人気ブログランキング |

<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

女性の冷え、肩こり、頭痛、生理不順

女性の冷え、肩こり、頭痛、生理不順

女性の相談客で、一番簡単なのは、肩こりとそれに伴う頭痛です。
相談に来店されるか方の大部分は、冷え性です。
本人が自覚しているかどうかは、別として。

12月の末に、「冷えて冷えてしょうがない」と、冷えの相談に見えた方がいました。
20代の女性です。
色が白く、見るからに冷え性です。
話を、ある程度うかがってから、
「肩こり、頭痛はありませんか。」と聞きました。
「肩こりが、ひどい。」との答えでした。
また、しばらく話をしてから、
「生理系にトラブルはないですか?」と聞きました。
生理不順との答えでした。生理痛はないようです。
生理不順というより、生理があまり来ないということのようです。
漢方的には閉経といいます。
本来あるべき、月経が来ないことを閉経といいます。
現代的な意味での閉経とは違います。
言葉があるということは、対策があるということです。

話をしているうちに、お腹に、湯たんぽを当ててもらいました。
それから、少しして、血流を良くする漢方薬(顆粒)と、
女性向けの漢方薬(錠剤)を飲んでもらいました。
飲んで、少ししてから、肩のほうはいかがですかと、聞きました。
当方の期待通りの、答えが返ってきました。
「肩こりが、楽になった」と。
肩こりは、以外と簡単で、血流を良くする漢方薬を使えば、大抵良くなります。
また、この組み合わせで服用すると、早いと10分位、遅くても30分位で、
肩こり、頭痛は軽くなります。
また、血流がよくなるので、気持ちも軽くなります。
この場合、温灸も使えば、更に温まって、効果的なのですが、
漢方薬の効き目がわからなくなるので、敢えて温灸しませんでした。


実は、肩こりと聞くと、嬉しくなります。
こんな簡単なのは、ありませんから。
こういうことを、書くと、肩こりで長年悩んで、様々なことをしたり、
薬、健康食品を飲んだりしても、一向に肩こりが治らないのに、と思う方もいるでしょう。
しかし、漢方薬の選択を間違えなければ、本当にはやく効果が出ます。
しかも、すぐ結果が出ます。




漢方薬は、長く飲んでいないと効かないと思い込んでいる方が多いようです。
しかし、これは間違いで、何ヶ月ものんでやっと効いてくる、ということは、めったにありません。そういう場合も、無いことはありませんが。
特に、婦人科系のは、早く結果がでます。
漢方薬は長くのまなければ、結果が出ないというのは、そう思い込まされているだけです。
まあ、洗脳されているみたいなことです。
漢方薬が、今は、マイナーな存在で、慢性病に漢方薬が使われることが多いので、
そういうイメージが出来上がったのかもしれません。
しかし、1、2週間服用して、うんともすんとも言わない場合は、
多分、薬の選択が間違っています。
当店の、目標は、肩こり、頭痛でしたら、飲んですぐに
効かせることです。
効かなければ、それは選択の間違いとして、すぐに薬を切り替えます。
ただし、肩こりは、ほとんど、話をしているうちに軽減します。
生理痛は、大抵の場合、次の生理時から軽減します。
そうでない場合は、薬を切り替えます。

私は、お客さんには、常々こう言っています。
「私は、気が短いから、
すぐ効く漢方薬を、勧めるようにしています。」と。


さて、上記の女性ですが、
1月になって、再来店しました。
飲み始めてから、少ししたら、生理が来たそうです。
また、肩こりも、なくなったとのことです。
聞いてみると、朝起きるのも楽になったそうです。

湯たんぽで、お腹を温めたのは、ヘソ、その下、ソケイ部に婦人科のツボがあるからです。
そこらへんを温めると、単に温まるだけではなく、何となく体調が良くなるわけです。



朝霞の漢方  昭和薬局のお客様は
◎以下のような地域から、多くご来局頂いています。お気軽にご相談においで下さい。

埼玉県
朝霞市内全域(本町、朝志ヶ丘、宮戸、三原、溝沼、浜崎、西原、北原、上内間木、下内間木、岡、根岸、仲町、栄町、泉水、西弁財、東弁財、他)、
志木市内全域(本町、館、幸町、柏町、上宗岡、中宗岡、下宗岡)、新座市、和光市、富士見市、三芳町、川越市、川口市、所沢市
さいたま市(旧  大宮、浦和、岩槻、与野)、
東京都
練馬区、板橋区、北区、豊島区、清瀬市

◎ご相談をよくいただく病気その他
美容 :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエット
腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎
痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、冷え性、生理痛、生理不順、


埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
昭和薬局 薬剤師  鈴木覚
Tel 048-473-7830   Fax 048-473-7332

ニキビの薬と、肌の改善について

ニキビの薬と、d0096268_18464617.jpg肌の改善について

今回は、アトピーではなくニキビについて。
先日、こんなことがありました。

年配の方(多分、お孫さんのために)
「**(有名なニキビの軟膏)下さい。」

「申し訳ありませんが、当店では、取り扱っていません。
あそこの(当店のすぐそば)ドラッグストアで売っていますよ。」

実は、当店、昭和薬局では、一般的な医薬品は、もうほとんど扱っていません。

「教えて欲しいのだけれど。
**をつけると、そこは一時良くなるが、かさかさして荒れてしまう。
なぜか?」

私の答え。
「**に限らず、ニキビの薬は、肌の油を取ってしまいます。ニキビの部分にはいいのですが、周囲の油、つまり皮膚の潤いがなくなり、荒れてカサカサになってしまうわけです。
また、大部分のニキビ用の石鹸、洗顔フォームは、タダタダ油分(潤い)を洗い落とすので、あまり良いことはありません。
コマーシャルしているのは、ほとんどこの油をとるタイプです。
ですから、使うと、良くなったような、悪くなったような感じで、
なかなか良くならないことが多いのです。」

「何か、いいものがありますか?」
「何歳くらいの方ですか?」
「18歳」
「その位のお子さんですと(大人のニキビと10代のニキビに対しては、違うのを使います。)、治すということではなくて、年齢が来るまでは、ある程度良くすれば、いいとして下さい。
薬ではなく、石鹸とローションで良くすればいいのではないのですか?
洗うものでも、ニキビの油を取りつつ、潤いを残すタイプのがあります。
それと、ニキビを抑えつつ、潤いも与えるローションで良くするのを使えばいいのではないですか。」

ということで、石鹸とローションをお勧めしました。
この、二つは、単純ですが、結構 肌がきれいになります。

埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
昭和薬局 薬剤師  鈴木覚   
Tel 048-473-7830   Fax 048-473-7332

,