<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

高校再訪  東銀座、築地、晴海

高校再訪  東銀座、築地、晴海

11月13日
d0096268_19511821.jpg
久しぶりに高校時代の友人二人と会いました。
二人の友人は、共に公務員で、今は定年退職しています。毎日が、日曜日でのんびりと生活しています。
うらやましくもありますが、仕事で忙しいのも、悪くはないと思います。
何しろ、私自身は、日曜のうちの半分は、勉強会等でつぶれ、残りの休みは、
大抵何かの用事があります。
会う前に、高校に行ってみないかと提案しました。

私たちの出た高校は、都立京橋高校といい、今は隣にあった、
都立京橋商業高校と合併して、都立晴海総合高校になっています。
また、首都大学の法科大学院も併設されています。
私自身は、最近、近辺で用事があったので、ついでにそこら辺を、何回か見てきています。
高校の所在地は、中央区晴海1丁目2番地3号で、123と並んでいる大変覚えやすい地番でした。
大学とか中学の地番なんかは、当然覚えていませんが。
「北千住」に集合して、地下鉄で「東銀座」まで行きました。昔は、そこから都電かバスで月島までバスで行き、それから歩いて朝潮橋をわたって、高校まで行っていました。
しかし、今回は、タクシーで行きました。タクシーで晴海総合高校まで、と言ったところわからないようでした。運転手さんは、京橋高校なら知っているというのです。その京橋高校ですよ、と言うと、その運転手さんもその近辺の高校の出身だとのことで、話が弾みました。

着いてみて、少しすると、二人とも当時を思い出したようです。
学校の正門前には、ここに、京橋高校、京橋商業高校があったとの石碑がありました。
私たちは、いわゆる団塊の世代です。卒業してから、四捨五入すれば50年、半世紀近く過ぎています。
変わったものもあれば、変わらないものもあります。
学校わきの運河、朝潮運河、実際は海ですが、きれいになっているのに、二人と、驚いたようです。昔は、ドブ川のようで、ゴミが浮かび、悪臭を放っていました。それが、水は澄んでいて、海岸独特の潮の匂いまでします。
よく見ると朝潮橋の中央あたりから釣り糸をたれている人がいます。また、学校わきの運河沿いから、釣りをしている、若い男性が二人いました。
えー、釣りをしているということは、魚が相当いるということではないかと思いました。
釣り人に、何が釣れるのですか?と聞いてみました。ハゼが釣れるとのことでした。スズキも釣れるとのことでした。
ハゼは、食べられるのですか?と聞いたところ、この前は天婦羅にして食べて、美味しかったとのことでした。
この話を聞いて、いやあ本当に変わった、海がきれいになったと感動しました。食べられるようになる位、海がきれいになったのですから。
d0096268_1951199.jpg

学校の周辺には、高層ビル、タワーマンションが林立しているのが見えます。
朝潮運河の向こうには、大川端リバーハイツ、新東京タワー、聖路加病院、月島地区のタワーマンションなどが見えます。
「桑田変じて滄海となる(ソウデンへんじてウミとなる)。」という言葉があります。しかし、学校の先、つまり東京湾は、「滄海 変じて タワーマンションとなる。」の感があります。
学生時代と、東京湾の地図は、大きく変わっています。
東側の対岸は、豊洲で、タワーマンションが立ち並んでいます。
高校時代、学校の周囲をマラソンさせられましたが、風景は一変しています。


学校の周囲をぶらぶらしてから、「晴海トリトンスクエア」に行きました。トリトンスクエアは、高校と同じ晴海にあって、歩いて数分のところにあります。
d0096268_19512084.jpg

トリトンスクエアは、オフィス、商業施設、住居が複合した建築群で、遠くからでも、その巨大さがわかるような大きさです。
そこに、行ったことがなかったので、お昼を食べようということになりました。
それほど、人は多くありませんでしたが、ウオーターフロントを生かした設計になっており、お台場とか、豊洲とか、横浜ベイクオーターと共通した、湾岸風景でした。
d0096268_19511656.jpg

昔の、殺風景なことと思い比べて、昔日の感がありました。
惜しむらくは、交通の便が悪い(月島駅から約10分)のと、銀座に近すぎるので、人が流れてこないという感じです。
また、「晴海トリトンスクエア」の北側も運河になっていて、対岸は月島です。
そこでも、釣りをしている人がいました。聞くと、やはりハゼだそうです。
これだけ多くの人が釣りをしていることに、不思議な感動を覚えました。
その運河の向こうは、勝鬨橋、築地、銀座です。




(トリトンスクエアは、晴海通りにも接しています。銀座は、ここから一直線です。地図で銀座の交差点との距離を調べると、約2kmです。80mを1分とすると、銀座の交差点まで、約25分で歩けることになります。

不動産屋の広告風に言えば、「東京駅に約3km、銀座が生活圏です。」という感じです。
月島、晴海というと、ぴんと来ないでしょうが、実は銀座に一番近い、住宅地です。)

d0096268_19511862.jpg

それから、歩いて、東銀座まで戻ろうというということになりました。勝鬨橋、築地をへて、歩きながら、色々なことを話しました。築地の本願寺は、昔と変わらない様子でした。
同級生に築地の料亭の息子がいたそうです。ある時、その同級生を訪ねていって、店の入り口から入ったところ、店の人に「お坊ちゃん」の友だちは裏から入ってください、と言われたそうです。私はその生徒を同じクラスになったことがなかったので、知らなかったのですが、学校の場所柄、料亭の息子がいたのですね。築地の料亭なんかは別世界だと思っていましたが。
歩きながら、ここには何があった、とか同じ店がまだあるとか、盛んに話していました。
自分ひとりだと、忘れていることもあって、随分思い出しました。やはり、人と話すことは、大事ですね。

東銀座には、歌舞伎座があり、昔は、毎日眺めて通っていました。工事中の様子を見てきました。奥行きがかなりあったのは、意外でした。
せっかくだからと、東銀座を通り過ぎて、銀座まで行き、そこで喫茶店に入って一休みして、解散としました

久しぶりに、学校や周辺が見られて、懐旧談に花が咲きました。

魚鱗癬(魚鱗せん)の赤味、痒みが消えた

魚鱗癬(魚鱗せん)の赤味、痒みが消えた
2011.11

先日、東北から、魚鱗癬(ギョリンセン)の二歳の男の子が、両親に連れられて、昭和薬局に来ました。

魚鱗癬(魚鱗せん)は、個人差がありますが、皮膚の一部がウロコ状になる病気です。
大部分は、遺伝的なものです。
多くは、性染色体であるX染色体にある遺伝子の異常で、劣性遺伝です。
それで、患者さんの多くは、男性です。
しかし、少数派ですが、性染色体に関係なく遺伝するタイプの魚鱗癬もありますので、女性もいます。
魚鱗癬とアトピー性皮膚炎は、違う病気ですが、似ている面もあります。
或いは、アトピー様を併発するのかもしれません。

実は、このお子さんには、以前からお手入れ用のローションやクリームを送っていました。
3.11の東北の地震のとき、無事なんだろうか、どうなったのだろうか、と心配しました。
しかし、秋になってから、お母さんから電話がありました。
皆さん無事だったとのことで、ほっとしました。

さて、11月に東京方面に出てくることになったので、ついでに当店に寄ってくれるとの連絡を受けました。

どのような様子か、直接見てみたいということと、
スキンケア(お手入れ)したら、どのように変化するかを、
   確かめたかったので、心待ちにしていました。

今回のお子さんは、足に魚鱗癬(ギョリンセン)があり、痒いので掻き壊して、湿疹様になっている部分もあります。
腕のかなりの部分も赤く、痒みがあるようです。
顔の大部分も赤く、痒みがあるようです。アトピー性皮膚炎に似ている感じでした。

スキンケアは、妻(満里)が、反応を見ながらしています。
スキンケアは、ローション、クリーム、漢方の軟膏などを反応を見ながら、組み合わせていきます。
今回は、まず足のほうから、スキンケアをして見ることにしました。
通常ですと、クリームを塗ってからローションを塗るのですが、ローションを嫌がりました。
魚鱗癬のお子さんの肌は、冷えていて、また乾燥しています。
この時期ですから、ローションが冷たいので、嫌がったのだと思います。
それで、ローションは使えませんでした。

足のスキンケアをしている頃は、いやがったのですが、腕のスキンケアをする頃には、あまり嫌がらなくなりました。
面白いことに、嫌がるものと、嫌がらないものとがありました。

魚鱗癬  画像   ⇒
d0096268_19405627.jpg




最後に、一番難関の顔のスキンケアに取り掛かりました。
やはり、顔を触ろうとすると、嫌がって泣き出しました。
始めに、あるオイルを塗りました。
これは、肌に潤いを与えるだけではなく、痒みが軽くなることが多いオイルです。
すこし、あるオイルを塗ってから、その上にクリームを塗ったり、ローションを塗ったりしました。
その間も、嫌がっていました。
そのうちに、泣き止みました。
おそらく、お手入れした部分の痒みが取れたので、嫌がらなくなったのでしょう。
それから、嫌がったりする時と嫌がらない時があるようになりました。
そこで、妻が、子供さんに、どれ(オイル?ローション?クリーム?軟膏?)がいいと聞きながら、スキンケアを続けました。
すると、こっちがいいと、泣きながら、指差すようになりました。
「どっち?」
「こっち!」という感じです。
そうこうしているうちに、顔のスキンケアが、終わりました。

少しして、全く痒がらなくなりました。
顔の赤味が消えて、普通の肌の色になりました。

また、一番肝腎の魚鱗癬(魚鱗せん)のある足も、痒みがなくなり、赤味も消えています。
魚鱗癬の部分も筋の色が薄くなっています。
一度で、これくらいきれいになりましたので、続ければ、ほとんど薄くなると思います。
別な、お子さんは、お母さんががんばって、ほとんど見えない状態になっています。

今回は、正に、本人と相談しながらスキンケアでした。
それにしても、しっかりした受け答えの出来る二歳のお子さんでした。
反応の仕方が、子供ですから正直な反応で、面白いことでした。
泣きながら、あっちがいい、こっちがいいでしたから。
遠いから難しいでしょうが、また、会ってみたいですね。


埼玉県  朝霞市、志木市、新座市、和光市で36年
朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚

埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

母乳と赤ちゃん(乳幼児)のアトピー性皮膚炎

母乳と赤ちゃん(乳幼児)のアトピー性皮膚炎


先日、相談にこられた方から、本人の病気についての相談が終わってから、
ついでに、孫のことも、相談したいといわれました。

娘さんに赤ちゃんが生まれて、二ヶ月だとのことです。
上に、小さい子が二人います。
肌が赤く湿疹様で、可哀そうだとのことです。
お医者さんから、アトピー性皮膚炎かもしれないといわれたそうです。

聞いてみると、特に娘さんには、アトピーなどはないようです。
母乳は、よく出るので、100%母乳で育てているそうです。
(ここに、ヒントがあると思います。母乳が、その内容によっては、絶対にミルクより良いとは限りません。)

アトピー性皮膚炎は、遺伝的・内的な素因と、食生活、生活習慣、ストレスなどの後天的・外的な素因から発症します。

1、遺伝的なもの
の両親について聞きましたが、乳児期にアトピー性皮膚炎が発症するほど、アトピー、アレルギーの素因は少なそうです。

2、生活環境
上に、二人の子供さんがいますが、二人とも、特にアレルギーらしいのは見られません。
すると、アトピー性皮膚炎が発症するような環境ではありません。

3、食生活
乳幼児ですから、アレルギー、アトピーを引き起こすような食べ物、漢方では、皮膚にトラブルを起こしたり、アレルギー、アトピーを誘発するものを発物(はつもの)といいますが、それを食べることもありえません。
母乳だけですから。
すると、母乳の中身に、何か理由がありそうです。
発物には、甘いもの、刺激物つまり辛い食べ物、揚げ物などがあります。

さて、こんな話をしたところ、娘さんは、育児ストレスで、この甘い食べ物などを食べまくっているそうです。
そういえば、娘がやけ食いした後に、赤ちゃんのアトピーがひどくなるような気がするとのことでした。

とりあえず、赤ちゃんですので、スキンケア化粧品をお渡しして、様子を見てもらうことにしました。
(こんな小さい子に、飲み薬は使わない方が良いというのが、当店の考え方です。)
また、娘さんには、食べ物に注意するように言うことにする、ということになりました。

追記:アレルギー性鼻炎の人が、最近増えてきています。
漢方薬とともに、食べ物についても話をします。
すると、大抵の方が、エエーっといます。
悪くするものは、その人が好きなものが多いのですね。
しかし、食べ物に気をつけていくと、アレルギー性鼻炎が軽くなったり、中にはすっかり出なくなってしまう人もいます。
食べ物と、アレルギー、アトピー性皮膚炎は、関係があります。
食べ物や、生活習慣などに、気を配らなければ、改善しません。



アトピー性皮膚炎でお悩みのかたへ。

アトピー性皮膚炎の改善には、問題点を探って、対策を立てることが、大事です。
また、スキンケア(お手入れ)も大切です。場合によっては、漢方薬と組み合わせる必要が有る場合もあります。
そういうことですので、一度は、直接昭和薬局にご来店ください。
時間によっては、対応できないこともありますので、
あらかじめ、日時についてご連絡ください。


埼玉 朝霞で36年 漢方相談
朝霞の漢方    昭和薬局    薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106   TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

 ホームページは    http://www.saitamakanpo.com/
埼玉漢方ドットコム  サイタマカンポードットコム

右の乳ガン、左の乳ガン

右の乳ガン、左の乳ガン

以下の文は、2008年2月3日に、土橋重隆先生の講演で聞いたことをまとめたものです。

もともと、自分のために まとめたものですが、なかなか示唆に富む内容なので、皆さんに紹介します。

土橋重隆先生には、何冊かの著書があります。
『ガンをつくる心、治す心。』
 『ガンを超える生き方』
  『病気になる人、ならない人』など

講演のなかで、こんなことを言ったら、医者の中での立場が悪くなるかな、というような部分があります。
しかし、ご本人がこのようなことを、著作の中で述べているので、先生のおっしゃったことを、そのまま紹介します。
ただし、特に激しい部分は、カットしました。

ご自分の健康を、守るためにも、以下の文は、冷静に読み取ってください。
自分や家族の健康は、誰かが守ってくれるのではありません。
自分の健康は、自分自身が守るしかないのです。


 私自身(鈴木)は、といえば、先生の考え方に 80%位は賛成です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

始め、外科を志す。
1981年、関西で最初に、
食道静脈瘤内視鏡手術を行う。
1991年、和歌山県で最初の
腹腔鏡下胆嚢摘出手術を行う。

ある時点で、人間のできる技術は、終わった、と感じた。
周りを見渡すと、病気は治っていない。


医者には、3種類の人がいる。
1.大学教授のような、研究者
2.経済に重きを置く人。
3.今の医療でよいのかと悩む人。
現状に疑問をもつのは、少数派。土橋先生は、この少数派。

人間は なぜ、病気になって治る人と、
            治らない人とがある
のだろうか。 

 なぜか?



2000年、埼玉の終末医療の帯津三敬病院に移る。
(現在は、三鷹の三多摩医療生協国分寺診療所)

院長から、自由に何をしても良いといわれる。 
 入院患者の 8~9割   進行ガン
患者さんに インタビューした。
患者さんは、(治るだろうと)勘違いして来る。
院長帯津先生の著書を見て来る。(帯津先生は、多くの本を書いています。)
乳癌が圧倒的に多い

何か、その人の人生と、病気(ガン)との間に、
関係があるだろう という前提で、研究し始めた。
その人は、どんな人なのかを聞いた。
しかし、いろいろな話で、わからなくなった。
   そのうち、あきらめた。

そうしたら、  
右の乳ガン、左の乳ガン  
の差に、気が付いた。
今は、少し話を聞けば、どちらか わかる。

医者は予防する気はない。
医者は 人は病気になるという前提で見ている。

悲惨なガン死を見たりして、  
 予防できないかと、考えた。

生活史と病気が関係

ある時、病院に 乳癌の患者が来た。他の先生が診察。
  婦長に、学校の先生か とつぶやいた。
その後、婦長が飛んできて、本当に学校の先生でした と驚かれた。

(皆さん)右と、左の違いを、聞きたいでしょう?
これからの話は、現役で働いている人の話。老人、若い人のガンは除きます。

左の乳癌:こういう話が理解できる。
マジメ。急に仕事量が増えた。
仕事のピークは、診断の半年前。
強烈な負荷がかかる。
     「先生、あの時のあれが」という。

真面目な人がガンになる。


右の乳癌:男性的、理論的
     聞いてもわからない(原因が思い当たらない)。
納得できない。  と言う。
     
何も悪いことをしていないのに、なぜ。 と言う。
     自分の 思う通りにいってない人。
     10~20年間 ガマンしていた。     職場より、家の中。8割位。

話し方、タイプが違う。

(ガンやその他の病気は、)治療より予防が必要。
ライフスタイルを変える必要。

医者は、治すことを目標にしてはいない。
     診断するだけ。
治療法は 決まっている。
          治らなくてもよい。
医者は楽。 治る治らないは 関係ない。
  治療をすればよい。
  治らない方がよい。 特に、生活習慣病。

生活習慣病は、
その人が、心を入れ替えたら、治ってしまう。

医者は、
ガンは治せないというのが、スタート。
医者は、やることが違う。患者に対してと、自分や身内に対してとは、ちがう。
患者には、ガイドラインに沿ってやる。
常に自分を守るというベースがある。

抗ガン剤で治るガンはない。
皆さん、抗ガン剤で治った人を見たことがありますか?
  (だれも、挙手しない。)
治ったのを、見たことがないでしょう。
私も、見たことがない。

抗ガン剤が効くとは、ガンが半分になって、4週間持続すれば、効いたとされる。
そのあと、大きくなろうが関係ない。

最近、インフォームドコンセントということが、言われているが、
あれは、言い訳のため。
何があってもいいように説明する。
先生自身も、昔は、言い訳の説明をしていた。
こんな医療では、だめ。
診断そのものを変えるだけで、よくなることがある。


大腸の下部のガン。お金で苦労。
胃ガンの原因はシンプル。

生き方を変えただけで、
治った例は、たくさんある。

例:右の乳癌 健康診断で見つかる。
教育ママ。子供を東大に入れたい。
しばらく入院してから帰宅。
久しぶりに、風呂に入り、気分がよくなり、もう東大に入れると言うのは、どうでもよくなった。
それから、良くなった。

あきらめることが大事。
治った人の共通点としては、治そうとした人ではない。

体験談は、あてにならない。
どんな気持ちで、薬などを飲んだのかが大事。
開き直りが大事。


西洋医学は、修繕と管理。
西洋医学は、修繕はたいへん優れている。
西洋医学は、病気を治しているわけではない。
治すのは、自分(の力で)だけ。

これからは、御用達(一人一人に合った、という意味でしょう)の医療


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

,