<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

葛(クズ) 秋の薬草

葛(クズ)  秋の薬草  

葛は、秋の七草の一つで、よく使われている薬草でもあります。

秋の七草は、以下の通り
女郎花(オミナエシ) オミナエシ科
尾花(オバナ:ススキのこと) イネ科
桔梗(キキョウ) キキョウ科
撫子(ナデシコ) ナデシコ科
藤袴(フジバカマ) キク科
葛(クズ) マメ科
萩(ハギ) マメ科

葛は、風邪の漢方薬として知られている「葛根湯(かっこんとう)」の主成分です。
葛根(かっこん)という名の通り、根が主に用いられますが、花も用いられます。
「救民妙薬」には、二日酔いに「葛の花」を用いるとあります。
また、葛の根からデンプンをとり、精製したものを葛粉(クズコ)といいます。
しかし、クズコと称するものの大部分は、葛が原料ではありません。
そこで、本物の葛のクズコを本葛という場合もあります。

生姜湯(ショウガトウ)は、風邪のときに用いると、治りが早まります。
これには、クズコが入っていますが、市販品の多くは、ダダのデンプンが大部分です。
やはり本葛を使用しているものが効きます。

この文章を書いているうちに、昔 暗誦した和歌を思い出しました。
誰の作かは、忘れましたが。
『葛の花 踏みしだかれて 色あたらし。
            この山道を 行きし人あり。』

葛の根である葛根は、早くも、最古の薬物書である「神農本草経(シンノウホンゾウキョウ)」に記載されています。また、種についても触れています。

神農本草経
葛根: 別名を斉根ともいう。味は甘く平である。川や谷に生ずる。消渇、身の大熱(解熱作用ということ)、嘔吐や諸々の麻痺や痺れを治す。陰氣を起こし(精神状態が良くする)、諸毒を解す。
葛の種は、下痢を治す。 


江戸時代の「救民妙薬」には、葛(葛根)が何ヶ所かに収載されています。
救民妙薬
葛  諸々の毒を解す  葛の根を、煎じて用いると良い。
   淋病の薬    葛の粉、カワニナの同量を粉にして、1匁ずつ、葛水にて用いる。
   霍乱を治す   葛の粉10匁、胡椒4匁を粉にして用いる。かくらん、または虫(寄生虫)、食傷(食中毒)、下痢のいずれにも良い。
葛の花  酒毒(二日酔い)には、葛の花を陰干しにして、お湯で用いると良い。



「実用の薬草」  栗原愛塔先生
葛:根は発汗解熱の効がある。冬季に根を掘り取り(地下30cmより、さらに深いところのが良い。)日干し、5~8g煎じて飲む。たいがいは、漢方で有名な「葛根湯」の原料として用い、単味で使用することは少ない。花は酒毒を解する。1回3~7g煎じて飲む。
る。

「薬草カラー図鑑」   伊沢一男先生
クズ 葛
採取時期と調整法 根はナマのままで夏か秋、花は8月ごろに採取する。総状につく花は下の方から咲くので、一番下の花が咲き始めたころをめどににする。風通しのよいところで、日干しにする。

薬効と用い方  健康飲料に水洗いした生の根を約100g、小さく刻んでミキサーにいれ、水を加えて砕いた後、繊維質が沈殿したら、上澄み液を別の容器に移し、これを1週間分とし、朝夕2回、食前に飲む。飲み残しは冷蔵庫に保存しておくこと。 
二日酔いに  乾燥したクズの花(葛花)3~5gを300ccの水で煎じ、煮立ったら火を止め、冷めてから飲む。
風邪のひき始めに くず湯として熱いものを飲む。


最後に、
「活血化瘀治療疑難病」  翁維良先生主編
には、活血化瘀薬物 の一つとして葛根が記載されています。
葛根  風邪薬としての作用のほかに、活血化瘀作用があるとして「生(の葛根)は破血の作用がある」としています。(破血ハケツとは、強力な血流改善作用などをいいます。)
葛根及びその抽出物のフラボンには、血管拡張作用がある。
高血圧性頭痛、眩暈、動脈硬化、狭心症の痛み、突発性難聴、中心性網膜炎など広範囲に用いる。

葛は葛根湯の主成分ですので、比較的なじみのある生薬ですが、効き目は、実はたいしたものなのです。

朝霞市、志木市、新座市、和光市で35年 漢方相談薬局
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106  昭和薬局   薬剤師  鈴木 覚
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

サイタマカンポウ ドット コム     埼玉漢方ドットコム
 http://www.saitamakanpo.com/ 

原因不明の皮膚病

原因不明の皮膚病  お客様からのメール

以下の文章は、少し前にお客様からいただいたメールです。
お客様から、許可をいただき、原文のまま、ご紹介します。

*************

鈴木先生 満里先生

体験談、大変遅くなりました。
以下、よろしくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある朝、目が覚めたら顔が痒く、
額と右頬に赤いポツポツが出来ていました。
虫さされだろうと思って放っておいたら、
数日後、赤い湿疹は額一面に広がり出しました。

痒みがひどいので、皮膚科にかかりました。
食べ物は無関係と考えられるが原因は不明、との診断で、
弱いステロイドを処方されました。


ステロイドを塗るとその湿疹は引っ込むのですが、
新たな箇所にどんどんできてきて、モグラ叩きです。
ニキビは若いころに経験しましたが、
痒みのひどいこんな症状は初めてでした。
また、見た目が酷いので外出が嫌になり、
どうしても行かねばならない日常の買い物は、
帽子とマスクで顔を隠して行くようになりました。


皮膚科で再診してもらってもステロイドを強くされるだけかと思い、
ネットで検索したところ、近くに昭和薬局さんがあることを発見。
早速飛んでいき、鈴木先生と満里先生にみて頂きました。


皮膚病は非常に厄介なことを丁寧に説明して頂き、
外からだけでなく中からもアプローチすることとなりました。
温灸で肩や耳を、湯たんぽでお腹を温めて頂きました。
夏の暑い時にも関わらずとても気持ちがよく、
このことは、体の冷えを物語っているそうです。


満里先生に、ホワイトリリーの化粧品と赤色ワグラスの湿布をしていただき、
方法を教えて頂いて、家でも実践することになりました。
それまでの私のスキンケアは、化粧水を使わずに馬油だけだったので、
極端に水分が不足、砂漠化していたようです。


内側からのケアとしては、
腸を良くするイサゴール50億を飲むことにしました。
これはお腹が痛くなることなく便秘が解消します。
味も私は好きでした。


湿布の翌日から痒みはすっかり治まりました。
それから毎日湿布はしましたが、新たな湿疹も出ます。
そこで一週間後、またみて頂きましたら、
赤くて大きく芯があるので感染症では?
と、満里先生に抗菌作用のある黄色ワグラスを出していただきました。

これが即刻効きました。
翌日から腫れが引き、三日後には湿疹がすっかり消失。
(黄色ワグラスは湿疹に赤みが無くなったら中止です。)
それからも毎日湿布を行っているせいか、痒みも湿疹も出ません。
自分で申し上げるのは恥ずかしいのですが、
湿疹の前の肌より、肌理が整いむしろきれいになったと思います。


これからも湿布は毎日続け、楽しく美肌を目指したいと思っております。
鈴木先生、満里先生、本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
冗長な文章で申し訳ございません。

また、伺います^^
よろしくお願い申し上げます。

                  埼玉県朝霞市 K.I.様

************************

貴重な体験談をお寄せいただきありがとうございました。

アトピー肌のご相談の方は、
ご来店の前には、なるべくご連絡ください。

朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106   昭和薬局 薬剤師 鈴木 覚  
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

ホームページは、  埼玉漢方 ドット コム  http://www.saitamakanpo.com

瞿麦(ナデシコ)  秋の薬草

瞿麦(ナデシコ)  秋の薬草

ナデシコは、秋の七草の一つで、「撫子」「 瞿麦」とも漢字が当てられています。

秋の七草は、以下の通り
女郎花(オミナエシ) オミナエシ科
尾花(オバナ:ススキのこと) イネ科
桔梗(キキョウ) キキョウ科
撫子(ナデシコ) ナデシコ科
藤袴(フジバカマ) キク科
葛(クズ) マメ科
萩(ハギ) マメ科

琉球王国の呉継志の「質問本草」(1837年)には、ナデシコについても記載されています。

十様錦(瞿麦、ナデシコ)
質問「荒野に生じる。春に苗が出て、夏に花が咲きます。花ビラは、小さく分かれていて、小さな実が出来ます。
   この図の草は何でしょうか?」
返答「花の名は、十様錦です。」(甲辰の年。潘貞蔚、石家辰、孫景山、陳文錦よりの返答)
  (図は、「質問本草」より)
    d0096268_19111541.jpg
ナデシコは、梅村甚太郎先生の「民間薬用植物」、伊沢一男先生の「薬草カラー図鑑」にも記載がありません。日本では、ほとんど薬用にされていないようです。


中国の文献にも、ナデシコの薬用については、少ないのですが、「中華本草」には、瞿麦についての記載があります。
瞿麦(なでしこ)
初出:『雷公炮炙論』
学名: l.Dianthus superbus L.2.Dianthus chinensis L.
採集と貯蔵:夏、秋に全草をとる。雑草や泥を除去し、段に切ることもあれば切らないこともある。晒して乾燥する。
薬理作用: 1、利尿作用がある 、
      2、瞿麦の煎剤は腸管に対して興奮作用がある。
      3、瞿麦は蛙の心臓、兔の心臓に対して非常に强い抑制作用がある。
        瞿麦の穗の煎剤は、麻醉をした犬に対して降压作用がある。
      4、10%の瞿麦の煎剤は、試験管内で8-12分で吸血虫を殺すことが出来る。

性味:味は苦であって、性質は寒である。
帰経: 心・肝・小腸・膀胱に帰経する。
功能主治: 利尿作用がある。湿熱をさます。活血通経の作用がある。
用法用量: 内服の場合は、3~10gをせんじるが、丸剤や散剤にする。外用の場合は、適量を煎じて患部を洗う。または研いで粉にして、患部にふりかける。
注意:脾、腎気虚の者、及び妊婦には禁忌である。

朝霞市、志木市、新座市、和光市で35年 漢方相談薬局
朝霞で35年  朝霞の漢方 昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106   TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332
ホームページが出来上がりました。  http://saitamakanpo.com/

フジバカマ   秋の薬草

フジバカマ   秋の薬草

フジバカマ(キク科の多年草)は、秋の七草の一つで、漢名を蘭草(佩蘭)といい、早くも「神農本草経」に記載されています。


フジバカマの学名である、Eupatorium fortunei で、調べてみると、「中国薬典」「中華本草」などには、「佩蘭(ハイラン)」となっています。
「佩蘭(ハイラン)」の別名の一つに、「蘭草」が挙げられています。
「蘭草」そのものは、「中国薬典」「中華本草」などには、見当たりません。
考察するに、
日本では、 「神農本草経」にあるままに、フジバカマの漢名を「蘭草」とし、
中国では、時代の変遷で「佩蘭(ハイラン)」の名称が一般化したのでしょう。

蘭草 : 味は辛く、性質は平である。水道を利し,蠱毒(コドク:蠱コについて書くと面白いのですが、長くなるので省きます。)を殺し,不祥を避ける。久しく服すれば気を益し、身が軽くなり、老いず、神明に、通じる。一名を水香という。池沢に生ずる。(神農本草経)

琉球王国の呉継志の「質問本草」には、フジバカマについても記載されています。
蘭草(フヂバカマ)
質問「原野に生じる。春に苗が出て、3ー4尺の高さになり、秋に花が咲きます。
   この図の草は何でしょうか?」
返答「これは、蘭草であって、沢蘭の仲間の草です。花と葉は、沢蘭と同じようですが、蘭草の茎は丸く、沢蘭の茎は角ばっています。そこが少し違います。」(壬寅の年。陳文錦、李興成、盧享春よりの返答)
  (図は、「質問本草」より)
d0096268_19104018.jpg

採集と調整法:
陰干しして、煎じて服用する。(「民間薬用植物」梅村甚太郎先生)  
茎葉を乾燥し、1回4~5g煎じて糖尿病に飲む。(「実用の薬草」栗原愛塔先生)
つぼみをつけたものを採取して、2~3日、日干しにしてから、あとは風通しの良い所で乾燥させる。乾燥中に良い香りが出て来る。乾燥後は、密閉容器に貯蔵する。(「薬草カラー図鑑」伊沢一男先生)


薬効と用い方:
水道を利し、月経を調へ、胸中の結痰を除き、癰腫を消し、よく悪気を去る。(「民間薬用植物」梅村甚太郎先生)  
月経を調え、または癰種を除去し悪気を去るのにも良い。(「実用の薬草」栗原愛塔先生)
皮膚の痒みに  乾燥した全草300~500gをこまかく刻んで布袋にいれ、初めになべで煮出してから、袋ごと風呂に入れて入浴する。かゆみの部分をこの袋でこすると効果的である。
糖尿病の予防と治療に  乾燥フジバカマ(蘭草)、連銭草(カキドオシ)、ビワ葉、タラノキ樹皮各5gをまぜて1日量とし、水400ccで半量にせんじて、1日3回に分けて服用する。(「薬草カラー図鑑」伊沢一男先生)

朝霞市、志木市、新座し、和光市で35年 漢方相談薬局
朝霞で35年  朝霞の漢方 昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106   TEL 473-7830
ホームページが出来上がりました。  http://saitamakanpo.com/


 ◎ご相談をよくいただく病気その他
美容 :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエット、皮膚のトラブル
腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎
痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、冷え性、生理痛、生理不順、

◎「日本体質改善研究会」会員、「子宝カウンセラーの会」会員

はぎ  秋の薬草

ハギ  秋の薬草

萩は、マメ科の植物で、秋の七草の一つです。
漢名を胡枝花。

ハギについては、「救民妙薬」に薬効が2ヶ所に記載されています。
湯火傷(やけどの事): 萩を黒焼を、カブの絞り汁に溶いて、ゆるゆるとつけると良い。
鼠の噛みキズ:萩の茎の古くなって朽ちたのを干し、粉にしてつけると良い。
「救民妙薬」は、江戸時代に刊行された実用薬物書で、多くの版を重ね、明治にいたるまで、出版され続けたベストセラーです。
水戸の黄門様で知られる徳川光圀が、家臣の穂積甫庵に命じて編纂させたものです。
「救民妙薬」について、興味があれば、
こちら  http://yakuyoukonchu.blog115.fc2.com/blog-category-7.html   を参照ください。


初出:「救荒本草」に初めて薬として記載される。(ヤマハギ・胡枝子:「中華本草」)

採集と調整法:
根を掘り取り乾燥する。(「実用の薬草」栗原愛塔先生)
秋、花の終わりに近いころ、根をほりとって、水洗いしてから、適当な大きさに刻んで日干しにする。(ヤマハギ:「薬草カラー図鑑」伊沢一男先生)
夏、秋に採集する。生のまま用いるか、または切って晒して乾燥させる。( 「中華本草」)
 
薬効と用い方:
めまい、のぼせの時に、これを刻んで、1回2~4gを煎じて服用する。(「実用の薬草」栗原愛塔先生)

婦人のめまい・のぼせに・・・乾燥した根を2~5g、1回量として、水300ccで1/2量にまで煎じて、1回に服用する。(ヤマハギ:「薬草カラー図鑑」伊沢一男先生)

熱を冷まし肺を潤す。利尿通淋の作用がある。止血作用がある。
肺に熱のある咳嗽、感冒発熱、百日咳、淋证、吐血、鼻血、血尿、血便を治す。
煎汤,9-15g(生のは30-60g)を煎じて服用する。(ヤマハギ:「中華本草」)

青森県では蕎麦を食べて中った時、胡枝子(ハギ)を煎じて服用する。
青森県では、難産のときにも、煎じて服用させ、出産を安らかにする。
葉もまた煎じて服用すれば、蕎麦の中毒に効がある。
尾張の国では、茎を焼いてその汁を出来物につける。
水戸あたりでは、鼠にかまれたときには、萩の茎の古くなって朽ちたものを干して、粉にして、これをつける。(「民間薬用植物」梅村甚太郎先生)


朝霞市、志木市、新座し、和光市で35年 漢方相談薬局
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106  昭和薬局   薬剤師  鈴木 覚
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

サイタマカンポウ ドット コム     埼玉漢方ドットコム
 http://www.saitamakanpo.com/ 

桔梗(キキョウ)  秋の薬草

桔梗(キキョウ)  秋の薬草
桔梗は、秋の七草の一つ

桔梗根(キキョウコン)は、意外と多く使われている薬草・生薬です。
激しい咳や咽喉の痛みに良く効きます。
風邪、咳の効能のある漢方薬には、しばしば用いられています。

以前、当店 昭和薬局で製造していた風邪薬には、桔梗が配合されているのがありました。
咳や咽喉の痛みに良く効きました。

韓国民謡に「トラジ」というのがありますが、「トラジ」は桔梗のことです。
民謡にあるくらいですから、かの国ではポピュラーなのでしょう。
日本では、桔梗根はもっぱら薬用ですが、朝鮮、韓国では食用にされているようです。


さて、桔梗の薬効ですが、
薬用部分:根
採取時期と調整法:
夏に根を掘って水洗いし、細根をとり除いたあと、日干しに。キキョウの根は乾燥しにくいので、こまかく切って風通しのよい所に干すか、外側の皮を竹べらのようなもので除いてから干すとよい。(「薬草カラー図鑑」伊沢一男先生)
根を掘り、すぐに水につけて表皮を剥ぎ、陰干しにする。これを生干しという。
乾きが悪いので、皮を剥ぎ、根を割ってさらして日干ししたのを晒桔梗という。
理想的には生干しが良い。市販品は多く晒してあるから白色できれいである。
時に、悪質業者は、朝鮮人参のまがい物とする。(「実用の薬草」栗原愛塔先生)

薬効と用い方:
扁桃炎などでのどかはれて痛む、痰を伴うせきに、「桔梗根2g、甘草3g」を1日量として煎じ、1日2回うがいしながら飲む。
桔梗根単味では苦く、飲みにくい。甘草は薬局で求められる。(「薬草カラー図鑑」伊沢一男先生)
根は胸の痛みを治し、咽喉を潤し、喘息を消し、痰を去りよく声を出す。(「民間薬用植物」梅村甚太郎先生)

d0096268_22112333.jpg

桔梗を主剤とする処方:
痰の薬として半夏、陳皮、白茯苓、桔梗の各同量を粉にして用いると良い。(「民間薬用植物」梅村甚太郎先生)
「甘桔湯」  桔梗根に甘草根を加えて、煎じて、のどの痛みがはなはだしい時に服用すれば、不思議とよく効く。(これは、桔梗甘草湯という場合が多い。咽喉の痛みによく効きます。)
かの屠蘇酒にもこの桔梗根が入っている。(同上)
扁桃炎などでのどかはれて痛む、痰を伴うせきに桔梗根2g、甘草3gを1日量として煎じ、I目2回うがいしながら飲む。桔梗根単味では苦く、飲みにくい。甘草は薬局で求められる。(「薬草カラー図鑑」伊沢一男先生)
痛む化膿性のはれものに 桔梗根lg、芍薬、枳実各3gを粉末としてまぜ、―回量2~3gをとり、これに卵の黄身I個分を加えて、よくかきまぜ、白湯で飲む。1日に1~2回飲むとよい。枳実はナツミカン、ミカン、ダイダイなどの未熟果を半分に切って乾燥
したもの。(「薬草カラー図鑑」伊沢一男先生)


朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師  鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

ススキ  秋の薬草

ススキ  秋の薬草


ススキは、秋の代表的な植物で、秋の七草の一つでもあります。
このススキの根にも、薬理作用があります。

根を取って薬用にしますが、採取の時期に異同があります。
しかし、いずれも、風邪や熱に効果があるとしています。

d0096268_044068.jpg

秋に根を掘り乾かす。解熱、感冒の薬。1日量5~10g(実用の薬草、栗原愛塔先生)
春先、ススキの葉が発生する前に、地下の根茎を掘り取り、水洗いして泥を取り除いた後、細かく刻んで日光に干す。そのまま保存し、風邪のときに解熱剤として使用する。1日量6~15gを水300ccで1/2量にまで煎じつめる。1日3回服用すると効果的である。(薬草カラー図鑑、伊沢一男先生)

三河の国では、根を瘡毒を去るために煎じて服用する。(民間薬用植物誌、梅村甚太郎先生)
尾張の国では、煎じて風邪に用いる。(同上)

「中華本草」には、秋、冬に採取して、乾燥貯蔵するとある。
功能主治は、咳を止め、利尿、活血、渴きを止める。咳嗽、小便不利、带下(こしけ)、熱病口渴を治す、とある。

秋の七草は、以下の通り
女郎花(オミナエシ) オミナエシ科
尾花(オバナ:ススキのこと) イネ科
桔梗(キキョウ) キキョウ科
撫子(ナデシコ) ナデシコ科
藤袴(フジバカマ) キク科
葛(クズ) マメ科
萩(ハギ) マメ科

朝霞の漢方   昭和薬局    薬剤師 鈴木 覚
朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106

咽喉の不快感(ノドに梅の種)と漢方薬

咽喉の不快感(ノドに梅の種)と漢方薬

この夏は、特に暑い夏でした。
こういう年は、これから冬にかけて、さまざまな不調が起こります。

9月の後半に、咽喉の異物感を訴える方が、続きました。

一番直近の方(9月30日に来店)は、こうでした。
咽喉が少し痛く、異物感があり、息をするのも苦しい、と相談に見えました。

そのことで、医者にいって、診察を受けました。
先生には、「診た所、扁桃腺が少し腫れているだけで、咽喉には、特に異常はない。」と言われました。
しかし、本人にとっては、不愉快な状態があります。
だから、受診したわけです。
異常がないと言われても、痛み、不快感があるので、しつこく聞いたら、嫌がられたとのことです。

この話を聞いて、アレーっと思いました。
珍しいな、また、梅核気(バイカクキ)だと。

「咽喉に、何か物がある感じでしょう?」
「そうです。」
「ピンポン玉位ですか?」
「梅の種位のものが、ノドにあるような気がする。
  こういう病気はあるのか?」
「ありますよ。漢方では、よく知られていることですよ。」
と、こんな具合で、漢方相談が始まりました。

ノドに梅の種があるような気がして、不愉快な症状を、漢方では、「梅核気(バイカクキ)」といいます。
漢方を勉強した人なら、必ず知っている比較的良くある現象です。
これには、ある漢方薬(半夏厚朴湯)が良く効きます。

梅核気(バイカクキ)の核は種のことです。
梅の種があるような気がする症状という意味です。
梅の種程度なら、まだいいのですが。ピンポン玉大だったり、もっと大きくて、バスケットボール大というのもあるようです。
昭和薬局の相談に見えた方では、ピンポン玉位か、もう少し大きい程度のことが多いのですが。

さて、この9月の後半に、梅核気(バイカクキ)の方が3人見えました。
これは、大変、珍しいことです。
昭和薬局では、梅核気(バイカクキ)のかたで、新規にこられる方は、年に数人以下です。
それが、半月で3人ですから、珍しいことだと感じたわけです。

その上に、9月の上旬に、髪の毛のカットに行きました、
いつのも担当者ですが、咽喉に不快感があるそうです。嫌な感じがするとのことです。
聞いて見ると、ピンポン玉くらいのが、咽喉にある感じがするそうです。
風邪をひいてる訳でもないし、と言うのです。
これを聞いてすぐに、梅核気(バイカクキ)だな、と思いました。
そこで、漢方薬をのむようにすすめました。

こんなこともあって(薬局で3人、出先で一人)、また「梅核気(バイカクキ)」だ、と感じたわけです。

「梅核気(バイカクキ)」の原因は良く分かっていません。
気という文字が入っているくらいですから、精神的な要素もあるでしょうが、それだけではないでしょう。
もともと、咽喉が弱く、そこに何か(物理化学的な、精神的な)が加わったために起こった症状ではないかとおもいます。

今年の夏は、記録的な暑さでした。
クーラーをガンガンつけたり、冷たいものを例年より多く食べたり飲んだりしたでしのでしょう。
そういうことが、関係あるような気がします。

漢方では、夏のクーラー(冷え)や冷たいものを食べたり飲んだりし過ぎると、冬の体調不良につながると考えます。

今年の冬は、冷えに関係した病気が多くなることが予想されます。
今から、気をつけてください。

今の貴方の不調の原因の一つは、夏の冷えによるものかも知れませんよ。




朝霞市、志木市、新座し、和光市で35年 漢方相談薬局
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106  昭和薬局   薬剤師  鈴木 覚
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

サイタマカンポウ ドット コム     埼玉漢方ドットコム
 http://www.saitamakanpo.com/

◎ご相談をよくいただく病気その他
あさあ美容 :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエット
腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎
痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、冷え性、生理痛、生理不順、

,