<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

便秘、下痢、軟便の悩み  その3 便秘と肝機能

便秘、下痢、軟便の悩み  その3 便秘と肝機能 
                                       2013.10
 

多くの女性が、便秘に悩んでいます。
昭和薬局の相談のうち、便秘そのものの相談であったり、便秘を伴った症状であることが、多々あります。
この便秘が、肝機能を悪化させるということは、意外と知られていません。

肝機能を守るために 便秘は注意!

肝臓は「人体の化学工場」と呼ばれています。
栄養素の貯蔵や加工、脂肪の消化吸収に必要な胆汁の生成、老廃物や有害物質の解毒など、身体の中で非常に重要な働きをしています。

また、肝臓は、「沈黙の臓器」とも呼ばれています。
肝臓は、少しくらいの障害を受けても修復機能があり、ある程度まで再生する力があります。
それゆえ、自覚症状が現れにくく、知らない間に肝臓の病が進行してしまう、このこともよく知られていると思います。
肝臓病というと、日本では約8割がウイルスに感染して起こる“ウイルス性肝炎”であると言われており、その対策としては、主にウイルスを消滅させる方法がとられます。
ところが、最近になって、肝臓に脂肪が過剰に蓄積する「脂肪肝」の人が増えてきており、肝機能と生活習慣には深い関わりがあることが知られるようになってきました。
そして、肝機能を改善する上では、お酒を控えたり、食べすぎに注意したり、運動をしたりといったような、生活習慣に気を配らなくてはならないという考えが広まってきています。

一方、このような日常生活における注意点の他に、肝機能を回復していくために大切なこととして、便秘との関係はあまり知られていないようです。
便秘を起こすと、本来身体の外へ排泄されるべき有害物質が、腸から再び吸収されて肝臓に運ばれ、機能が低下している肝臓に負担をかけてしまうのです。
また、肝臓病を患うとともに便秘が長く続いた場合には、有害物質が血管を通って脳へと達し、肝性脳症を引き起こす恐れがあるとも言われています。
便秘といえば、痔や肌荒れ、不眠などの症状を招く原因になるとされていますが、肝機能にも影響を及ぼしてしまうというわけです。
つまり、肝機能に障害が起き、さらに便秘があるときには、その対策をとることが、肝機能を回復させるため、また悪化を防ぐためには、大切なポイントです。食物繊維を積極的に摂る、といった便秘解消の養生法も必要になってきます。
食物繊維をとるということは、単に便秘の改善だけではなく、肝機能の改善にもつながります。

また、重要なことをあらわすのに「肝腎」という言葉が使われています。
「ここがカンジン」「カンジンかなめ」「カンジンなこと」などなど。
このことは、肝臓と腎臓が互いに関係しあっていることを示しています。

肝臓病の治療に当たっては、肝機能と腎機能の双方から対策をとることは、必要ですが、肝臓と便秘の関係に対しても、注意を払うべきでしょう。

さいたま  朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師  鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

便秘、下痢、軟便の悩み その2 腸は、最も老化の早い臓器

便秘、下痢、軟便の悩み その2 腸は、最も老化の早い臓器
                              2013.10

人は、どの臓器から老化するのか

「人は、血管から老化する。」という、有名な言葉があります。

血管の老化は、血管の中身、つまり血液の老化から始まります。血液は、内容が良く、さらさらと流れが良かったら、血管は老化しません。血液の内容が悪ければ、血管壁に障害が起こり老化が始まります。

それでは、どの臓器から老化が始まるのでしょうか?
五臓六腑というように、われわれの体には、多くの臓器がありますが、全ての臓器が同じように老化するのではありません。早く老化する臓器もあれば、ゆっくりと老化する臓器もあります。

心臓は、休の各臓器に酸素を供給するため、1分間に5リットルの血液を送り出しています。心臓は、血液の出入りする臓器ですが、心臓そのものは、全体の5%しか血液を使いません。
又、高度な知能を持った人間は、脳の血流量は、多いことは多いのですが、脳の血流量は、一番ではありません。
実は、血液を使う臓器の第1位は消化器で、30%なのです。
そして、第2位は腎臓で20%、、
3位が脳と骨格筋で15%ずつなのです。

食べること、消化すること、排泄・排尿をすることが、私たち人間にとって一番大事です。逆に、それらのことが、生体にとって負担が大きく、難しい什事であることを示しています。
食事のあと、頭がボーツとしたり、眠くなったりしますが、これは、消化器への血流が優先されるので、頭に血が回らなくなるからです。
やはり、私たち人間にとって「食べること」「消化すること」「排泄すること」の方が、頭を使うことより大切なのです。

このように、「消化すること」「排泄すること」の臓器である腸(小腸、大腸)か多くの血液を使います。腸(小腸、大腸)から、内臓の老化が始まります。

若さを保つためには、腸(小腸、大腸)の老化を防ぐことが重要となります。
腸が正常であることは、良い便が出ているかどうかで判断できます。
便は、体の健康度を教えてくれる、便り(たより)です。
便のことで、お悩みの方、ご相談ください。

朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師  鈴木 覚
 
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
℡ 048-473-7830  Fax 048-473-7332

便秘、下痢、軟便の悩み  その1  大便の中身

便秘、下痢、軟便の悩み  その1  大便の中身
                               2013.10

私は、埼玉県朝霞市で、長年 漢方薬局をしていますが、便秘薬の売れない日はありません。
特に、女性には便秘に悩んでいる人が多いようです。
昭和薬局では、不妊症の相談、更年期障害の相談、頭痛・肩こり等の相談の際に、病歴、主訴、体調などを伺います。そのときに、便秘でもある方が、非常に多い状態です。
以前は、女性の方が多かったのですが、最近は、便秘に悩む男性も増えてきています。
それとは逆に、軟便、下痢、過敏性大腸炎などで悩んでいる方も増えました。
腸の病気、腸の悩みが、以前より多くなりました。
主に、漢方薬などで対応しています。

ところが、意外と便についての、基礎的なことを知らないようです。

それでは、質問です。
「大便の中身は、何でしょう?」

こう聞くと、大抵の方は、「食べ物のカスでしょう」、と答えます。

まあ、常識的に考えると、そうでしょうが、正解ではありません。

正常な便の、80%は水です。この水分の割合が多くなると、たとえば90%だと、下痢になります。水分が少ないと、コチコチ便になったり、出なくて、便秘になります。

正常な便の固形分は、約20%です。
①そのうちの約3分の1が、食べカスです。
②約3分の1が、腸壁から剥がれ落ちた粘膜です。
③残りの3分の1が、腸内細菌です。

①食べかすの多くは、人体が消化できない食物繊維です。  
②約3分の1が、剥がれ落ちた腸の粘膜であるとすると、心配になるかも知れませんが、
大丈夫です。普通の現象です。
腸の粘膜は、大変激しい仕事をしていますので、ドンドン生まれ変わっています。つまり、新陳代謝をして、いわばカスが出てきます。
皮膚の細胞のことから、想像してみてください。皮膚から垢が出てきますが、別に不潔だから垢が出るわけではありません。皮膚の細胞は、次から次へ生まれ変わって、古い皮膚がはがれていきます。それが、垢です。
腸も同じように、次から次へ新しい細胞が生まれて、古い細胞が剥がれ落ちます。それが、便の固形成分の一つです。
③残りの3分の1が、腸内細菌です。
大腸の中には、多くの種類の細菌が棲んでいます。そして、その総重量は、1~1.5kgに達します。我々は、腸内細菌と共に生きています。その細菌の一部が、大便と一緒に外に出てきます・。大便1グラム中に、6000億~1兆個の細菌が含まれています。そして、細菌の種類は、1000種類以上いるとされています。細菌の中には、私たちにとって有益な善玉菌と、害をする悪玉菌、そのどちらでもない日和見菌とがあります。

このようなことから見ると、便秘の場合には、どうしたらよいかが答えが出てきます。

①食物繊維を多くとること。材料が無ければ、便が作れません。
②新陳代謝をよくすること。運動をしたり、体温を正常な温度にまであげることが必要です。
③腸内細菌については、食生活の改善をすること。特に、善玉菌を増やすことが、重要です。

当店では、以上のことを踏まえて、腸の健康、便秘、下痢、過敏性腸症候群などの相談に当たっています。

さいたま  朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師  鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

「紫草の薬効と物語」キンドルストアで発売中

「紫草の薬効と物語」キンドルストアで発売中
                      2013.10.15

この度、アマゾンのキンドルストアで、
紫草・紫根(シコン)の薬効・薬用についての電子書籍
「紫草の薬効と物語」
を、生薬シリーズの第一弾として、出版しました。

http://goo.gl/kQQKw6
または、「キンドル 紫草」で検索。

d0096268_18523169.jpg

試し読みもできます。

埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106     朝霞の漢方  昭和薬局
     薬剤師 鈴木 覚
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

漢方薬のにおいを嗅ぐだけで、免疫が活性化する

漢方薬のにおいを嗅ぐだけで 免疫が活性化する                                2013.10 
漢方薬のにおいを嗅ぐだけで、免疫が活性化するという、朝日新聞の記事にありました。

先日、イグノーベル賞の発表がありましたが、日本人は、医学賞と化学賞とを受賞しました。

化学賞は、涙が出ないたまねぎを作ったハウス食品の今井真介先生らが受賞し、
医学賞は、帝京大医学部の新見正則准教授らが受賞しました。

医学賞は、音楽と免疫の関係についての研究です。
マウスの腹に、別の心臓を移植すると、その心臓は、免疫の拒絶反応でを8日後には鼓動が止まります。ところが、心臓移植したマウスにオペラを聴かせると、免疫は、活性化するのに、なぜか拒絶反応が弱まり、移植がうまくいく、とのことです。
オペラ「椿姫」を聴かせ続けると、平均26日、最長約100日間も心臓が動き続け延命しました。モーツァルトの音楽では20日、アイルランド人の女性歌手、エンヤの歌では11日延命しました。
このように、オペラ以外の音楽でも、多少の差はあるが、延命効果がありました。しかし、地下鉄の雑音ではだめ。
また、鼓膜を壊すと効果はないため、音楽が脳を介して免疫反応に影響している、と考えられるそうです。

さて、朝日新聞のイグノーベル賞の記事には、
『マウスの実験には、続きがある。
漢方薬のにおいを嗅がせても、オペラと同じ効果がある。
ところが、キツネのおしっこのにおいを混ぜると、効果は消えてしまうそうだ。
「天敵キツネのにおいは、明らかにストレスなんでしょう」』
とあり、漢方薬のにおいにも、免疫を活性化する作用があることが、示されています。

漢方薬の効果には、内服による効果だけではなく、においによる効果(これは、アロマテラピーにも通じます)も、プラスされているのでしょう。

埼玉県 朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

,