<   2017年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2017年4月18日 妊娠報告

2017年4月18日 妊娠報告

34才のお客様より、一昨日、妊娠されたとお電話がありました。

当店の漢方薬をお飲みになって、
わずか2ヶ月弱という早さでの妊娠です。
『今年中には、体外受精をなさりたい』
と,そのお客様がおっしゃっていました。
しかし、私は『それまで身体を整えるように頑張りましょうね』
と,申し上げたばかりでした。
(体調を整えれば、自然妊娠も可能だと思っていましたので。)

この方は、冷えが強く、軟便気味で、
花粉アレルギーもありました。
(アレルギーがあると、不妊になりやすいことが、知られています。
 アレルギー反応は、異物を排除する反応です。
 精子や、胎児も、母体にとっては異物です。
ですから、アレルギー体質の方は、不妊に成り易いとされています。)

お腹を温め、血液を増やし、花粉症が楽になる
漢方薬を中心に飲んでいただきました。
飲んですぐに足先が温まったとおっしゃっていただきました。
フルタイムで仕事をされている方なので、
流産には十分気をつけて安胎薬を続けて下さいね。

本当におめでとうございます。



相談を希望する方は、ご予約下さい。(日祭日、木曜日は、休業日です。)

朝霞の漢方 昭和薬局  
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106    TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332


魚鱗癬の悪化する時期

魚鱗癬の悪化する時期
2017.4.23

多くの病気は、季節や、温度、湿度、時間帯によって、悪化したり、良くなったりする事が、しばしばあります。

先日、これは魚鱗癬の悪化する季節ではないか、と気がついたことがありました。

具体的に書くと、4月19日(水)と21日(金)のことです。
20日が無いのは、実は昭和薬局は、木曜日が休業日だからです。

4月19日(水)には、久しぶりにAさんが来店しました。お子さんが、魚鱗癬ですが、今まで、ほとんど目立たなくなっていたのが、ここにきて足の方の魚鱗癬が目立つようになったそうです。

4月21日には、都内のBさん(お子さん)と中国地方のCさん(お子さん)から、クリームやローションなどを送ってほしいとの電話が、続けてありました。
あれ、今日といい、一昨日といい、魚鱗癬の関係が多いなと思いました。
少ししてから、そうか!この時期は皮膚病が悪化するのだ、と言うことを思い出しました。

魚鱗癬(それに限らず、アトピー性皮膚炎など皮膚病全般)は、季節などによって良くなったり悪くなったりする事は、よくあります。
こんな場合には、あわてずに、そういうものだと思って、スキンケアで対応すれば良いと思います。

ついでですが
女の子には、魚鱗癬は発現しなかった
さて、Cさんには、つい先日、女のお子さんが生まれたそうです。
肌がキレイな赤ちゃんだったそうです。
(奥さん、つまりこの赤ちゃんのお母さんには、漢方薬をのでもらっていました。
当店は、不妊の相談が多いのですが、漢方薬をのんでいたお母さんの産んだ赤ちゃんは、肌もきれいです。)

わたしは、上の男の子(魚鱗癬)とか、親族の状況から、伴性遺伝性魚鱗癬ではないかと推定していました。
「こういう場合は、女の子には、魚鱗癬は発現しないでしょう。」と、伝えてありました。
Cさんは、「言われたとおりに、魚鱗癬は出なかった。」と言っていました。

この遺伝形式については、当ブログの「魚鱗癬は、子供にどのように遺伝するか?」を参照してください。

さいたま  朝霞市、志木市、新座市、和光市で42年(1975年より)  漢方相談薬局
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106  昭和薬局   薬剤師  鈴木 覚
          TEL  048-473-7830  FAX 048-473-7332

サイタマカンポウ ドット  コム     埼玉漢方ドットコム
http://www.saitamakanpo.com/   

さいたま 朝霞の漢方
  昭和薬局のお客様は
◎以下のような地域から、多くご来局頂いています。お気軽にご相談においで下さい。
埼玉県朝霞市内全域。志木市内全域、新座市、和光市、富士見市、ふじみ野市、三芳町、川越市、川口市、所沢市、さいたま市(旧  大宮、浦和、岩槻、与野)、東京都練馬区、板橋区、北区、豊島区、清瀬市

◎ ご相談をよくいただく病気その他美容 :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエッ
ト腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎痛み全般:関節痛、ヒザの痛 み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、不妊症、子宝の食養生、更年期障害、冷え性、生理痛、

あなたの精子には、問題ありませんか?

世界中で男性の精子がだめになってきている
                                    2017.4.3

最近、不妊の問題が、大きくなって来ています。
昭和薬局でも、不妊(女性不妊、男性不妊、二人目不妊)の相談が、年々増えてきています。

「あなたの精子には、問題ありませんか?」
こんな表題の記事(Opinion)が、Japan Times 2017.3.14にありました。
どこの国の記事かは、記されてはいませんが、多分アメリカでしょう。
しかし、内容は、先進国全般に共通です。
日本の若い男性の精子についても同じことでしょう。

以下、本文から。
最近の若い男性の約90パーセントの精子に問題があるそうです。奇形であったり、中には頭が二つあるのや尾が二つあるのも、時々あるそうです。
また、形は正常でも、運動に問題があり、酔っぱらった様に動いたり、狂ったように円運動をするのもあるそうです。
精子の数も、過去75年間、顕著に減少して、生殖に影響を及ぼしてきているとの事です。

ある疫学者は、「精子の数が減っているだけではなく、質が低下し、遊泳能力、生殖能力の低下がみられる。」と言っています。
また、精子の質と、寿命の短さとの関係にも注目しています。
ある薬学者は、「精子の質と、男性の生殖能力は低下している。子供を作ろうとしても、出来ない男性もいる。そして、男性の生活の質(クオリティ オブ ライフ)の低下、社会に与える経済的な負担は、計り知れない。」と、語っています。

人間や動物における研究では、プラスチック、化粧品、殺虫剤、その他の無数の生産物に由来するホルモン攪乱物質が、犯人であることが示唆されています。
有名な雑誌である「ニューヨーカー The New Yorker」は、「沈黙の春 Silent Spring」をもじって、「沈黙の精子 Silent Sperm」と、述べでいます。
(「沈黙の春 Silent Spring」は、 レイチェル・カーソン Rachel Carsonの著作で、1962年に刊行され、たちまちベストセラーとなった。農薬を始めとする化学物質のため、鳥などの生き物が死に絶え、鳴かなくなった、と言う意味の表題。農薬も、精子の減少、奇形などの原因の一つであろう。)

また、男性の精子の質の低下が、陰経ガンの増加に、明らかに関係しているとのことです。そして、ペニスの先天的な奇形も増えているそうです。

デンマークのある生殖学者は、
「我々は、分岐点にいる、と考えている。我々人類が、種としての存続が出来るか否かの問題である。」
と語った。

最近の研究では、中国の湖南省で、2001年の精子のドナー希望者のうち、56パーセントが合格(健康な精子)であったが、2015年では、わずかに18パーセントしか合格しなかったことが、見いだされた。
ここ15年で、中国での若い男性の精子の質が低下した、と結論された。
(この研究が正しいとすると、湖南省の状況は大変ひどいことです。と言うのは、精子の提供者になろうという男性の多くは、ある程度以上、健康に自信があるでしょう。そうでない人たちを含めた男性全体の健全な精子を持つ割合は、2015年では、10パーセント以下の可能性が高いでしょう。昨今の中国の農薬、重金属の汚染により、精子の問題は、湖南省だけではなく、中国全土で似たような状況と思われます。これでは、いくら中国の人口の絶対数が多いとは言え、社会的な危機でしょう。)

この男性の生殖能力の問題は、子宮の中からすでに始まっている様であるとのことです。
男性と女性の胎児は、始めは同じように生長するが、やがて、ホルモンの働きで男女で違って来る。
問題は、ホルモン攪乱化学物質が、この段階で、正常な男性機能を持つ男性になるのを、混乱させることである。すなわち、胎児の段階で、環境ホルモンによって、男性としての機能に、悪影響が及んでいる。

では、どのようにして身を守るのか、ということになる。
プラスチックに触れた食べ物・飲み物を極力さけること。
野菜果物は、有機栽培のものにし、残留農薬を避ける。
妊娠中は、タイレノールなどの薬を避ける。
などなど。
(しかし、これはなかなか難しいことです。我々は、プラスチックに入った水を飲み、プラスチックなどに包装された食べ物を食べています。飲食物でプラスチックに関係ない物を避けるのは、至難の技です。
なるべく、減らそう、としか言えません。)

(この文の筆者は、上記の文に続けて、有害な化学物質に対する強い規制を主張しています。
正論ですが、アメリカの政治的状況から見て、大変難しいことでしょう。)

結語として、
「我々人類の未来は、精子の健康状態と同じである。(危ない)」としています。

(我々の精子は、特に先進国の若い男性の精子は、数の減少、運動能力の低下、奇形の増加で、危機的な状況にあります。このままでは、人類が減少、また生まれてくる子供の健全さが失われ、やがて滅びるでしょう。
精子が、以前のように、数が増え、運動能力が回復し、奇形が減れば、それは、とりもなおさず、人類が健全になることを意味します。
精子がダメになれば、人類がダメになる。
精子が良くなれば、人類も本来の良さを取り戻せ、未来は明るい。
こう言った感じでしょう。)

さて、以前から、日本を含む先進国の若い男性の精子が減少し、質も低下していることが、言われています。

では、対策が、あるかどうかですが、
漢方薬の中には、対策を立てられるものがあります。
興味ある方は、ご相談ください。
(電話相談、メール相談不可)

時間的な事もあり、相談をご希望の方は、ご予約ください。


◎ご相談をよくいただく病気その他
●美容・お肌のトラブル :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、
               ダイエット、じんましん、皮膚のトラブル
●胃腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎、胃炎、神経性胃炎、胃もたれ
●痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
●不妊関連:女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、
●女性病関連:冷え性、生理痛、生理不順、
●その他・心の病気全般:体の疲れ、精神的な疲れ、自律神経失調症、うつ、不安感、不眠症、夜尿症


朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

地獄谷の温泉に入る猿  その4 

地獄谷の温泉に入る猿  その4   
のんびり旅行のはずが、忙し旅行に                                              2017.3
それにしても、不思議な光景です。
野生の猿が、露天風呂に入っているのは。
また、猿達は、人間がいるのも気にせずに、自由に走り回っています。

そろそろ、帰りの時間が近づいてきたので、そこから、雪の山道をくだりました。
すると、私たちが上げって来た時よりも、多くの人たちが上がってきて、狭い道で、すれ違うのが厳しいことがしばしばありました。
しかも、多いと聞かされてはいましたが、外国人の観光客が多いのに、驚かされました。
彼らは、殆どスキーウエア、靴をはいています。
準備万端の感じです。
雪の山道を歩く予定、つまり地獄谷に来ることを、予定して来ているのでしょう。
こんな僻地に、しかも30分以上、雪の道を歩かなくては、たどり着けない場所に、国内からではなく、遠い国から、こんなに多くの人が来るのは、不思議なことでした。

それだけ、この地獄谷の温泉に入る猿、しかも、雪景色の中の温泉に入る猿というのは、大変魅力的なものなのでしょう。

d0096268_22263836.jpg

野猿公園から出て、集合場所に向かいました。
そこにも、外人観光客を送り迎えする大型バスが停まっていました。

その後、ホテルに戻りました。

それから、バスで帰路につきました。
途中で、小布施に寄り、東京に戻りました。

のんびり旅行のはずでしたが、大変忙しかった旅行に成りました。
しかし、地獄谷の雪の中、温泉につかる猿を見ることが出来たのは、大きな収穫でした。

さいたま 朝霞で42年
朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師  鈴木 覚
さいたま 朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332


地獄谷の温泉に入る猿  その3 

地獄谷の温泉に入る猿  その3  
のんびり旅行のはずが、忙し旅行に
                                   2017.3

温泉につかっている猿を見ましたが、なかなか面白い物でした。
湯煙が上げっているので、中々良い写真が撮れませんでした。
大人の猿は、落ち着いて温泉につかっていますが、小猿は、泳いだりしています。
これは、人間と同じで、おおきな風呂に、子供がはしゃいで泳いでいると言う感じです。
眺めていると、突然温泉から飛び出したのがいました。
出て、おしっこをしています。
又、糞をしているのもいました。
すると、温泉でおしっこやウンチをするのは、お湯が汚れるので良くない、と判断しての行動と思われます。
温泉をよく見ると、糞は3、4こしか浮かんでいませんでした。これは、赤ちゃん猿のではないか、と想像しました。
というのは、もし大人の猿が、温泉の中でウンチをしたら、もっと大量に浮かんでいることでしょう。
おしっこは液体ですので、中でしてもわかりません。
しかし、おしっこをするために、あわてて出てきた猿がいるところを見ると、大人の猿(一部かも知れませんが)は、温泉の中では、ウンチもおしっこもしない、という公衆道徳を持ち合わせていることに成ります。

d0096268_22214702.jpg
d0096268_22153805.jpg

また、温泉の水を飲んでいる猿が何匹かいました。
自分が飲むものに、おしっこやウンチはしない、という思考力、あるいは衛生観念が、誰に教わるともなくあるのは(実際はどうか判りませんが)、猿の知能の高さを示すものでしょう。

そのうちに、親子の猿が、温泉にやって来ました。
小さいのは、多分去年生まれたと思われますので、1歳猿、その上の子は一昨年生まれた感じですので、2歳猿とします。(実年齢はわかりません。便宜上こうしました。)
母猿は温泉の縁にいて、2歳猿を温泉に入れて、体をなでている、グルーミングしている感じです。
猿は、よくお互いにグルーミング(蚤取り)をします。
そこら辺でもしています。しかし、温泉の中でノミ取りとは、変です。
何か、体をなでている様な、介抱している感じです。
その二歳猿は、元気のない感じです。
そのうちに1歳猿が、母親のふところに、割り込んできました。
まるで、母猿が上の子ばかりをかまっているのに、焼き餅をやいて邪魔しにきた感じです。
それから、私は、眼を転じて他を見てから、また眼を戻してみたところ、2歳猿は、温泉の縁に上がっていました。
一歳猿は、母親にしがみついています。
二歳猿は、左手で右手を温泉につけながらさすっています。
どうやら、右手を怪我したのか骨折したようです。
それで元気がなかった様です。
d0096268_22220214.jpg

これらから、考えられること。・・・
母猿は、温泉が怪我などに効果があることを知っていて、2歳猿を温泉に浸けながら、痛むところ(?)をなでてあげていました。
2歳猿は、おとなしくされるままになっていましたが、多分 気持ちが良い(あるいは痛みが和らぐ)からでしょう。
温泉から出ても、右手の先を温泉につけながら、さすっていたのは、痛みが和らぐからでしょう。
(手当をすると言う言葉があります。病気や怪我を治す基本は、患部に手を当てることでしょう。母猿は、言葉通り、手当をしていました。)
こういう事から、母猿は、温泉が体に良いことを、体験してきて、子猿の怪我?を治そうとしている、と解釈できます。
また、温泉の縁から、温泉水を飲んでいる猿が、何匹かいましたが、かなり長く飲んでいました。
これは、単に温かいからではなく、飲むと体調が良くなることを経験的に知っての行動と思われます。
温泉につかると、ダニやシラミ等の寄生虫を減らすことができるのを、これまた経験的に知っているのでしょう。

温泉には、様々な効果があることがわかっています。
たとえば、美肌、皮膚病、打ち身、怪我、胃腸病など。中には子宝の効能をあげている温泉もあります。
地獄谷の猿たちを見たところ、毛並みの汚いのは、いませんでした。
人間で言ったら、肌かキレイに相当するでしょう。
皮膚は内蔵の鏡、と言う言葉があります。すると、この地獄谷の猿たちは、カラダの内面も健康であることが、想像できます。
これは、温泉のおかげでしょう。
猿達は、温泉が温かいだけではなく、体に良いことを知っている!!のだ、と感心しました。

と、まあこんな事を考えながら、猿を見ていました。

◎ご相談をよくいただく病気その他

●美容・お肌のトラブル :アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、
               ダイエット、じんましん、皮膚のトラブル
●胃腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎、胃炎、神経性胃炎、胃もたれ
●痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
●不妊関連:女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、
●女性病関連:冷え性、生理痛、生理不順、
●その他・心の病気全般:体の疲れ、精神的な疲れ、自律神経失調症、うつ、不安感、
                不眠症、夜尿症(最近ご相談が増えています)

さいたま 朝霞の漢方
昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332






,