<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ホウキグサの種の薬用効果

ホウキグサの種の薬用効果
                             2013.1

一月も、もう終わりかかって、年末の大掃除の時期からは、だいぶ時間がたってしまいました。
年末の大掃除で、思いついたのは、ほうき草についてです。
ほうき草の薬効、効能効果について、書いて見ました。

ホウキグサ(箒草)というのは、その名のとおり、ホウキが作られたので、この名があります。
アカザ科の植物で、枝葉がよく茂り、これを干して、葉を落として束ねて箒を作りました。
このホウキグサの成熟種子は、「とんぶり」と呼ばれて、一部の地方では、食用にされてきました。

この種子の漢名を「地膚子(ジフシ)」といいます。
気味は、甘く、やや苦いとされています。
主に、腎や膀胱経に働き、利尿、解熱などの作用があります。
また、清熱(体の熱を取る)、利湿(余分な水分を排泄する)の効能があり、特に湿熱型(熱がこもり水分代謝が悪い)のかゆみに良いとされています。
具体的な病名にすると、ジンマシン、接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、急・慢性湿疹、皮膚掻痒症などの皮膚のカユミに有効だという。

さて、日本での民間の薬用は、梅村甚太郎先生の「民間薬用植物志」によれば、以下の通りです。

ははきぎ
別名「ははきぐさ」、漢名「地膚(ジフ)」。タデ科の一年草。
 ●子実を煎服すれば、赤白痢を治す。
 ●淋疾には、葉をつき潰して、その汁を服用すれば効果がある。或いは、水で煎じて服用するのも良い。
 ●淋疾には、地膚子、紅藍花、木通、蚕砂各等一分に合せ。その二匁ばかりを、水にて水で煎じて服用するのと良い。
 ●又、地膚子(ジフシ:ほうき草の種子)大量、檳榔子(ビンロウジ:ビンロウの実)中量、芍薬少量、右三味を混ぜて、三匁ばかりを一服分として、水で煎じて服用するのも良い。
 ●疝気(センキ:差し込むような痛み、腹痛など)が急にせまるには、地膚葉をよく搗きつぶして、その汁を飲むと良い。
 ●子実は、煎じて服用すれば利尿して、脚気、水腫に効がある。
 ●九州地方にては、子実を煎服して乳腫を治すのに用いる。
 ●頭風のいたみには、地膚子と生姜とを混ぜて、粉にして、酒に和して服用すれば汗が出て治る。
 ●体中にイボが出てきたのには、地膚子、白礬の同量をお湯で煎じて何度も患部を洗うと良い。
 ●葉を煮て食べれ下痢を治し、悪瘡の毒を解す。
 ●夜盲症には、子実を煎じて、目を洗うと効果がある。
 ●目の中が、熱くて昏くてものが見えにくい時には、地膚の苗並びに、葉を煎じた汁で目を洗うか、又は、つきしぼった汁で洗うと良い。

ホウキグサというと、箒の材料、トンブリの実と、いう感じが強いのですが、
意外に、薬理作用がありますね。


朝霞の漢方  昭和薬局   
薬剤師 鈴木 覚
朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

若返って、今年は、ポリープが消えた!

若返って、今年は、ポリープが消えた!
                                      2013.1.23
先日、お客さんが来店した時に、
こんな事を聞かされました。
その女性(50代女性)は、しばらく前から、
毎年検査の度に、胃にポリープが見つかったそうです。
その度に、ポリープを除去していたそうです。
ところが、去年の暮れの検査では、無かったそうで、大変嬉しかったとのことです。

では、去年とその前では、何が違うか、と言うと、
  漢方薬を飲み始めた事です。
パナパールともう一つです。
このパナパールが、ポリープを消したのかと言うと、そういうことではないでしょう。
「ポリープが出来ない体になった」
「作らせない体になった」、という事でしょう。

パナパールは、カタカナ名ですが、漢方薬です。
元気が無い、動くのがつらい、ボーっとする等、多彩な症状があって、もう一つの漢方薬と共に、飲んでもらいました。
少しすると、すっかり元気、多分、30代くらいの体力を取り戻しました。

ポリープの出来る原因は、わかっていませんが、元気な体、正常な体には、出来ません。
パナパールなどで、体が、本の元気な、正常な状態になったので、
  ポリープが出来なくなったのでしょう。

さて、
病気の治し方には、様々な方法があります。
◎直接その病気を治すという方法が、一般的ですが、
◎その人の体そのものをよくすれば、
  自分自身の免疫力で、病気を治したり、予防できるようになります。

どっちが、良いのでしょうかね?
予防の方が、良いに決まっていますよね。

例えば、
よく風邪をひく人がいます。
しかし、風邪をほとんどひかない人もいます。
何が違うかと言うと、体力、抵抗力、免疫力が違います。

風邪をひく度に、病院に行ったり、風邪薬を飲むより、
自分自身の体を、風邪をひかない体にした方が、良いのではありませんか?

志木市、朝霞市、新座市、和光市で38年
さいたま  朝霞の漢方   漢方相談薬局     
  昭和薬局   薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

乾燥ショウガを主剤とする鎮痛剤

乾燥ショウガを主剤とする鎮痛剤
                         2013.1.24

今朝、テレビのある番組で、生の生姜より、乾燥した生姜の方が、体を温める力が強いと紹介されていました。


生姜は、昔から、漢方薬には、繁用されてきていますが、ショウキョウ(生姜)とカンキョウ(乾姜)の二つがあります。
違いは、(日本では)根茎をそのまま乾燥したものを「ショウキョウ(生姜)」、湯通し又は蒸したものを「カンキョウ(乾姜)」としています。
従って、生薬としての「ショウキョウ(生姜)」は、生のままの生姜ではなく乾燥した生姜ということになります。
生薬の「ショウキョウ」が、一般に言う「カンソウショウガ」で、ややこしいことになります。
「カンソウショウガ」である「ショウキョウ」を、生薬として用いるのは、経験的に、生より乾燥させたものの方が、薬理作用が強いからでしょう。また、保存、携帯に便利だからでしょう。

ショウキョウそのものの薬効は、鎮咳作用、健胃作用があるとされていますが、
少し前の民間療法では、多方面にわたって利用されていました。
詳細は、
http://showayakyk.exblog.jp/11820362/
を、見てください。


当店、昭和薬局では、薬局製剤を作っています。
「ショウキョウ」等の生薬を成分とした、鎮痛剤を作っています。
胃に優しく、穏やかに効き目が現れます。

昭和薬局 解熱鎮痛剤7号A
< 効能又は効果 >○ 頭痛、歯痛、抜歯後の疼痛、咽喉痛、耳痛、関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛、  肩こり痛、打撲痛、骨折痛、ねんざ痛、月経痛(生理痛)、外傷痛の鎮痛 ○ 悪寒、発熱時の解熱
< 用法及び用量 >大人(15歳以上) 1回 1.5g 1日3回を限度とし,なるべく空腹時を避けて服用します服用間隔は4時間以上おいてください

【成分・分量】 (本品3包中)
日本薬局方  イブプロフェン       0.45g   
日本薬局方 カフェイン         0.2g  
日本薬局方  ケイヒマツ(桂皮末)    1.0g  
日本薬局方 ショウキョウマツ(生姜末) 0.3g    
日本薬局方  カンゾウ(甘草)      1.0g    
日本薬局方  デンプン・乳糖又はこれらの配合物   適量

         全 量     4.5g

このように、生姜(ショウキョウ:ジンジャー)以外にも、桂皮(ケイヒ:肉桂:シナモン)、甘草(カンゾウ:リコリス)が配合されています。
この3つとも、生薬であり、食品・スパイスでもあります。
食品で、鎮痛などの薬理作用があるのなら、安心で、大変良いことではありませんか。



朝霞市、志木市、新座市、和光市で38年   日曜祭日休業  
朝霞の漢方  昭和薬局     薬剤師 鈴木 覚
 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106   
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332


埼玉県薬剤師会会員。朝霞地区(朝霞市、志木市、新座市、和光市)薬剤師会会員。朝霞市商工会会員。

朝霞の漢方  昭和薬局のお客様は
◎以下のような地域から、多くご来局頂いています。お気軽にご相談においで下さい。
埼玉県朝霞市、志木市、新座市、和光市、富士見市、三芳町、川越市、川口市、所沢市さいたま市(旧  大宮、浦和、岩槻、与野)、
東京都練馬区、板橋区、北区、豊島区、清瀬市

◎ご相談をよくいただく病気その他
美容 :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエット
腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎
痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、冷え性、生理痛、生理不順、

◎「日本体質改善研究会」会員

伊勢神宮に行ってきました

伊勢神宮に行ってきました

1月の13日14日 に伊勢神宮に、ツアーで行ってきました。私たち夫婦と娘の三人です。
我が家には、ヒナちゃん(ウサギです)がいるので、皆で出かけることが難しいのですが、今回は、何とかして出かけました。
伊勢神宮は、一度は行って見たい、と思っていましたが、時間もないし、まあ行くことはないだろうと思っていました。
ところが、妻が、去年の暮れに、伊勢神宮に行こう、と言い出しました。まずホテルを探したら、今年は、伊勢神宮の遷宮の年とあって、見つからなくて、そのうちにパック旅行の方が、安いし、自分で考えて行動をしなくてもよいのに気がつき、手軽そうだ、と申し込みました。
ですから、私は、伊勢神宮に行くことだけしか知りませんでした。、

13日の朝の6時半に東京駅に集合、翌14日の夜10時過ぎに東京駅着という、強行軍でした。
旅行代は、一人2万6000円くらいでした。
これは、個人で行った場合の交通費くらいです。ホテル代込みで、この価格ですから安いものです。

東京駅で新幹線に乗り、愛知県の豊橋駅で降りました。豊橋は、マイナーな地方都市ですが、町の感じに、なにか豊かさが感じられました。
そこからバスで、伊勢に向かいますが、途中で、豊橋稲荷に参拝しました。
日本三大稲荷とあって、参拝者が多く、にぎわっていました。境内には、願い事を書いた旗が、ズラッと並んでいて、壮観というよりは、不思議な感じがしました。

d0096268_17133282.jpg


d0096268_17134325.jpg


d0096268_17135532.jpg

豊橋稲荷参拝がコースに組み込まれているとは知らなかったので、得した気分でした。


それから、高速道路で、伊勢に向かったのですが、途中で立ち寄った刈谷サービスエリアでは、外の入浴施設や観覧車のあるレジャー施設と一体となっていました。また、トイレがズイブンお金がかかっているなと思いました。バスに戻ると、ツアーの添乗員が、ここのトイレは、ウン億円もかかっていて、このサービスエリアの売りとなっているのだ、と説明しました。道路公団では、最近旅行途中の休憩所ではなく、旅行の目的となるような、サービスエリアを作り始めているそうですが、まさにこの刈谷のSAがその一つの様でした。
サービスエリアを出て、伊勢に向かいましたが、途中で、名古屋港を通過しました。名古屋港の様子は、東京港や横浜港とは、だいぶ様子が違っていました。工場と、出荷される自動車が目立ちました。名古屋、愛知は、輸出する製造業が強いのが強く印象に残りました。

そのうち、伊勢神宮の外宮に着きました。
実は、外宮がコースに組み込まれていることも知りませんでした。
外宮とはいえ、相当な敷地面積でした。

見終わってから、バスで、鳥羽のほうのホテルに向かいました。
ホテルは、元は会員制クラブのホテルのようで、古いが、まあ良かった。食事は、伊勢だったらイセエビということでしょうが、残念ながらこの価格では、イセエビは出てきませんでした。しかし、関東地区の温泉ホテルとは、違ったメニューがあって、これも良かった感じです。
ホテル内の土産コーナーが充実していて、しかも観光地価格ではなかったので、妻や娘は喜んでいました。

翌日は、伊勢神宮に参拝しました。ところが、運悪く、始めは雨だったのが、途中で、雪になってしまい、歩くのも大変でした。
1月のあの大雪の日でした、何日も雪が解けなかった、あの日曜日です。
また、遷宮年とあって、参拝客が大変多くて、みな当然傘をさしているので、それが歩きにくさに輪をかけていました。境内の広大さと、大きな木が多いのに関心しました。
聖地とあって、木も切られないので、このように大木が多くあるのでしょう。
d0096268_17181453.jpg


d0096268_17182967.jpg


d0096268_17183872.jpg



見終わってから、神宮に隣接している。門前町である「おはらい町」に行きました。
江戸末期の町並を模したという、門前町です。

お店を少し見たのですが、寒いので、喫茶店に入ろうとしたのですが、どこも込んでいました。ラーメンとコーヒーという、普通では見られない、ラーメン屋兼コーヒーショップ?で一休みしました。
入ったときは、お客さんが一人も入っていなかったのですが、私たちが入ったら、それが呼び水となったらしく、急に込みだしてきました。長居するのも、悪そうなので、店を出ました。

少し歩くと、飲食店の店頭で、「万金丹」を売っていました。「万金丹」は、基本的には、胃腸薬で、小さい丸剤です。あの、「鼻くそ丸めてマンキンタン」の「万金丹」です。面白そうなので、1000円のを買ってみました。買ってから、待てよ、薬の場合は、許可がいる、何か特例かなと思って、「万金丹」の袋をひっくり返してみたら、医薬部外品でした。おまけに、「万金丹」のど飴というのを何個かくれました。意外と美味しかったですね。
本物の薬局もありました。古めの薬と配置薬(置き薬)など、レトロな感じの薬を中心に並べていました。昔、当店でも扱ったような薬、たとえば、日野百草丸、首から上の薬等がありました。それらを、普通の薬局に並べたら、いかにも古くさくなりますが、伊勢の昔風の商店街だと、実にあっている感じでした。
d0096268_1721562.jpg


[#IMAGE|d0096268_17211875.jpg|201309/07/68/|mid|432|324

d0096268_17212680.jpg


そうこうしているうちに「おかげ横丁」の前に来ました。一見昔風だが、実は、最近昔風に作った、要するに、テーマパークです。しかし、よく出来ていました。
売っているものも、いかにもお土産ですといったものではなく、値段も高くなく、食品も、地場のものがほとんどで、関東では見ないものが多いかんじでした。ここでも、妻と娘は気に入って、色々と買い物をしていました。

帰りの集合時間まで、大分あったのと、雨宿りの目的半分で、芝居小屋風の外観の「おかげ座」に入りました。伊勢参りについでの、映像と人形、ガイドの組み合わせでの解説でした。そこに入って、ガイドに質問して、初めて、江戸時代に伊勢参りが、なぜ大流行したのかの疑問が解けました。
江戸時代、数十年ごとに、数百万人の人が、伊勢神宮に参詣しましたが、旅費は?食事は?どうしていたのだろう、と不思議に思っていました。江戸時代の人口は約3000万人でしたから、実に10%以上の日本人が、短期間に伊勢参りをしていることになります。伊勢参りの旅費を出せる豊かな家庭は、それほど多くなかったはずです。
ガイドにそのことを質問しました。するとこういうことでした。伊勢神宮の門前町は、神様のお膝元とあって、税金が免除されていた。また、伊勢参りのおかげで、門前町は、豊かで潤っていた。そこで、社会に利益を還元するということで、何十年かに一度、門前町では、握り飯などを無料で配ったり、旅籠も無料で旅人を泊めたりした。江戸時代は、国民の移動は、厳しく制限されていたが、伊勢参りだけは、ほぼ自由に通行手形を出してもらえた。
それで、子供たちまでもが、伊勢を目指した。そういうようなことで、何十年かに一度、伊勢参りが爆発的に起こった、ということだそうです。
もっと細かいことはありますが、江戸時代の「伊勢参り(お蔭参り)」というものは、
要するに、需要を喚起し、ときどき大バーゲンセールを行い、非日常的な楽しみを提供し、かつまた、神聖なるものと俗なるものを組み合わせ、大当たりをしたビジネスモデルであったことが、わかりました。
そうしてみると、伊勢の商人たちは、江戸時代に、「テーマパーク」を日本で最初に作って、実にうまく運営してきたわけです。始めに、「おはらい町「「おかげ横丁」を「テーマパーク」だと思ったのは、見当はずれでなかったということでしょう。

その後に、神宮の前の駐車場で、集合して、バスで、豊橋に向かい、豊橋から新幹線に乗り、雪のために、多少遅れて、午後10時半東京駅に戻りました。
強行軍でしたが、

いわゆる、パック旅行は始めてだったのですが、意外といいなあとの感じがしました。

朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師  鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

,