<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

またまた魚鱗癬(ギョリンセン)

またまた、魚鱗せん

今日、遠くから、お肌のお手入れに来店されたお客様がいます。
今日で、何回か目ですが、以前より肌がずっと綺麗になっています。

話をしているうちに、息子さんが昔、「魚鱗癬(ギョリンセン)」と病院で言われたそうです。

子供のときは、お腹と、腕に魚鱗せんがあったとのことです。
大きくなって、腕のは消えて、お腹だけになったそうです。
今は、別に暮らしているので、どうなっているかは判らないとのことです。

どうも、魚鱗せんの人のお母さんも、皮膚が弱いのかも知れません。
魚鱗癬の遺伝子のある種のものは、X染色体にある劣性の遺伝子であることがわかっています。
女性の性染色体はXXで、男性のはXYです。
それで、魚鱗せんの発現は、圧倒的に男性が多いのです。
この、X染色体は母親から受け継いだものです。
従って、母親が、魚鱗せんの遺伝子の保持者です。
魚鱗癬の遺伝子は、劣性ですので、母親が保持者であっても、魚鱗せんは発現しません(二つのX染色体に、同時にその遺伝子があれば発現しますが、それはきわめてまれです)。
しかし、魚鱗せんを発現しなくても、皮膚のトラブルが出現しやすいのではないかと推定できるかもしれません。
多くの例を見ないと断言できませんが、可能性があると思います。



漢方相談 35年   朝霞の漢方  昭和薬局
                     薬剤師 鈴木 覚
                     薬剤師 鈴木江梨子
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106   TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

「温めるって、こんなに大事だったのね。」

「温めるってこんなに大事だったのね。」これは、先日、見えた70代の女性の言葉です。

この方は、最初は、
膝や腰が痛いと相談に見えました。
病院には行っているが、良くならないとのことです。

この方のお孫さんが、アトピーでしたが、当店に来てから、肌が綺麗になったので、
これなら、痛みも相談できるだろう、ということで見えました。



関節の栄養になるものを、お勧めしました。
また、話を伺いながら、温灸器で大椎(ダイツイ)に温灸し、それから、膝の痛い部分に温灸しました。

すると、痛みが軽くなりました。
「これは、いくら?」と、言い出しました。
温灸器が気に入ったので、買いたいとのことです。
しかし、「今は、その気になっても、すぐに飽きますよ。」と答えました。
それでも、「どうしても欲しい。」とのことでお買いになりました。

そうこうして、話しているうちに、ストレスがあり、夜何度もトイレにおきるので疲れる、とのことでした。
(夜間の頻尿は、冷え、特にお腹の冷えからきています。)
それなら、お腹にも温灸すると良いですよ、と話もしました。
また、ストレスのツボである膻中(ダンチュウ)というツボも教えました。
そこを、軽く押してみたら、痛がりました。
(普通の人は、全く痛がりません。ストレスがあると、痛がります。それも、ストレスの度合いに応じて、痛みが違います。)

ということで、温灸器を買って帰りました。

また少しして見えました。
膝の痛みは、軽くなりました。
(昭和薬局は、以前は、もっぱら漢方薬と関節の栄養になるものを組み合わせて対応していました。これでも、かなりの確立で、膝や腰の痛みが軽くなりました。
しかし、温灸で温めることにより、より早く痛みが軽くなるようになりました。
大体、相談に見えたその場で、痛みが軽減します。)

それから、何回かお見えになりました。

初めて、来店されてから、3,4ヶ月で、夜間の頻尿はすっかり良くなりました。
もちろん、膝の痛みもあることはありますが、気にならない程度になりました。

それで、「温めるってこんなに大事だったのね。」という言葉が出てきたわけです。

また、温灸という、昔風の方法が、こんなに体に良いとは、思わなかったとも言っていました。



ヒザ・コシの痛みに取り組んで35年   朝霞の漢方  昭和薬局
                     薬剤師 鈴木 覚
                     薬剤師 鈴木江梨子
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106   TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

埼玉県薬剤師会会員。朝霞地区(朝霞市、志木市、新座市、和光市)薬剤師会会員。
朝霞市商工会会員。


朝霞の漢方  昭和薬局のお客様は
◎以下のような地域から、多くご来局頂いています。お気軽にご相談においで下さい。

埼玉県
朝霞市内全域(本町、朝志ヶ丘、宮戸、三原、溝沼、浜崎、西原、北原、上内間木、下内間木、岡、根岸、仲町、栄町、泉水、西弁財、東弁財、他)、
志木市内全域(本町、館、幸町、柏町、上宗岡、中宗岡、下宗岡)、新座市、和光市、富士見市、三芳町、川越市、川口市、所沢市
さいたま市(旧  大宮、浦和、岩槻、与野)、
東京都
練馬区、板橋区、北区、豊島区、清瀬市

◎ご相談をよくいただく病気その他
美容 :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエット
腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎
痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、冷え性、生理痛、生理不順、

◎「日本体質改善研究会」会員、「子宝カウンセラーの会」会員

正月はヒナちゃんとお留守番

2010年1月         

正月は、ヒナちゃんとお留守番

正月は、妻と娘は、実家に行って、不在でしたので、ヒナちゃんと二人でしばらく暮らしていました。
休みとはいえ、出かけたり、仕事がありますので、朝 家を出て、夜帰るという生活を送っていました。
その間、ヒナちゃんは一人になりますので、餌は多めにケージの中の餌箱に入れておきました。しかし、夜帰る頃には、空っぽになっています。
多目といっても、好きなだけ与えると太るので、そこは加減しています。

ですから、どこかに出かけても、ヒナちゃんのために、ほどほどの時間に家に帰っていました。
私が家に帰って荷物を置いて少しすると、ばたばたと暴れだします。
「お腹がすいたよ。餌をちょうだい。早く出してよ。」との催促ですね。
面白いことに、帰ってすぐには、催促しません。一呼吸おいてから、餌箱をかじったり、何かにあたって、ガタガタさせて催促します。
おそらく、学習したのでしょうね。
誰かが帰ってきても、催促しても、すぐには餌が出てこない。それから少しして餌を出してくれるということを。
ヒナちゃんは、今まで飼ったウサギの中で、一番頭が良いし、人間ぽい(といっても子供)ところがあります。
いつもは、こんな感じです。
家族が家にいて、私が夜帰るって少しすると、ケージから出してあげることにしています。私が、家に帰ってすぐは、ヒナちゃんは静かにしています。少しして、出してあげないと、ガタガタしだします。 
「忘れているよ。」「早く出してよ!」いう感じで。
先日も、家に帰って、一息ついていましたところ、ガタガタ、ガリガリと音がしました。ヒナちゃんが、出してくれと暴れているのですね。あわてて出してあげました。
ヒナちゃんは、今まで飼ったウサギの中でも、1番長生き(もうじき6歳)で、面白いウサギです。
なるべく長く元気で生きて欲しいものです。

ところで、数日ぶりに娘が帰って来た時の、ヒナちゃんの態度が、極めて面白いのです。
まあ、小さい子の反応と同じです。
ふだんは、ヒナちゃんは娘にはなついていて、近寄ってきたり、呼べばすぐに反応します。
ところが、久しぶりに顔を見たのに、嬉しそうな顔もせず、知らん顔をしています。まるで、「どうして見捨てたの」と怒っている感じです。ヒナちゃんには、どうして娘がいないのか理解できませんから。ヒナちゃんから見れば、見捨てられた感じだけなのでしょう。
しかし、しばらくかまっていると、元のように慣れてきて、何事も無かったようにしています。

朝霞の漢方  昭和薬局   薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

この文は、2010年1月のニュースレターに掲載したものです。

また、口内炎について

また、口内炎について

先日、子供さん、といっても高校生くらいらしい、の口内炎の薬を買いに見えた方がいます。
といっても、口内炎の効能はなく、風邪薬に効能をもつ漢方薬ですが。

こういう、いきさつです。
始め、「咽喉が痛い」と相談に見えました。
咽喉が、しばしば痛くなるととのことです。
口内炎が出来やすくはありませんか?と聞きました。
そうだとの答えです。
なぜ、口内炎のことを聞いたかというと、口の中が乾燥しやすい場合、咽喉が痛くなることが多いのです。また、口内が乾燥しやすいと、口内炎が出来やすいのです。
口内炎が出来ると痛くて、なかなか治らず、食べるのにも大変だそうです。
まあ、口内炎が出来やすい方は、この感じがわかると思います。
私も、以前はよく出来ていましたから。
口内炎に塗り薬は、いくつもありますが、大体あまり効きません。
私の経験上、一番効果のある塗り薬は、「紫雲膏」です。
漢方薬の軟膏です。
口内炎の効能を持つ新薬の軟膏は、いくつかありますが、「紫雲膏」より良く効くのは、
私に経験上、ありません。

飲むので効くのは、「ある漢方薬」です。
口内炎の効能をもつビタミン剤がいくつかありますが、私には、ほとんど効きません。
口内炎が、出来やすいという方に、口内炎に効果があるというビタミン剤で効いたことがありますか?と必ず質問することにしています。
すると100%近くの方が、すぐに効いた事がないと答えます。

ところが、この「ある漢方薬」を口内炎に勧めると、ほとんどの方が痛みがすぐ取れた、治った、との答えが返ってきます。

これには、早く治すのは、コツがあります。
何粒かを、なめてもらうのです。なめると、口の中で溶けて、口内炎の患部に直接薬がつきます。すると、不思議なことに口内炎の痛みが、大抵はすぐに止まります。また、すぐに治癒することが多いのです。

なぜ、「ある漢方薬」としたのかというと、効能書には、口内炎の適応がないのです。つまり、適応外処方となるので、薬の名前を書かないわけです。

さて、この漢方薬は、咽喉の痛みを主とした、風邪の薬ですので、咽喉が弱くて、口内炎が出来やすい人にとっては、大変都合のよい薬です。
風邪薬なので、高くはない漢方薬です。
おまけに、抗ウイルス作用のある生薬(キンギンカ:金銀花)まで入っています。

ということで、口内炎でよく出来て、それが痛いという場合に、勧めることがあります。、痛みが、比較的早く止まるので、不思議がられることがあります。


朝霞で漢方相談 34年  昭和薬局   薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

,