<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

紫根(シコン:ムラサキ草の根)の効能効果・薬効  その6

紫根(シコン:ムラサキ草の根)の効能効果・薬効  その6

紫根の医療現場での応用

昭和薬局では、紫根入りの漢方の軟膏を、アトピー性皮膚炎を含む、多くの皮膚病に使っています。
また、紫根エキスの入っている化粧品を、ブームになる前から推奨していました。
病院薬局での処方集を見ていたら、珍しい紫根を使った、「うがい薬」に、目が留まりましたので、紹介します。
紫雲膏、赤色ワグラスD軟膏は、口内炎にも良く効きますので、ウガイ薬に応用しても、おかしくありません。
むしろ、よい所に目をつけたと思います。

現在、紫根は、医薬品としては、主に、外用の漢方軟膏の成分として用いられています。
紫根を成分とした内服の漢方薬は、ほとんど用いられていません。
どちらにしろ、薬局で売られているのみで、病院で用いられることは、大変まれです。
しかし、大変珍しいことですが、病院で、うがい薬として用いられている例があります。
「病院薬局日本製剤2008 日本薬剤師会編集」に、こんな興味深い例があります。
鳥取の赤十字病院で、独自の処方として製造使用されています。

製剤企画の動機として、薬局からの提言とあります。恐らく、漢方の知識のある薬剤師が、紫雲膏を元に、うがい薬を考案したのでしょう。
考案したのは、紫雲膏を作ったことがあり、使ったこともある薬剤師でしょう。
この紫根のうがい薬は、使ってみたら効果があったので、継続されて使用されたのでしょう。
参考までに、その処方を記しておきます。

名称:紫根含嗽液
処方: 紫根    19g
   当帰    19g
エタノール  190mL
カルメロースナトリウム{CMC-Na)   6g
甘草末      l.9g
キシロカインビスカス  20mL
精製水   全量 500ml とする。
調整法:①あらかじめ加温した精製水をミキサ-に入れ、攪拌しながらカルメロースナトリウムを加える。500mL容器に200mLの予製剤としておく。
②エタノールに紫根、当帰を30分程度浸し、赤紫色のエキスを抽出した後.専用荼こしでエターノールエキスをろ過する。
③ろ過液に情製水280mLを如え混和した後、水浴上にて全量が280mL以下になるまでエタノールを揮散させた後、放置冷却する。冷却後全量が280mL以下になった場合は、精製水を加え調整する。
④カルメロース(CMC)予製液200mLに、エキス抽出液280mL、キシロカインビスカス20mL、甘草末1.9gを入れよく混和し製する。

使用診療科:内科、耳鼻咽喉科、泌尿器科
適応:化学療法後の口内炎、疼痛を伴う広範な口内炎。
用法・用量:1日3回~4回、炎症、疼痛部位に接触させるように含嗽する。
製造量、製造頻度:1年に60本。月に二回。

以上の製法は、紫雲膏の製法と良く似ています。紫雲膏のうがい薬版といった感じです。
キシロカインを除けば、味は、不味くはありません。しかし、キシロカインには、局所麻酔作用があるので、この嗽薬は、口内をしびれさせますので、不味そうです。
内容的には、効きそうですが、一般には喜ばれないでしょう。
500mlのものを、年間60本製造していることから、それなりの成果をあげているのでしょう。

朝霞の漢方 昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

子供のスポーツと健康障害

子供のスポーツと健康障害
                           2013.4
スポーツは児童、子供の成長に良いと一部では信じられています。
しかし、間違ったトレーニングや不規則な生活習慣でスポーツを行うと、かえって発育段階の子供たちに障害をもたらします。
実際、中学、高校生のスポーツ障害が年々増えているようです。
このスポーツ障害は、「外科的(運動器)障害」と「内科的障害」の2つに大きく分かれます。

「外科的障害」は、繰り返し同じ動作を繰り返す「使いすぎ」によって起こります。
合理的ではない、いわゆる、奇妙な根性による、無茶な指導がしばしば行われています。
高校のクラブの顧問の教師による、異常な体罰、女子柔道のコーチによる、パワハラ、セクハラ等、最近、スポーツの指導者による、暴力、パワハラが問題になっていますが、間違った指導法も強いていたのでしょう。
無駄な、ハードな練習、つまり、使われすぎがしばしば、行われています。
それが、使いすぎによる「外科的障害」の一因です。
発育途上の子供には、骨に骨端線という成長する部位があり、この部位が外からの圧力に弱くなっています。
また、筋肉の伸びが骨の成長についていかず、アンバランスな状態になります。
それで、疲労骨折や腱鞘炎、更には、膝の皿の下にある腱がはがれる病気を起こしてしまいます。

一方、「内科的障害」には、“急性”と“慢性”に分かれます。
急性の内科的障害は、過呼吸症候群や心停止、動脈瘤破裂、熱中症などがあります。
特に熱中症は新聞報道でも取り上げられることが多い障害です。
夏の炎天下に、水や休養も取らずに(または、取れずに)激しい運動をすると起きます。

慢性の内科的障害には、貧血や不整脈、慢性疲労、不眠症、消化性潰瘍などがあります。
中でも貧血(スポーツ貧血)は、日頃の生活習慣と深く関係しています。
スポーツ貧血は、持続力を要求される運動で酸素を身体に運ぶためにより多くの鉄分が必要になったり、踏み込みの多い運動で赤血球が壊れるなどさまざまな原因で起こります。
そのため、一般の大人の鉄分必要量は1日10~15mgですが、スポーツをする人は30~40mg必要になってきます。
しかし、若者や子供たちは、朝食を抜いたり、ジャンクフード、ファーストフードばかりを食べるといった偏った食生活をする傾向にあります。
どうしても鉄分が不足し、スポーツ貧血を引き起こしがちです。

このように、スポーツをするのにも、日頃の生活を考えた上で、やりすぎないようにすることが大切です。
また、根性ばかりを強調する、科学的でないスポーツ指導者に子供を託すのは、考え物です。
適度な

朝霞市、志木市、新座市、和光市で38年
朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

春の病は、肝にあり

春の病は、肝にあり

先日、続けて、春病在肝(はるのやまいは、かんにあり)ということを実感しました。
一人は、今年大学に入った男子大学生のお母さん、次は今年高校に入った男子高校生、
次は、今年高校に入った女子高生とお母さん。
登校拒否や不安、無気力、乏力、それに伴う胃腸症状(過敏性大腸症候群)などで、相談に見えています。

漢方の古典である「黄帝内経(こうていだいけい)」は、季節と、健康、病気の関係を重視しています。
「春の病は、肝にあり」という文の元になったのは。
「東風生於春。病在肝。兪在頸項。・・・故春氣者、病在頭。」
「東風は、春に生ず。病は、肝にあり。 兪(ユ:ツボ)は頸項(ケイコウ:首)にあり。
・・・故に、春の気、病は頭にあり。」
より来ています。

漢方では、いらいら、不眠、うつ、精神不安などは、肝に関係あるとしています。
春は、進級、進学、入社などで、心の問題が生じやすい季節です。



東風生於春。病在肝。兪在頸項。
   東風は、春に生ず。病は、肝にあり。 兪(ユ:ツボ)は頸項(ケイコウ)にあり。
南風生於夏。病在心。兪在胸脇。
   南風は、夏に生ず。病は、心にあり。 兪(ユ:ツボ)は胸脇(キョウキョウ)にあり。
西風生於秋。病在肺。兪在肩背。
    西風は、秋に生ず。病は、肺にあり。 兪(ユ:ツボ)は肩背(かたせ)にあり。
北風生於冬。病在腎。兪在腰股。
    北風は、冬に生ず。病は、腎にあり。 兪(ユ:ツボ)は頸項(ケイコウ:首)にあり。

故春氣者。病在頭。夏氣者。病在藏。秋氣者。病在肩背。冬氣者。病在四支。


先日は、「春の病は、肝にあり。春の気、病は頭にあり。」ということを、
実感した日でした。

朝霞の漢方   昭和薬局   薬剤師  鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106 
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

なんちゃって制服

なんちゃって制服

なんちゃって制服とは、中学・高校の制服のように見える服装のこと。
社会現象、ビジネスとして少し前から、注目されています。
新潟の制服を販売製造している会社が、私服通学の女子高校生から、要望をうけてはじめたとのことです。
制服風の服装を作ったら大当たりし、原宿に支店を構えるようになって、更に広がり、いまでは多くのメーカーが作り、あちこちの店舗でも売られるようになりました。

今朝来店したお客様から、「娘は、今日からなんちゃって制服を来て、学校へ行ったのよ。」といわれました。
中高一貫校だが、中学には制服があって、高校には制服がないそうです。
しかし、なんちゃって制服を買ったそうです。

制服に対して、あれは、押し付けだ、いやだといので、いくつかの学校から制服がなくなりました。
しかし、制服がない学校に、入った生徒は、女子高生らしい服装として、
制服ににせた私服=なんちゃって制服を、着てみたいというのは、
大変面白いことです。


朝霞の漢方 昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

,