢市さいたま市(旧  大宮、浦和、岩槻、与野)、東京都練馬区、板橋区、北区、豊島区、清瀬市

◎ご相談をよくいただく病気その他美容 :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエット腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、冷え性、生理痛、生理不順、登校拒否、不安感

、◎「日本体質改善研究会」会員、「子宝カウンセラーの会」会員、

,