<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

徳川家康と人参栽培

徳川家康と人参栽培                             2015.3.21

あまり知られてはいませんが、徳川家康は、大変な薬好きでした。
朝鮮人参の国産化を奨励したこともありました。
このことは、「草木六部耕種法(そうもくりくぶこうしゅほう) 四巻」(佐藤信淵先生著、1769ー1850)に見えます。

『人参は、朝鮮種を作るのがよい。
慶長の始め、朝鮮国と和した時に、朝鮮に命じて、人参の種子を献上させた。
慶長十二年(1607年)に、朝鮮人が入貢して、人参の種を献上した。
家康公は、伊達政宗、佐竹義宜の二人を召して、この種を賜った。汝等の領国は、朝鮮の真東に当たっている。
気候の寒暑は、朝鮮と大体同じであろう。
それで、これを汝等二人に与える。
良く栽培して、上品を作れば、日本全国のためになるであろう。
このことは、「関難間記」の付録に見られる。
家康公のこの挙は、徳があると言えるであろう。

その後の伊達家では、如何であったであろう。
今まで、仙台人参という言葉を聞いたことがない。
佐竹家でも、その種子を蒔いたのであろうか?
秋田の中で、人参を植えているものは、我が家より他にあることを聞いたことがない。』
(注:佐藤信淵先生の家では、高祖父の代から人参を栽培していました。)

以上、「草木六部耕種法」より。
上記のことから、徳川家康が、人参栽培を、経済上、健康上からの必要性を強く認識していたことが、わかります。

余談ですが、徳川家康は、その後の慶長16年(1611年)に、山漆草(菊科の三七、もしくは三七人参)を、献じられています。
『金森出雲守可重、初めて山漆草(さんしつそう)を献じた。その葉は、三七にして、本草綱目図説を考見するに、相同じであった・・・云々。』
(駿府政事禄)

三七人参(田七と呼ばれることが多い)は、朝鮮人参の仲間であって、形も、薬効も、成分も似ています。
キク科の三七は、人参とは、全く違う種です。
この山漆草が、三七人参であったら、徳川家康は、日本で最初に三七人参を見た、著名人であることになります。


それから、更に時代が下って、日本の各地で、朝鮮人参の栽培に成功しました。
それまで、輸入に頼っていましたが、そのうちに生産が増えて、逆に中国に輸出するようになりました。
天明年間(1761-1789年)に長崎を通じて、輸出が始まりました。

日本における、人参栽培成功の年は、明確ではありませんが、享保年間(1716-1736)の後半と思われます。
『享保一四年(1729年)、この年より、清国、朝鮮より、人参の生根及び種が来た事はない。
元文三年(1738年)に、日光において、人参の実が数多く出来たので、・・・云々』
と「人参史 四巻」にありますので、1730年かそれ以前に、人参栽培に成功したと推定されます

。時代劇等では、人参は輸入品なので高価である、との表現がされています。
これは、半面正しく、半面間違っています。
人参は、江戸時代の始めから、1801年まで、輸入されましたが、天明年間(1781-1789)に輸出を初め,弘化年代(1845-1848)まで輸出をしていました。
多いときは、年五、六千斤(3,000~3,600kg)に達した年があるという。(「人参史 三巻」より)

徳川家康は、朝鮮人参の国産化を奨励しましたが、その時から、100年以上たって実現し、更には輸出まで出来るようになったことになります。

朝霞の漢方  昭和薬局   
薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

少年犯罪の陰に食生活の悪さがある


少年犯罪(川崎中1殺害事件)の陰に、食生活の悪さがある

d0096268_17533719.jpg


最近起きた、川崎での、中学生の殺人事件は、実に痛ましく、ぞっとする事でした。
これは、つい先日の2月20日に神奈川県川崎市の多摩川の河川敷で13歳の中学1年生の少年が殺害され、遺体を遺棄された事件です。
事件から1週間後に18歳と17歳の少年3名が殺人容疑で逮捕されました。

週刊誌や新聞等では、加害者の少年達についての家庭環境などについて、書かれています。
また、差別問題も、重要な原因の一つです。
そういうことも、大切ですが、食生活についても、重要ではないかと思います。
私は、漢方相談に当たっては、必ず食生活についても、注意を払っています。
また、睡眠の取り方、体の冷え等についても、注意を払っています。
場合によっては、食生活、生活習慣も改善してもらいます。
病気や、不調(肉体的、精神的な)になったのは、先天的なもの以外は、食生活、生活習慣に、何か問題があるからです。

今回の川崎の少年犯罪の陰にも、食生活、生活習慣の乱れがあると思います。
子供の食生活は、100%、親に責任があります。
心の働きは、食事によって影響されます。
例えば、お腹がすいたら、子供は、イライラします。精神不安になります。
十分に食事をさせれば、心は落ち着きます。
ただし、量を食べさせれば良いわけではなく、内容も大事です。別段、値段の高低ではありません。


さて、ある意見によれば、ジャンクフードやファーストフードに依存した少年らの食生活が、少年凶悪犯罪を生み出している大きな要因だと云います。

今回の、川崎の事件の犯人の少年らの食生活も、ひどいものだったようです。
殺人容疑で逮捕された少年たちは、ゲームセンターなどで夜遅くまで、遊び回っていたといいます。
また、事件直前の夜、逮捕された少年の自宅に集まり酒を飲んだそうです。
両親が未成年の飲酒を容認していたのだから、そのことも問題です。
その後、近くの中華料理店に行き、そこで上村君と合流したと報じられています。
彼らは、ラインを使っていたので、ラインが問題視されています。
確かに、ラインでは、子供達の間のいじめに関係したりしているので、何らかの対策が必要でしょう。
夜中に、少年同士で遊び回るのだから、これも、彼らの親や周囲の大人の責任でしょう。
しかし、飲酒というのだから、逮捕された少年たちの日頃の食生活、生活習慣が、相当に荒廃したものであったことは間違いないでしょう。

「少年犯罪と食」の関係については、以前から警察でも、大きな関心を抱いているそうです。
(私にとっては、「食生活と病気」ですが)

1998年に茨城県警、2002年に群馬県警から少年犯罪と食についての調査報告が発表されているそうです。
県内で検挙・補導された中学生・高校生と一般の中高生との食生活を比較したものだそうですが、茨城県警と群馬県警の調査結果は、ほぼ同じだそうです。
「朝食を一人で食べる」「家以外で朝食を食べる」「夕食を一人で食べる」「家族で 鍋を囲むことがない」というのが、非行少年、特に粗暴犯の大きな特徴だそうです。
また、間食では、非行少年のほうが、ジュース類を一般少年らより多く飲んでいる。
食事の好き嫌いをみると、非行少年は、果物、牛乳、おひたし、ごまあえ、ご飯、野菜、味噌汁、魚の煮物などの伝統的な食品が嫌いな子が多いそうです。
朝からカップ麺を食べるという子も 非行少年には何人かいたそうです。
これは、親が朝ご飯を作らないので、お腹がすくから、手っとり早いジャンクフードのカップ麺を食べると云う事から始まり、まともな食品を、慣れない味なので忌避する、ということなのでしょう。
茨城県警察本部少年課では「食事を親に作ってもらい、それを食するという習慣の乏しさは、非行と関係することがうかがえる」と、考察しています。
全く、そのとおりでしょう。


犯罪少年達の、犯罪の陰には、食生活の乱れがあります。食生活のみならず、まともな生活習慣が見られません。
それは、すべて、両親を始めとする周囲の大人の責任です。

しかし、食生活の乱れ、生活習慣の乱れは、犯罪少年のみに限らず、
我々の、肉体的健康、精神的な健康にも、悪影響を及ぼします。

それが、私共が、漢方相談に当たって、必ず、食生活や生活習慣を質問する理由です。
それらを無視して、健康は回復しません。
また、不妊などの問題も解決しません。
アトピーやアレルギーなどの免疫疾患、女性に多く見られる冷え性なども、また同じです。


ご相談は、  (要 予約)
朝霞の漢方  昭和薬局
薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

孫が生まれました

孫が生まれました
2015.3.5

つい先日、3月1日の朝に、孫が生まれました。上の息子夫婦にです。
結婚して4年たってやっと出来たので、今時の不妊でした。

さて、私の知り合いの女性薬剤師に、大変なやり手の娘さんがいます。
独立して、自分で、漢方相談の店を経営しています。
お母さんが、なかなか結婚しないで、と嘆いていましたが、40歳で結婚しました。そして

、すぐに妊娠出産しました。さらに、その少し後に、また妊娠出産しました。40歳以降で

二人生んだということで、大したものです。彼女の漢方の理論が正しかったことを示して

います。これで、商売繁盛間違いないでしょう。

当店では、不妊を全面に打ち出しているので、孫が出来ていないのは、ちょっとかっこ悪

いことでした。無事に産まれて嬉しい、と同時に、ほっとしました。当店での、漢方的な

考え方が間違っていないことを、示せましたので。

これが、娘でしたら、あれを飲め、これをこうせよ、等と気楽にいえますが、息子の嫁さ

んということで遠慮して、なかなか、口を出せませんでした。
しかし、体調を良くするという名目で、時々漢方薬を送っていました。
そして、これはと思う物を送って飲んでもらったところ、すぐに、妊娠しました。
それが、無事今回の出産となりました。

今回のことで、改めて再認識したことがあります。
まず、子供(胎児)の生育が順調なことです。
かなり、早い段階からの画像がはっきりしていました。生まれるだいぶ前から、顔がはっ

きりと映っていました。
以前でしたら、顔を見るのが楽しみ、という言い方でしたが、生まれる前から、顔を見て

いる感じでした。しかし、生まれてからの写真を見ると、想像していたのとは、すこし違

いました。

最近の技術の進歩は、めざましく、早い段階から、胎児の様子が、画像で見られるので、

お腹にいる時から、赤ちゃんという感がします。以前は、全くお腹の赤ちゃんは、見えな

い存在でしたので。

とはいえ、無事に元気で生まれたので、ほっとしました。
現在、息子夫婦は、転勤で大阪に住んでいます。孫の生まれたのは、金沢(嫁さんも実家

のある)でしたが。
五月には、息子が東京勤務に戻ります。孫も、東京に戻ってきますので、会えるのが楽し

みです。
                     1
朝霞の漢方  昭和薬局   薬剤師  鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

バスに無賃乗車したこと  鉄道事故のせいですが!

バスに無賃乗車したこと

東武スカイツリー線(伊勢崎線)の事故のためですが。

3月1日のことです。
足立区の実家に行こうと、武蔵野線にのり、新越谷駅(南越谷駅)で降りました。すると、東武スカイツリー線(伊勢崎線)が、事故のため止まっている、と繰り返し放送がありました。
どう行こうかと、考えて、ネット(タブレット端末)で調べました。
新越谷駅では下りずに、南流山にまで行き、ツクバエクスプレスに乗り換え、加平まで行きました。

それから、タクシーで実家まで行きました。
タクシーの運転手さんの話によると、竹ノ塚駅のそばの踏切での事故だとのことです。
ここは、開かずの踏み切りとして、地元では有名です。私も、以前そこで、えらく待たされたことがありました。
少し前にも、その踏切で事故がありましたが、その影響で、遮断機の下りている時間がさらに長くなったそうです。
こういうことで、あせっていた乗用車が事故を起こしたようです。

さて、実家に着いてから、しばらく、父(90歳です)と話してから、帰ることにしました。
ネットで調べると、まだ東武線は止まっています。
さて、どうするか、タクシーで北千住か、どこかへ行こうかな、と考えました。
そして、実家の近くに都バスの千住車庫があるので、そこから、JRのどこかの駅に行こう、と思い付きました。
バスターミナルですから、あちこちの行く路線があります。
とりあえず、一番早く乗れたバスの行き先にしようと思いました。

千住車庫にいって聞いてみると、電車が止まったせいで、いま大変混んでいますよ、と言われました。
バス停には、何人かの人が待っていました。なんだ、それほどではないな、と思いました。

少しすると、バスが来ました。
満員でした。
北千住行きです。
乗ろうとして、入り口の方に行きましたが、ドアが開きません。
どうやら、出口から入るように、との感じです。バス停で待っていた人の全員が、出口から入りましたが、満員状態で、出口付近にしか入れません。
見ると、入り口付近にも人がびっしりで、これでは、入り口から入れないな、と思いました。
しかし、料金はどうするのだろうと思いました。
私は、タスポを持っているので、簡単だが、現金で細かいお金がない場合は、釣り銭で時間がかかりそうで、大変だな、とも思いました。

走り出してから、運転手さんから、こんな放送がありました。

『ここから北千住まで、送り迎えの車などで、大変混雑しています。30分以上(普通なら10分以下)かかります。少し距離はありますが、足に自信がある方は、次の停留所の千住4丁目から、歩いた方がいいですよ。』

それで、次の千住4丁目(歩いて北千住駅まで、10分位)で、降りることにしました。料金は、入り口でしか払えないから、入り口を開けるのだろうか、と思いました。
あるいは出口のみをあけるのだろうか、とも思いました。

そのバス停である千住4丁目に着いたら、出口のみあけました。
あれ!?とは、思いましたが、目の前の出口から降車しました。
降りてから、見渡すと、若そうな人は、大部分降りて来ました。

そうか、運転手は、最初から料金を取るつもりはなかったのだ、と気がつきました。
都営バスですので、営利企業ではありません。
バスに乗った人の多くは、私同様、鉄道が止まったための利用であったのでしょう。
少しの利益よりも、社会的な便宜性を優先しての対応だったのだ、と解釈し、感心しました。

おそらく、一昔前でしたら、時間がいくらかかっても、料金を取ったでしょう。まあ、当然のことです。
今回の、対応は、社会的に成熟した、余裕のある対応であったと思います。

ということで、バスにただ乗りをしました。

所で、
少し前に、居酒屋で火事?にあい、代金を払わないでいいと言われて、出て来たことがありました。それも、今回と同じ北千住での出来事でした!!?

朝霞の漢方   昭和薬局
薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

イギリスで、"アラフィフ出産”が増えてきた

イギリスで、"アラフィフ出産”が増えてきた

                    2015.3
上記の記事が、「クーリエ・ジャポン 2015年4月号」に掲載されていました。

いまや"アラフィフ出産”も常識!
英国で「妊婦の高齢化」が止まらない

それによると、2013年、英国で50歳以上の母親から生まれた子供は、700人を越えたそうです。そして、多くは、体外受精だそうです。

その記事には、イギリスのブレア元首相夫妻の写真が載っており、夫人は妊娠中のようです。そして、45歳で第4子を出産と説明書きが添えられています。

この理由として、
「ヨーロッパ大陸では、出産にかかる費用が健康保険でカバーされるのが、43歳まで、
体外受精が行うことができるのが49歳と定められているが、
イギリスでは、その年齢制限がない。」
ことから、だそうです。

この記事を読んで、これは、どう解釈すべきだろうか、と考え込みました。

50歳以上の出産は高齢出産ではなく、超高齢出産です。相当、流産率は高いはずですから、妊娠数は、700の数倍は、あるでしょう。
50歳でも、リスクはあるが、妊娠出産は可能だ、ということを示しています。

当店、昭和薬局でも、つい先頃、40歳の方が、苦労の末、色々と困難はありましたが、無事出産しました。

とはいえ、やはり年齢が高くなると、妊娠する事が少なくなるだけではなく、流産率も高くなるので、早めに手を打つことを、おすすめします。



朝霞・志木・新座・和光で40年 
 

朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332


朝霞の漢方  昭和薬局のお客様は
◎以下のような地域から、多くご来局頂いています。お気軽にご相談においで下さい。

埼玉県
朝霞市内全域(本町、朝志ヶ丘、宮戸、三原、溝沼、浜崎、西原、北原、上内間木、下内間木、岡、根岸、仲町、栄町、泉水、西弁財、東弁財、

他)、
志木市内全域(本町、館、幸町、柏町、上宗岡、中宗岡、下宗岡)、新座市、和光市、富士見市、三芳町、川越市、川口市、所沢市
さいたま市(旧  大宮、浦和、岩槻、与野)、
東京都
練馬区、板橋区、北区、豊島区、清瀬市

◎ご相談をよくいただく病気その他
美容 :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエット
腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎
痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、冷え性、生理痛、生理不順



,