<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ウエスタンレッドシダー

ウエスタンレッドシダー

昭和薬局では、アトピー肌のお手入れにあたって、始めに「ウエスタンレッドシダー」を使って消毒に用いてます。
「ウエスタンレッドシダー」とは、北アメリカのウエスタンレッドシダーの樹液そのものです。防腐剤、添加物などは一切使用していない、天然の安全で安心できる化粧水です。
ヒノキの仲間なので、ヒノキの香りがします。何か、ほっとするにおいです。
私自身は、ちょっと痒いときなどに利用します。すると、すぐに痒みが消えます。薬を使うよりいいし、手軽なので使っています。

この、ウエスタンレッドシダーは、長いことアメリカインディアンによって、薬として利用されてきました。今では、もう忘れられているようですが、ウエスタンレッドシダーの樹液には、殺菌効果があることが、現代科学でも、証明されています。

以下に、ウエスタンレッドシダーの薬用について紹介します。
ウエスタン・レッド・シダー  Thuja plicata ヒノキ科ネズコ属 
和名  ベイスギ (米杉), アメリカネズコ, レッドシダー、ウエスタンレッドシダー
英名   Western Red Cedar, Canoe Cedar, Giant Arborvitae, Giant Redcedar, Shinglewood
学名  Thuja plicata  Donn
ウエスタン・レッド・シダー(Western Red Cedar)は、薬として、広範囲の病気の治療に、多くの北アメリカのインディアンの部族によって使用されていました。
しかし、現代のハーブ療法では、ほとんど忘れられています。

内服としては、
葉の煎じ液は、胃痛と下痢の治療で使われました。
粉末にした葉の煎じ液は、外用としてリューマチを含めて、種々の体内の痛みを治療するために使われました。
葉の煎じ液は、風邪の治療で使われました。
葉の芽は、噛むことによって歯痛と肺の痛みの治療として用いられました。
芽の 煎じ液は、うがい薬として使用されました。
小さい枝の煎じ液は、せき、風邪と結核の治療薬として使われました。
薄い煎じ液は、リューマチあるいは関節炎によって起こされたつらい関節の痛みの治療で飲まれました。

茎先端と根の煎じ液は、風邪の治療で使われました。
樹皮と小枝の煎じ液は、腎臓の病気の治療に用いられていました。
種と小枝の煎じ液は、熱の治療で使われました。
樹皮を噛んだもの、あるいは樹皮の煎じ液は、月経を誘発するために飲まれました。

外用としては、
大枝をつぶして湿布状にしたものとオイルは、気管支炎、リューマチ、胃痛と首の腫れたものの治療のために、背中と胸に塗られました。
小枝の煎じ液は、性病の傷の洗浄料として使用されました。
大枝の煎じ液は、フケ用のシャンプーとして使用されました。

内側の樹皮を モグサ(moxa)状にしたものが、刺激をやわらげるものとして使用されました。
内側の樹皮を湿布としたものは、おできの治療に用いられました。
樹皮は、コットンと同じぐらい柔らかくなるまで打ち砕かれて、顔をこするために使われました。
非常に柔らかい樹皮は、傷を縛り、そして包帯として使われました。
細かくずたずたにされた皮は、傷と腫れを治療するために使われました。

以上、見てきたように、実に様々な病気に応用されてきました。


朝霞で漢方相談を34年間の実績
最近は、アトピーの相談に力をいれています。
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106  昭和薬局  
薬剤師 鈴木覚    薬剤師 鈴木江梨子
      TEL 048-473-7830   FAX 048-473-7332 

朝霞の漢方  昭和薬局のお客様は
◎以下のような地域から、多くご来局頂いています。お気軽にご相談においで下さい。

埼玉県
朝霞市内全域(本町、朝志ヶ丘、宮戸、三原、溝沼、浜崎、西原、北原、上内間木、下内間木、岡、根岸、仲町、栄町、泉水、西弁財、東弁財、他)、
志木市内全域(本町、館、幸町、柏町、上宗岡、中宗岡、下宗岡)、新座市、和光市、富士見市、三芳町、川越市、川口市、所沢市
さいたま市(旧  大宮、浦和、岩槻、与野)、
東京都
練馬区、板橋区、北区、豊島区、清瀬市

d0096268_17291187.jpg

元の形のあるものを食べよう

元の形のあるものを食べよう

最近、成型肉による食中毒の報道が相次いでいます。

『ステーキチェーン「ペッパーランチ」と「ステーキのどん」で病原性大腸菌O(オー)157による食中毒が相次いだ問題で、厚生労働省は、切れ端の肉を混ぜて固めた「成型肉」などの加工肉が使われ、「加熱調理が不十分だったことが要因」として飲食店への指導・監督を徹底する通知を都道府県などに出した。 
厚労省によると、患者は「ペッパー」が東京、大阪などの16店の客26人、「どん」が埼玉、群馬両県の11店の客15人。

ペッパーの患者のほとんどが食べた「角切りステーキ」は「成型肉」で、岐阜県内の食肉加工施設で製造された。豪州産牛肉の様々な部位の切れ端肉に結着剤を混ぜるなどして一辺2・3センチのサイコロ状にしたもので、全国の約100店に出荷されていた。
 O157は肉をよく焼けば問題ないが、火を十分に通さなかったため、加工肉の内部に入っていた菌が死滅しなかったとみられる。
一方、どんの角切りステーキは、ブロック肉をサイコロ状に切った「カット肉」を使用。厚労省は、肉を軟らかくする調味液に漬け込むなどの加工の過程で、肉に菌が入り込んだとみている
厚生労働省は、切れ端の肉を混ぜて固めた「成型肉」などの加工肉が使われ、
「加熱調理が不十分だったことが要因」として
飲食店への指導・監督を徹底する通知を都道府県などに出した。』

2009年9月16日   読売新聞

厚生労働省が、「加熱調理が不十分だったことが要因」としていますが、これは、おかしくありませんか?
一番の問題は、くず肉を集めて、牛肉のステーキとして売っていたことでしょう。

牛肉の屑、内蔵、骨などを集めて、接着剤(結着剤となっていますが)で、くっつけ、そのままだと、味が一定しないでしょうから、各種の添加物で、味と歯ごたえ、見た目などを、同じように加工したのでしょう。
そうでなければ、味がいつも違うことになります。

つい先日、あるショッピングセンターで、ペッパーランチの店を見ましたが、メニューの表示には、ステーキなどとあるだけで、どんな肉であるかは、書かれていません。
社会的責任感が全く、欠如していますね。
たぶん、会社は、良く加熱しなかったので、食中毒がおこったのであって、成型肉については、黙っていればよい、といった感じで反省してないのでしょう。
たぶん、法的には、問題がないというつもりなのでしょう。なにしろ、法はくぐれば良いという輩(やから)が沢山いる世の中です。

ところで、ペッパーランチだけが一方的に悪いのかというと、そうでもないでしょう。
だまされた方にも、責任があると思います。
外食の場合、何を食べさせられるかわからないのですから、
もとの形のないもの、もとの形を推定出来ないものは、家の外では、なるべく食べないことに努めるべきでしょう。
例えば、ハンバーグ。私は、ハンバーグショップに行きはしますが、ハンバーグは食べません。
何が使われているか、想像もできませんから。
大手の会社は、世界中から、買い叩いた安い肉、たぶん肉だけではなく、内蔵、骨なども、集めて、食品添加物で成型し、味を一定にして、供給しているでしょう。
そうでなければ、世界中で味が同じわけがありません。

このようなものを食べたら、健康に問題がおこるに決まっています。

ところで、私の知人で、飲食店をしているのが、
こんなことを教えてくれました。
「多くの店で使われているトンカツ、あれも成型肉なんだよ。
普通の肉に比べて、コストが半分なんだよ。」
と言うことは、トンカツの肉だと思い込んでいたものの一部は、実は接着剤や何かの、添加物であったと言うことです。
う~ん。全く何もかも、にせものだらけ!

これでは、
インチキ食品、添加物、防腐剤などなど、何をたべても、それに負ない丈夫な体を作るしかない!

  朝霞で漢方相談 34年
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106  昭和薬局   薬剤師 鈴木 覚
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332


朝霞の漢方  昭和薬局のお客様は
◎以下のような地域から、多くご来局頂いています。お気軽にご相談においで下さい。

埼玉県
朝霞市内全域(本町、朝志ヶ丘、宮戸、三原、溝沼、浜崎、西原、北原、上内間木、下内間木、岡、根岸、仲町、栄町、泉水、西弁財、東弁財、他)、
志木市内全域(本町、館、幸町、柏町、上宗岡、中宗岡、下宗岡)、新座市、和光市、富士見市、三芳町、川越市、川口市、所沢市
さいたま市(旧  大宮、浦和、岩槻、与野)、
東京都
練馬区、板橋区、北区、豊島区、清瀬市

◎ご相談をよくいただく病気その他
美容 :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエット
腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎
痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、冷え性、生理痛、生理不順、

◎「日本体質改善研究会」会員、「子宝カウンセラーの会」会員


緑内障、白内障、目の病気、
不眠、
皮膚炎 アルツハイマー 認知症 パーキンソン氏病 関節痛
顔面神経痛 ヘルペス 肺炎  喘息  腰痛 
更年期障害  パニック障害  うつ病  ペットの皮膚病  子宝の食養生 
Ⅰ型糖尿病  Ⅱ型糖尿病      
        など

,