<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「人参弁」に於ける、三七人参

「人参弁」に於ける、三七人参


享保18年(1733年)に刊行された「人参弁」には、朝鮮人参を主とした記述の中に、三七(人参)についての記述が有ります。
これは、現在の知識からすれば、間違っている部分がありますが、今時代に、すでに三七人参が日本に流入していたことの証左のひとつですので紹介します。
なお、西洋ニンジンが、「発見」されたのは、1716年のことです。「人参弁」の書かれた時(刊行年ではなく)に、日本に入って来ていないか、入って来ていても、まだ稀であったでしょう。




本草綱目の三七の条に、
時珍曰く、広西南丹の諸州の少数民族の村の深山中で根を採集し、日に曝して乾燥する。黄黒色。丸く固まっているものは、ほぼ白及に似ている。長いものは、古い乾地黄の様で、味はわずかに甘く、苦い。すこぶる人参の味に似ている。
この説によれば、或いは、薩摩人参(トチバニンジン)の節は、三七と言うものであろうかとの疑問であるが、まことに良く符合している。
(編者注:薩摩人参と三七人参は、全く別の植物です。)
しかし、本草原始の三七の条には、竹節人参(ちくせつにんじん)もまた三七に似ている。ただし、形は、小さいだけである。
形の大小をもって、論ずる事は、間違っている。
また、稲生氏の本草図翼に云う。
三七は竹節人参の類で、味は甘く、苦く、人参の味に似ている。ただし、色は、黄白で、三七の色は黄黒である。市場では、定風草(天麻)をこれに充てている。ただし、色は白く、質量は軽く、味は薄いので、三七とは異なる。この説は、どこから出て来たのだろうか?
(編者注:三七人参は、竹節人参とは、別のもの。ただし、味が甘く苦いという記述は、三七人参と合致する。他の人参類は、別の味である。)

私は、未だ竹節人参と三七の関係に対する、十分な考察を行っていない。
漢渡りの三七を見るに、我が国の竹節人参に似ていて、色は、黄黒色である。この種は、我が国にもある。
李時珍が謂う、「近頃、伝わる一種の草が・・・」は、我が国の俗が、三七(この場合は菊科の植物)と云って、人家にはなはだ多い。(注:この文は明らかに誤りである。)
これを以て、薩摩人参(トチバニンジン)は、三七人参とは異なることは、確かである。

近頃、朝鮮より、対馬に、人参の葉であるとして持ち込まれた一種の草が、京都に寄せられた。それを見ると、我が国の、三椏(あ)五葉であって、かえって我が国のものより、味が劣っていた。この草と、かの国の竹節人参(ちくせつにんじん)についている苗(地上部の茎葉)とを比べて見て、薩摩人参が、本物の人参である事が知れた。(編者注:薩摩人参は、トチバニンジン=竹節人参であるので、朝鮮人参とは同じではない。)
しかし、土地の差異によりものか、味の苦さがひどく、薬用には耐えられない。
熟考するに、辛夷(しんい:コブシ)の品質の差もこのようである。
かの木天蓼(もくてんりょう)、木香(もっっこう)などの如きものは、実を薬用にする。
しかし、気味の異なるものは、仮に栽培方を知り得たとしても、土地の善し悪しによっては、良い品質のものを得ることができない。これは、天のしからしむところであって、人為の及ぶところでは無い。


 

栄養と、健康には、大いに関係がある

栄養と、健康には、大いに関係がある
2016.4
老人の栄養と健康

老人の栄養と健康について、考えさせられることが、有りました。

先日、義母が、具合が悪くなり、受診しました。
各種の検査数値が、異常を示していました。
特に、ある検査値がの異常が大きく、通常の考え方では、加rだの何処かに異変があると解釈されます。
また、肺にも影があるとのことでした。
次回も、数値が改善されなければ、入院とのことでした。
こういう場合、(身内でしたら)病院の治療とは別に、~~によい漢方薬を投与します。
しかし、今回は、もっと単純に考えました。
実は、単純な栄養不足ではないのかと。義母は、少し前から、食欲がなく、食べられそうなものしか、食べていませんでした。

d0096268_22451629.jpg




各種の検査値は、多くは、血液中にある物質の量(濃度)を測定したものです。

そこで、私は、こう考えました。栄養不足が、数値の異常を来したのだろうと。体の異常ではなく、単に血液中の

物資の過不足であると。
今回は、すぐ血液中に栄養(主にアミノ酸)が行くようなドリンク(桜精のドリンク:アミノ酸などが多い。
主成分は馬の心臓エキス。)と、胃腸を整え食欲の出る漢方薬(温石:おんじゃく)を、飲んでもらいました。
また、パナパール(カプセルには良質のアミノ酸を多く含み、錠剤は、認知症に有効との特許を得ています)も、飲んでもらいました。

のんですぐ、頭がはっきりしてきて、食欲も出てきました。


d0096268_22444286.jpg




数日後に、再検査を受けましたが、すべての検査値が、正常に近づきました。
体調も、もとに戻りました。

食欲が無い→栄養不足→体調不良→検査値の異常→病気になる

こう言うことで、年輩者は、病気になったり、病状が悪化する事が多いのではないかと、推定されます。
今では、義母は、元通りに、自分で食事を作って、普通に生活しています。この食事が、年輩者には、大事です。



さて、私の父は、去年の五月に、90歳で亡くなりました。
死因は、肺結核です。肺結核は、過去の病気と、思われがちですが、今でも、患者がいます。
父の場合は、若いときに結核に罹患しました。しかし、その後は、全く何の症状も、出ていませんでした。
父は、ヘビースモーカーで、酒も大分飲んでいました。
しかし、咳などの症状は、全く出たことが有りませんでした。
肺だけでなく肝臓が悪いと言うこともありませんでした。
(余談ですが、私自身は、タバコは、吸いませんが、タバコが健康に悪いと思ったことは、一度も有りません。タバコは、ある人には、良く、ある人には、悪い、と確信しています。)
多分、あなたの周囲にも、ヘビースモーカーで、健康長寿の人がいるとおもいますが。

この父が、以前から、食欲が無く、あまり食べてはいませんでした。元々、血圧の薬を2種類飲んでいるだけでした。
つまり、血圧以外は、特に悪いところは有りませんでした。
亡くなる、2週間前位に体調が悪化し、かかりつけの病院に行きましたが、特に悪いところがない、と返されました。
しかし、夜に更に具合が悪くなり、その病院に入院しました。
その後、結核が見つかり、清瀬の結核病院に転院し、数日後に亡くなりました。


当時は、ごたごたしていましたので、思いつかなかったことがあります。

父が、結核を再発したのは、栄養不足が原因ではないかと。
父は、結核を長いこと保菌していたわけです。
しかし、それらしい様子は見られませんでした。結核菌は、体に残ってはいたが、体力(免疫力)のある時は、静止していた。
しかし、栄養不足になって、免疫力が低下し、結核菌が暴れ出した。と、こう解釈できます。

戦前は、結核は死の病ですが、栄養状態も関係あるとされています。
父の死は、栄養状態の悪化の結果であるとも言えます。
父が、亡くなったのは、法的には、肺結核ですが、実質的には、緩やかに衰えていった老衰である、と私は思っています。
肺結核以外に特に、悪いところがありませんでしたから。

私は、以前から、父にあれこれ漢方薬等を飲むように、勧めていましたが、少ししか飲んでくれませんでした。

母は、数年前に亡くなっていますが、父は、それ以来、生きる意欲を失っていましたので、あまり飲む気にはなれなかったのでしょう。
とは言え、死の直前の10数日だけの、入院だけで、済んだので、まあピンピンコロリに近い状態ですから、大往生といえましょう。

以上の事から、老人の病気、病状の悪化には、栄養不良がある、と思います。

しかし、単に食べろ、と言っても、食べられません。
また、食べたところで、必要な栄養素が摂れるとは限りません。
漢方薬や、健康食品の力を借りた方が、早道でしょう。


朝霞の漢方  昭和薬局のお客様は
◎以下のような地域から、多くご来局頂いています。お気軽にご相談においで下さい。

埼玉県
朝霞市内全域(本町、朝志ヶ丘、宮戸、三原、溝沼、浜崎、西原、北原、上内間木、下内間木、岡、根岸、仲町、

栄町、泉水、西弁

財、東弁財、

他)、
志木市内全域(本町、館、幸町、柏町、上宗岡、中宗岡、下宗岡)、新座市、和光市、富士見市、三芳町、川越市

、川口市、所沢市
さいたま市(旧  大宮、浦和、岩槻、与野)、
東京都
練馬区、板橋区、北区、豊島区、清瀬市

◎ご相談をよくいただく病気その他
美容 :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエット
腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎
痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
女性不妊、35歳以上の女性の妊娠力アップ、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、冷え性、生理

痛、生理不順                    

朝霞市、志木市、新座市、和光市で41年

さいたま 朝霞の漢方  昭和薬局    薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106

d0096268_22453615.jpg

,