<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

生殖補助医療における黄体機能不全と黄体補充について

黄体機能不全と黄体補充について

8月28日(2016)に、 中医不妊症の全国会議がありましたので、出席して来ました。
黄体機能不全と黄体補充についての興味深いお話がありましたので、一部を紹介させていただきます。

 山王病院リプロダクション婦人科内視鏡センターの藤原敏博先生の
「生殖補助医療における黄体機能不全と黄体補充について」のお話がありました。

黄体機能不全とは
プロゲステロンの分泌が低下し、受精卵の着床ができにくくなる
ことです。
そして、卵子が正常に育っていない場合には、
黄体補充だけをしても、有効性が示されていないとの事でした。
     (要するに、黄体補充だけでは、妊娠は難しい、と言う事です。)
(でも、ご安心ください。この卵胞の発育を良くする等は、漢方・中医学の得意分野です。
病院での ART:体外受精 の治療と組み合わせると、効果的です。)

先生がおっしゃるには、ART(体外受精)では、黄体補充が必須だそうです。
何故かと言うと、ARTでは排卵時に卵の内膜細胞を剥がして、顆粒膜細胞まで取ってしまうので、黄体機能が低下してしまうからだそうです。

それでは、どの様な方法で黄体補充をするかと言うと、今まで日本では、合成型ホルモンでした。
ところが、今年から日本も天然型プロゲステロンの許可がおりました。
天然型プロゲステロンは、人間のプロゲステロンと同じ構造式です。
天然型プロゲステロン膣剤は、安全性、有効性で全身への副作用が最も少ないものだそうです。
(今まで、何故合成型を使うのか?・・・ 一番の理由は「安い」からだそうです。)


これは、大事なことと感じたことの、もう一つはP4(凍結融解胚移殖値での血中プロゲステロン値)が、10mg/ml以上必要と言われていましたが、それ以下でも妊娠、出産例はあるとの事です。天然型プロゲステロン投与ならば、P4はあまりこだわる事はないとの事です。

それと、子宮は、月経や排卵の時は動いているそうですが、着床の時は、動いてはいけないそうです。


とまあ、このようなお話でした。
大変、専門的で難しかったのですが、学んだことを生かして、
  相談に生かして行こうと思いました。

                                    昭和薬局  鈴木満里

「毒薬本草」などから見る、朝顔の毒性と薬効

「毒薬本草」などから見る、朝顔の毒性と薬効
アサガオは、有毒な植物  その2
                                                 2016.9.1

アサガオは、一般的な植物ですが、種には薬理作用があります。アサガオの種子は、現在でも、わずかに下剤に配合されています。
しかし、毒性があることは、意外と知られていません。

アサガオの種子の毒性と、薬効について紹介します。

江戸時代から、明治大正にかけての、民間で使用については、梅村甚太郎先生の「民間薬用植物誌」に記載されています。

あさがほ 牽牛花(ケンゴカ)
あさがほ  Pharbitis hederacea L.

漢名は牽牛花(ケンゴカ)。旋花科の一年草であって、茎は蔓をなして他物にまとわりつく。夏の月の盛りに、漏斗(ロウト)状の美花を開く。葉は通常、三裂した葉片が有り、互生している。果実は、球形のカラがあり、三室を有し、各室に二つの種子がある。
●葉は、そのまま、或いは塩でもんで、蜂蟻等にさされた時につけると、効果がある。      
●種子を下剤に用いる。白花のものは、特に脚気病によく効くとして用いられる。冷水にて呑み下すとよい。或いは、細末にして丸じ、毎日六匁づつ白湯にて用いる。殊に、この丸剤を黒大豆の煎じた汁にて服用すれば、更に良いと云う。           

●伊勢では、種子を鶏のしらみを取るのに用いる。
●大便が固くなって出ないのには、牽牛子(ケンゴシ:アサガオの種)、大黄(ダイオウ)、桃仁(トウニン)を粉とし、あめで固めて座薬にし、肛門にさしこむと良い。
●三河国西尾附近にては、白花のものの種子を、痰を治すのに内服する。
●尾張の国では、白花を煎じて、或いは血の道の薬とし、或いは解熱の用に供する。
●治痛散。木通(モクツウ)一匁、大黄(ダイオウ)一匁、白牽牛子(しろケンゴシ)三匁、升麻(ショウマ)二匁。檳榔子(ビンロウジ)五分。この五味を粉末とし、一度に二三匁づつ飯のとり湯で服用すれぱ、痛風、風湿、風毒、腫れ痛みを治すこと、不思議である。但し服薬の前夜より粥を用い、下痢の止むまでは、ものを食べてはいけない。


朝顔の毒性について

何年か前に、「毒薬本草」という大変魅力的!?な書名を、中国語専門の書店から来たバーゲンカタログに見つけました。
さっそく注文したところ、その書店から電話がかかってきました。
「毒薬本草」(1993年12月、中国中医薬出版社)は、大分汚れていますが、どうしますか?とのことでした。
それでもいいから送って欲しい、と伝えました。
それで、手元にあるわけです。
古本ではなく新本ですが、水にぬれた形跡がありました。また、発行年の割に古い感じがします。

「毒薬本草」より
牽牛子(ケンゴシ)
旋花科の牽牛 Pharbitis nil(L.)Choisy、または、毛牽牛 Pharbitispurpurea(L.)Voigt などの種子。

毒性と中毒症状
ケンゴシ(朝顔の種)をマウスに皮下注射した場合の半数致死量は、37.5mg/1kg(原文の通り訳したが、エキスであるのか、特定成分であるのかは、不明)である。
過量のケンゴシは、腸道に対して強烈な刺激作用がある。
また、腎臓を充血させ、重症な場合には、併せて中枢神経系統に被害を及ぼす。
特に舌下神経では、舌の運動を麻痺させ、言語障害を引き起こす。

中毒症状
用量が過大であると中毒を引きおこす。
中毒症状:メマイ、頭痛、激しい嘔吐、下痢、大便は緑色で水様、そして粘液が混じっていたり、粘液血便。心拍数が1分間で120前後、心音は低く鈍く、常に言語障害を伴い、突然の発熱、腰痛、無痛性の血尿、脈は弱まる。重症な場合、高熱を伴って昏睡し、四肢は冷たくなり、口唇は紫色になり、全身皮膚は青くなり、呼吸が浅く短くなる。

考察:牽牛子(ケンゴシ:アサガオの種)は有毒である。腸道、腎臓に対して刺激がある。重症者は中枢神経系統を損傷し、一系列の中毒症状を引き起こす。
有毒薬物に属する。ただし、大戟(タイゲキ)、莞花(カンカ)、甘遂(カンスイ)類に比べると毒性は少ない。

臨床研究:肝硬変の腹水、テンカン、精神病、蟯虫症、小児の夜泣きなどに、効果があるとの報告がある。




朝霞の漢方  昭和薬局
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

結婚10年目で妊娠

結婚10年目で妊娠
2016.8.31
本日、妊娠したとの報告を受けました。30代の女性からです。
調べてみると、当昭和薬局に初めて相談に見えたのは、2014年の8月です。妊娠を確認したのも8月ですので、丁度二年かかったことになります。
そして、当店に相談に来たときには、結婚して8年との記録がありますので、合計10年。結婚10年で、めでたく妊娠されたわけです。
今回の妊娠は、病院での治療との組み合わせです。
当店では、漢方を通じて、母体や卵の状態を良くし、妊娠に至れるよう、お手伝いしています。

結婚10年という数字を見れば、いかに苦労されたか、悩んでいたがが、不妊で悩んでいる女性には、想像がつきましょう。

さて、妊娠したのは、それはそれで、良いことです。
しかし、妊娠が目的ではなく、無事に元気な赤ちゃんが産まれることが、最終目的です。
これからも、漢方を通じて、無事ゴールにたどり着けるように、お手伝いをしていきます。

不妊症、不育症などで、お悩みの方は、ご相談ください。

ちなみに、統計上でも、カウンセリングを受けた場合の妊娠率は、相当数アップすることが、認められています。正確な数字は、忘れましたが。

昭和薬局では、単に物(漢方薬など)を売っているわけでは、ありません。漢方的な考え方、養生法、くじけそうな心を支える相談、等などを通じて、対応しています。
そういうことが、妊娠につながっていると思います。

さいたま 朝霞で41年
朝霞の漢方  昭和薬局
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

,