<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃」について その3  

「産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃」について その3  

先日の、NHKの番組、クローズアップ現代
「35歳を超えると妊娠が難しくなる」
「知れていなかった卵子老化の衝撃」に対して、
まだまだ波紋が広がりが続いているようです。

前回は、40歳での体外受精での成功率についての試算をしてみましたが、
体外受精については、否定しているわけではありません。
ある程度以上の年齢になったら必要でしょう。
しかし、ただ卵子を取り出して、受精させて子宮に戻すだけでは、うまくいきません。
また、何度も体外受精をするのは、経済的にも大変でしょう。
何回も体外受精したが、うまくいかなかった、ということはしばしば聞きます。
こういう時に思うのは、大事なことが半分抜け落ちているのではないか、ということです。

技術的なこととは別に、
母体の状態を良くする事と、卵子を良くすることです。
そうすれば、妊娠出産の確率は、上昇します。
母体が整っていれば、胎児は着床して育っていきます。

卵子が良い状態でなければ、受精卵を子宮に戻しても良く育ちません。
また、母体の状態が良くなければ、胎児は栄養不足で育ちません。

別な角度から、見てみましょう。
植物を育てて、花を咲かせることを例にとりましょう。

ここに、優良な花の種と、少し劣った花の種があるとします。
1、優良な種を、良い土壌に植えて、水や栄養の管理をしっかりする。
    → よい花が咲きます。
2、優良な種を、悪い土壌に植えて、水や栄養の管理をいい加減にする。
    → その草そのものが枯れてしまうか、よい花が咲きません。
3、少し劣った種を、良い土壌に植えて、水や栄養の管理をしっかりする。
    → 上手な人が育てれば、よい花が咲きます。普通の人でも、そこそこ良い花が咲きます。
2、少し劣った種を、悪い土壌に植えて、水や栄養の管理をいい加減にする。
    → 花が咲くどころか、その草そのものが枯れてしまうでしょう。

種を卵子もしくは受精卵、土壌を母体・子宮内膜、花を胎児と置き換えれば、どうすればよいかの答えが出てくるでしょう。

番組(NHK クローズアップ現代)では、35歳を過ぎると卵子が老化して、妊娠出産が難しくなると、いっていました。
若い人に対しては、早く子供を作れということでしょうが、もうすでに過ぎている人にとっては、何の意味もありません。
年齢そのものを若くすることはできませんが、体の状態を良くすることは可能です。
母体を良くして、良い卵子が出来るように、と発想法を切り替える方が、建設的ではありませんか?

当店では、去年、 こんな妊娠例があります。

40歳で妊娠した例です。

当店に来た理由というのは、こうです。
これまで、高度不妊治療を受けていて、2,3回体外受精に失敗したそうです。
それで、母体を調えようと来店しました。
漢方薬とタンポポエキスとを組み合わせて、数ヶ月で妊娠しました。
もちろん、体外受精と組み合わせてです。

母体を良くすることを、心がけることも必要ではありませんか?


埼玉県  朝霞市、志木市、新座市、和光市で37年  漢方相談薬局
                 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106  
朝霞の漢方   昭和薬局   薬剤師  鈴木 覚
          TEL  048-473-7830  FAX 048-473-7332

サイタマカンポウ ドット  コム     埼玉漢方ドットコム
 http://www.saitamakanpo.com/

「産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃」  と体外受精の成功率   ~その2~

「産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃」  と体外受精の成功率   ~その2~


先日のNHKの番組、クローズアップ現代で「35歳を超えると妊娠が難しくなる」「知れていなかった卵子老化の衝撃」に対して、波紋が広がっているようです。


体外受精の成功率


このことについて、以前調べてもらいましたが、どこにも正確な情報がないとの答えでした。
それが、今回はNHKの「クローズアップ現代」の「産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃」 で、
体外受精の成功率は、
35歳で16.8%、
40才で8.1%   の出産という数字が出ました。

体外受精一回あたりの成功率は出てきていません。
また、何回体外受精した結果なのかもはっきりしません。

体外受精を何回したら、何%の確率になるのかということが重要だとは思うのです

そこで、
40才で8.1% の出産という数字を基に、
40歳での、体外受精1回あたりの確率を計算してみましょう。

1回の成功率が10%、5%、3%、2%、1%で試算してみます。
(下3ケタ以下は、切り捨てで計算。)

10%の場合・・・最終的な成功率が8.1%なので、10%ということはありえません。

5%の場合、1回目の体外受精で5%が成功。
        2回目では、5%+(100-5)×0.05%=9.75%が合計で成功

3%の場合、1回目の体外受精で3%が成功。
        2回目では、3%+(100-3)×0.0 3%=5.91%が 合計で成功
        3回目では、5.91%+(100-5.91)×0.03%=8.89% が合計で成功

2%の場合、1回目の体外受精で2%が成功。
        2回目では、2%+(100-2)×0.02%=3.96%が合計で成功
        3回目では、3.96%+(100-3.96)×0.02%=5.88% が合計で成功
4回目では、5.88%+(100-5.88)×0.02%=7.76% が合計で成功
        5回目では、7.76%+(100-7.76)×0.02%=9.60% が合計で成功


1%の場合、1回目の体外受精で1%が成功。
        2回目では、1%+(100-1)×0.01%=1.99%が合計で成功
        3回目では、1.99%+(100-1.99)×0.01%=2.97% が合計で成功
4回目では、2.97%+(100-2.97)×0.01%=3.94%が合計で成功
        5回目では、3.94%+(100-3.94)×0.01%=4.90% が合計で成功



この数字を見ると、大変厳しい状態であることがわかりますが、
残念ながら、これが真実であると言えるでしょう。

私は、体外受精の成功率が低いからといって、否定したり、お勧めしない訳ではありません。
当店のお客さんでも、漢方薬と平行して体外受精を行い、妊娠された方も見てきました。



~その3につづく

*********************************

朝霞、志木、新座、和光で漢方薬局 37年
     昭和薬局    薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106 
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332 
 http://www.saitamakanpo.com/

「産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃」について   ~その1~

「産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃」について   ~その1~


先日のNHKの番組、クローズアップ現代で「35歳を超えると妊娠が難しくなる」
「知れていなかった卵子老化の衝撃」に対して、波紋が広がっているようです。

ツイッターや某掲示板で、そのことで波紋が拡がっていると聞いて、早速見てみました。
本当に、「35歳を超えると妊娠が難しくなる」「卵子老化の衝撃」などの言葉が、あふれていました。

しかし、35歳を過ぎると、妊娠しにくくなるのは、常識のはずです。
また、40歳以上になると妊娠率が非常に低下するのも、常識のはずです。
出演された先生は、当たり前のことを言っただけなのですが。

おそらく、何歳でも妊娠できると、軽く考えていた人が多かった、ということでしょうね。
だから、ショックを受けたということでしょう。
また、ある人は、自分の年齢と重ねて、妊娠できないのではないか、と心配になったということでしょう。
ある人にとっては、もう子供はできません、と宣告されたように受け止めたのでしょう。

こんな時には、「だから、早く結婚しろ。」と言い出すやからが必ずいます。
これから結婚するであろう若い人たちに言うのはいいでしょう。
しかし、35歳過ぎの人にとって、それは、なんの解決にもなりません。

では、どうすれば良いのか?と、発想を切り替えるべきです。
35歳を過ぎた女性で、妊娠したい人に、「早く結婚していれば・・・」といっても、
何の意味もありません。若くなることは出来ないのですから。
何か、有効な対策を立てるべきです。


卵子の老化への対応法


卵子の状態を良くすることをすれば、老化を食い止めることは可能だと思います。
適切な漢方薬を用いれば、良い卵子が作ることが可能でしょう。
卵子のもとは、もう生まれたときから、女性の体に用意されています。
それが、年齢と共に減っていきます。
卵子は、卵胞という状態で、待機しています。
そのうちの一部が3ヶ月かかって成長してゆき、排卵されます。

d0096268_1751259.gif
人間の年齢を若くすることはできません。
しかし、たとえば元気のない花の種でも、適切な肥料で土壌を整え、
適度な水、光、栄養をあげていけば、いずれきれいな花を咲かせることができるのと同じように、
母体の状態(土壌)を良くする事によって、卵子を良い状態に育てればよい、と思いませんか?




当店の例を一つ挙げます。

10数年前の出来事です。
48,9歳の時に、当店に不妊の相談に見えました。不妊治療を受けていて、何度も体外受精を行っていましたが、うまくいきませんでした。
当店では、漢方薬と、漢方食品をお勧めしました。
数ヶ月後、先生から良い卵子が採れた、といわれたそうです。
2,3回続けてよい卵子が採れたとの事です。
しかしながら、妊娠には至らず、その方は、50歳になったので、治療を中止しました。

反省点:卵子を良くする事は、比較的早く出来たのは良かったと思います。しかし、母体を良くする為には、年齢が高すぎた事、時間不足、強い力の漢方薬が不足していました。また相応しい漢方薬も品目が不足していました。



NHKの番組から見て取れること

最近の不振治療は、体外受精や、顕微授精など、技術的には大変進歩してきています。
しかし、卵子の老化を防ぐことは、今のところ不可能です。
なぜなら西洋医学的な不妊治療は、母体を良くするとか、
卵子の成長を助けるとかいう、発想法がありません。
(温灸など、東洋医学的な発想を取り入れている、不妊専門クリニックもありますが、あくまで例外です。)

しかしながら、ある程度以上の年齢の場合は、
西洋医学的な治療に加えて、母体を良くするために、
漢方薬、温灸など東洋医学的なものを組み合わせていけば良いと思います。



現実に、少数ながら、40歳過ぎでも、妊娠出産することがあるのですから!
あきらめずに、母体をそういう状態に近づければ良いのだ、とは思いませんか?




~その2に続く


*********************************

朝霞、志木、新座、和光で漢方薬局 37年
     昭和薬局    薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106 
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332 
 http://www.saitamakanpo.com/

明治大正における魚鱗癬についての記述  その1

明治大正における魚鱗癬についての記述   その1

魚鱗癬についての情報は、大変少ないようです。
一つは、日本においては、患者が少ないこと、
もう一つは、有効な治療法がないこと、
この二点からでしょう。
それに反して、中国語では、大変情報が多く、
皮膚病関係の書物、インターネットなどでも、魚鱗癬が魚鱗病の名で、しばしば見られます。
これは、古くから中医学が発達していたことと、中国人には魚鱗癬が多い、ということに起因しているのでしょう。

国外での 魚鱗癬についての初めての記述
魚鱗癬についての、国外での記述の始めについて、私の知る限りでは、以下の通りです。

中国では、早くも、「金匱要略」(後漢の張仲景:2世紀)に、「肌膚甲錯、肌若魚鱗」(キフはこうさくし、はだはギョリンのごとし)との記述が現れています。

恐らく、これが世界最古の、魚鱗癬についての記述でしょう。

イスラム世界では、「アヴィセンナ(980~1037)」が始めて詳述した、と「皮膚病学(筒井八百珠先生著)1911(明治44年).5」にはあります。
西洋では、「ラーツェス氏(不明)」とこれまた「皮膚病学(筒井八百珠先生著)1911(明治44年).5」にはあります。

日本での 魚鱗癬についての初めての記述

それでは、日本ではいつごろから魚鱗癬についての記述があるのだろうかと思い、調べてみました。
結論から言いますと、今のところ分かりません。
しかし、意外な事に、明治時代の皮膚関係の書物に、多くの「魚鱗癬」についての記述を見つけましたので、幾つかを紹介します。
原文の多くは、古風で解りにくいので、原典の雰囲気を尊重しつつ、現代文に変えてあります。

注意
内容的には、古い時代のものであり、記述が正しいわけではありません。
また、魚鱗癬の治療法も書かれていますが、現在から見て正しい治療法というわけではありません
そうではあっても、資料があった方がいいでしょう。
何しろ、魚鱗癬についての資料が、あまりにも少なすぎますので、基礎資料として紹介します。
そのことを、念頭において、
   これから紹介する資料については、参考に止どめて下さい。

資料の出所はすべて、「国会図書館の近代デジタルライブラリー」からです。
これらは、本は、普通の書物であって、国会図書館にあり、電子化された物です。
ネット上の根拠のないものとか、何らかの意図を持った怪しい文書ではではありません。
「国会図書館の近代デジタルライブラリー」は、誰でも自由にアクセスできます。興味あるかたは、そちらも参照すると良いでしょう。ただし、読みにくいですが。

「通俗皮膚病顧問」 関藤治郎先生著
、崇文館、 明治40.3 (1907) より

魚鱗癬 
本症は、元来母の胎内にあって、すでに発症しているものなのだが、多くは常に1,2歳にして発症する。
そして、始めは、四肢の伸展側に発生し、その皮膚はざらざらしていて乾燥し、かつまた落屑する。
これを単純性魚鱗癬という。
其の他、鱗の屑が厚く層をなしているもの、雲母状で光沢があるもの等がある。

その発生部位としては、四肢及び躯幹の伸展側を侵害することが、もっとも多い。
頭部においては、フケが出ることだけの場合ある。
また、子宮内魚鱗癬、あるいは胎児魚鱗癬というのもある。
本症は、春期発動期までは増進するが、それ以降、病状は、通常は停止する。しかし、その形状は、退行するまでには至らない。

治療法:私(関藤治郎先生)は、まず 簡易な治療法として、温泉浴を勧めている。
      そのほか、普通に入浴して、鱗屑(りんそう)を除去するとよい。
      症状が局限している場合は、油剤緑石鹸(注:不明)を用いると良い。
処方:(1)レゾルシン 1.0g、グリセリン軟膏 50.0g
        患部に塗布する。
    (2)ナフトール  2.5g、ワセリン 50.0g
       ナフトールを適量のアルコールに溶解し、それをワセリンにまぜて混和して、軟膏にし、塗布する。


朝霞、志木、新座、和光で漢方薬局 37年
     昭和薬局    薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106 
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332 

子ブタの病気も冷えから   経の朝ズバッ より

子ブタの病気も冷えから

今朝(2012.2.8)、仕事前にテレビを見ていたら
冷えと病気に関する、面白い内容がありました。
「ものもんたの朝ズバッ!」で、業界新聞の紹介です。
畜産関係の業界紙(名前は忘れました)に、
あるマットを床に敷いたら、子ブタの病気が減った、との記事の紹介です。
子ブタは、寒さに弱く、
寒いと、下痢や胃潰瘍を起こすそうです。
床にあるマットを敷いたら、子ブタが下痢や胃潰瘍にならず、丈夫になった、という内容です。
子ブタが、そのマットの上に集まって寝ている写真もありました。


このことから、わかること。
下痢は、冷えから来ていることがわかります。
又、意外な事に、寒さからも胃潰瘍になっています。
寒さが子ブタにとってはストレスで、それが胃潰瘍を引き起こしていると解釈できます。

人間も、冷えから 胃や腸の病気になるということを、
子ブタが教えてくれた、ということでしょう。
冷えというのは、部屋の温度だけではなく、
体が冷えていても、(今はこちらが重要)様々な不調を引き起こします。

冷え症は、女性だけのものと思われがちですが、
男性にも、冷え症があります。
最近、去年位から男性の冷えに伴う相談を受けることが多くなりました。
精神的なことを伴うことも、多々あります。
温めたり、血流を良くする漢方薬で改善することが、しばしばあります。


さいたま  朝霞市・志木市・新座市・和光市で37年
    昭和薬局     薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

,