<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

山の桜は、熊が植えた!!!

山の桜は、熊が植えた!!!

数年来の疑問が解ける!
          2016.5
ある時、疑問に思っていたことが、何年か後、何十年か後に、解る事があります。
つい先日も、長年疑問に思っていたことが、新聞の記事(読売か日経のどちらか)で、氷解しました。

それは、こういう事です。
「山の上の桜は、誰が植えたのか?」

数年前、会津の方に行った時に、あることに気がつきました。
山の、上の方に桜が咲いている。
これは、誰かが植えたのだろうか、それとも自然に生えてきたものであろうか?

新潟の方から、福島の会津に向いました。
5月の連休でしたので、高速道路から見える山々に、桜が咲いていました。かなりの数がありました。
花の感じからして、山桜です。
それを見て、
ああ、日本は桜の国だなと感じました。

しかし、疑問がわいてきました。
桜の咲いている山のそのあたりに、道路らしいのは、見られません。周囲の木も、自然の様です。人の手が入っているのなら、杉などの経済的に意味のある樹種であるはずですが、桜を始め、経済的に意味がなさそう、つまり自然林ぽい感じがしました。
高い山ではありませんが、道がない山に、誰かが、わざわざ桜を植えたとも思えません。
また、桜はバラバラに生えています。
群生しているのではないので、種が遠くに飛んでいったとも思えません。

そこで、山に詳しい義父に聞いてみました。
すると、あれは、自然に生えているものである、との答えでした。
これで、自生か、どうかの疑問は解けました。

とはいえ、どうして、バラバラに、高いところまで生えているのだろうか、との疑問は残りました。

先日の新聞記事、読売か日経のどちらかにですが、に、その答えが出ていました。
こういう事でした。桜の実を熊が食べて、その熊が移動して、かなり高いところまで行き、糞をする。
その糞の中に、消化されずに残っていた桜の種子が、芽を出し、桜の木になる、と言うことでした。
熊が、桜の木を、山のテッペンに植えて、花が咲いた、と言うことです。
はなさかじいさんは、熊であった。

この記事では、熊と桜の関係しか述べていませんが、その他の植物と、その他の動物にも、当てはまりそうです。
或いは、鳥が実を食べて、種を落としたのかもしれません。

このように、何年来の疑問が解けました。

それにしても、植物の生き残り、繁殖作戦は、実に巧みなものですね。


さいたま 朝霞の漢方   昭和薬局
       薬剤師  鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

ピンピンコロリが必要なのは、若い人(30代、40代、50代)

ピンピンコロリが必要なのは、若い人(30代、40代、50代)

ピンピンコロリとは、よく聞く言葉です。これは、老人(今の)が、最後まで、元気で、誰かから、下の世話にもならずに、死ねることを指しています。
若い人、たとえば、いま20代、30代、40代、たぶん50代の人、60代の人でも、あまり、ピンピンコロリということは、考えないでしょう。
しかし、死ぬ寸前まで、元気でいなければならないのは、今の老人ではなく、これから老人になる人です。

あるお客さんの言葉です、介護を受けているお母さんがいます。
介護会社の、幹部と親しくなって、本音を聞けるようになったそうです。
「現在のような、手厚い介護を受けられるのは、お母さんの世代で終わりです。」
「若い世代、あなたを含めて、が、将来老人になったら、今のような介護は受けられません。
そのまま、ほおって置かれます。悲惨なことになります。

今の30~50代の人が、70歳以上になる頃には、更に若い、働いている現役世代が減ります。
今の若い世代は、給料も安くて、こき使われています。
年金すら、払っていない人が多いのは、周知のことでしょう。
年金というものは、現役世代が年金受給世代に、支払うものです。現役世代が減ったり、現役世代の収入が減ったら、年金の受給が減ります。
介護に使えるお金も減ります。
今の福祉は、国が借金をして、まかなっています。
借金は、いつかは返さなければなりません。
これからの世代が、老人世代の作った借金(1000兆円の国債)を返させられます。
これでは、年金や福祉には、お金が回りません。
財源が有りませんし、少子高齢化で、介護で働く人は、少なくなります。
ですから、私達や、あなたの年代の人は、年をとって介護が必要になっても、国が面倒をみてはくれません。
そのまま、ほおって置かれるでしょう。」

これは、全くその通りです。
このような状態が、好ましいか、好ましくないかは、この場では、述べません。

はっきりと、分っていることが、いくつか有ります。
日本の財政は、大変な赤字を抱えています。
約1000兆円ですから、国民1人当たり、約1000万円の借金をさせられていることになります。
現在、少子高齢化が進んでいます。これが、逆転する可能性は、ほとんど有りません。
老人の介護には、大変なお金がかかります。

これらのことから、若い世代に人たちが、老人になった時に、介護に使えるお金は、有りません。
また、子供が減っているのですから、介護をする人材は、大変少なくなります。

今の若い人が、悲惨な老後を送らない為には、ピンピンコロリを目指すしか有りません。
さもなければ、莫大な財産を貯めておき、介護の必要な老後に、備えるしか有りません。

最近、老後破産ということが、週刊誌をにぎわせています。
それによると、年金生活に入る前に、数千万円を用意しなければ、悲惨なことになる、と述べています。


さて、ピンピンコロリは、可能なのか?

もちろん、有る程度は、可能です。
(絶対ということは、有りませんので、可能という言葉で、表現しました。)
食事はもちろん気をつけなければなりませんが、適切な漢方薬、漢方食品などを利用すれば、ピンピンコロリに近いことは、可能です。


私の父は、去年90歳で、母は80代で亡くなりました。
また、義父は、80代で亡くなりました。
いずれも、寝たきりになったりせず、ぼけたりもしないで、死の直前の1ヶ月位の入院で亡くなっています。
それまでは、自宅で、ずーっと暮らしていました。車いすも、誰も使っていません。
皆、それぞれに、漢方薬、漢方食品を飲ませていました。

父は、ヘビースモーカーで、大酒のみでした。
タバコは、若い頃は、ハイライトを1日に3箱も吸っていました。
年をとったら、軽いのに変わりましたが、生涯では、大変な量の、煙を吸っています。
ニコチン・タールは、とんでもない量を吸いこんでいたことになります。

ただし、死の1年前くらいに、居間の内装を変えたので、汚さないようにと、タバコを中止しました。
(私は、タバコを中止したことが、気力の衰えにつながったのではないかと思っています。)
酒は、年齢とともに、大分飲酒量がへりました。
父は、90をすぎた頃から、急に衰え、4月に、急に具合が悪くなって、入院し5月に亡くなりました。
大体、ピンピンコロリに近いでしょう。


今度は、お客さんの例を挙げます。
ご主人が亡くなってからは、一人暮らしをしていました。
当店からは、よく漢方薬などをお買いになっていました。
娘さんからは、同居しようと言われていたそうですが、1人の方が気楽だと、ずっと断っていました。
ある時、その娘さんが、当店を訪れました。
お母さんが、亡くなったとのことです。
その、亡くなった、少し前にも、当店に見えました。
全く普通に、しっかりしていました。

こういうことだったそうです。

先日、お母さんに連絡したところ、電話に出なかったそうです。
そこで、お母さん宅に行ったところ、倒れていたそうです。
ただし、意識は、しっかりしていたそうです。
救急車を呼んで、そのまま、入院となりましたが、二日で亡くなったそうです。
話を総合すると、亡くなる3、4日前まで、1人で、食事を作り、家事をして、自活していました。
本当に、しっかりした、穏やかな方でした。

亡くなったのは、残念でしたが、おそらく、自分の望んだ亡くなり方が出来たのだとおもいます。
(娘さんには、何かあったら、延命治療はしないでほしいと、言っていたそうです。)
これこそ、ピピンコロリの理想に近いことでしょう。


以上のように、適切な、漢方薬、漢方食品を利用すれば、最後まで、あまり、人に迷惑をかけずに済むでしょう。

さて、具体的になにを、利用したのかを、知りたいでしょうが、一人一人事情が違います。
また、効能書きに、ピピンコロリが可能である等とは、書かれていませんので、漢方薬品名などは、記しません。


最後に、もう一度。
若い世代の人ほど、ピンピンコロリを目指す必要があります。




◎ご相談をよくいただく病気その他
美容 :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエット
腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎
痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
女性不妊、35歳以上の女性の妊娠力アップ、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、冷え性、生理
痛、生理不順                    


朝霞市、志木市、新座市、和光市で41年


さいたま 朝霞の漢方  昭和薬局    薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
Tel 048-473-7830   Fax 0048-473-7332

,