人気ブログランキング |

<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

40代で、自然妊娠!!!

今日は、大変嬉しいことがありました。
40代で、自然妊娠!!!
                                2017.5.30

つい先ほど、去年の7月に生まれた赤ちゃんを見せていただきました。
今、10ヶ月です。
この、赤ちゃんに是非会いたいなと願っていましたら、本日会うことが出来て、感無量です。
当店は、不妊の相談を受けていますが、このお子さんついては、特に強い印象をもっています。
40代での『自然妊娠』です。
40代で、自然妊娠できたら嬉しいことではありませんか。
ご本人にとっても、私どもにとっても。

それ以上の年齢で妊娠・出産された方はいましたが、自然妊娠・出産は、この年齢では、大変少ないことです。
それで、特に強い印象を持っていましたし、このことは、多くの人を勇気付けることであろう、と思います。
実際、始めて相談に見えた方(40歳以上で)に、40代で、自然妊娠・出産の方もいますよ、と告げると、顔が、パッと明るくなったりします。

当店の漢方薬を飲まれて1年半で自然妊娠されました。
去年の7月に、40代で無事第一子の可愛い男のお子様を出産されたお客様が今日、赤ちゃんと一緒にご来店になりました。
私どもは、その赤ちゃんとその方にどうしてもお会いしたかったのですが、チャンスがなくいつも残念に思ってました。
40代で漢方薬のみで妊娠され、産まれる直前まで漢方薬を飲んでいただいた思い出深い方でした。

お子さんは、元気で、愛嬌も良く、見ているだけで、嬉しくなりました。
お子様は、とても元気で活発でピョンピョン椅子の上ではねていました。
産まれる寸前まで来ていただいたので、妻(主に、妻が不妊相談を担当しています)の声をお腹の中で聞いていたのでしょうか。
初対面なのに、妻に、かなりなついてくれました。
赤ちゃんは、お腹にいる時に、既に周囲の音を聞いているそうです。

d0096268_17141051.jpg
ここに、妻が、赤ちゃんを抱っこしている写真を掲載しました。
本当に、元気なお子さんで、写真を撮るのに苦労しました。
赤ちゃんの頬が赤いのは、漢方の赤い軟膏のためです。
今回は、赤ちゃんの皮膚についての相談でした。すこし、アトピーぽいそうです。
まあ、赤ちゃんというのは、皮膚のトラブルがあって、普通ですが。
この、赤い漢方の軟膏は、様々な皮膚のトラブルに用いて、効果があります。
それと、クリームと、ローションを足しました。
始めは、あちこち痒がっていました。しかし、軟膏を塗ったり、クリームやローションをつけたりしているうちに、痒みが収まったようです。かかないようになりました。
痒みがあれば、痒みを止めるのことが大事です。
皮膚のトラブルも、早いうちから対応していれば、悪くならないですみます。
何事も、早めの対応が肝腎ですね(不妊症対策も)。

さて、
子育ては大変でしょうけど、ご夫婦にとっても、おじいちゃま、おばあちゃまにとっても宝物ですね。
これからも頑張って下さい。会いに来てくれてありがとうございます。


ご相談をよくいただく病気その他

美容・お肌のトラブル:アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、美白、ダイエット、じんましん、皮膚のトラブル
胃腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎、胃炎、神経性胃炎、胃もたれ
痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
不妊関連:女性不妊、男性不妊、2人目不妊、子宝の食養生、更年期障害、
女性病関連:冷え性、生理痛、生理不順、
その他・心の病気全般:体の疲れ、精神的な疲れ、自律神経失調症、うつ、不安感、
                不眠症、夜尿症(最近ご相談が増えています)

さいたま 朝霞の漢方
朝霞、志木、新座、和光で42年  昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL
 048-473-7830  FAX 048-473-7332





阿膠(アキョウ)と南アフリカ

阿膠(アキョウ)と南アフリカ

阿膠は、ロバの皮に含まれているゼラチンです。
それで、南アフリカのロバが、ねらわれているそうです。
Japan Times(2017.3.27)の記事によれば、中国における阿膠の需要増の影響が、アフリカ南部の村人たちへ被害を与えているそうです。

アフリカ南部では、荷役用に、ロバが飼われています。
現地の人たちは、ロバの肉は食べないそうです。
ところが、最近、ロバたちが、ギャングに盗まれて、生きたまま皮をはがれ、そこら辺で、死体が捨てられる、といった事件が頻発しているとのことです。
ある村の住民は、去年の10月に9頭いたロバのうち6頭が盗まれたそうです。
このような事が続けば、村中からロバがいなくなってしまいそうだとの事とです。

二ヶ月前、ヨハネスブルグの警察は、ある場所に、5000以上のロバの皮が隠されているのを発見したそうです。
そのほか、国中のあちこちで、ロバの皮を発見(摘発)したそうです。北西地方では中国料理の店でロバの皮を見つけたそうです。

これは、中国での阿膠の需要が増えたため、その影響がアフリカ南部の国から、違法に輸出されるようになったため引き起こされた事象です。

中国におけるロバの飼育数は、1990年代には、1,100万頭であったのに、2013年では、600万頭に減ったそうです。
ところが、阿膠の需要は、増えてきています。
中国では、年間5,000トンの阿膠が生産されますが、これには400万頭分のロバの皮が必要だそうです。
この数字をみれば、国内からだけでは、需要を満たせないことになります。
どこからか、持ってもなければなりません。

ところで、ロバが多く飼われている国は、あまりないでしょう。
それで、アフリカ南部まで、影響が及んだわけです。

現地では、このままでは、サイ(サイの狩猟は禁止されています。
しかし、角が漢方薬の原料になるので、密猟されています。)が、絶滅しかかっているのと同じように、ロバも同じ運命になる、と危惧されているそうです。

阿膠は、非常に有用な生薬です。
しかし、このような残酷で違法な行為は、忌むべき物です。
正しい方法で、阿膠を供給してほしいものです。


さいたま  朝霞で42年 
朝霞の漢方  昭和薬局  鈴木満里
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332






五月の連休雑感 2017.5

五月の連休雑感
                          2017年5月
この連休は、墓参りをかねて、福島の裏磐梯に行ってきました。
東北自動車道と磐越自動車道を経由して行きましたが、その時に感じることがありました。
去年と同じホテルに泊まりましたが、少し違いかありました。

去年も同じ時期に行きましたが、今年は人の出が多い感じがしました。
ホテルの、駐車場は、去年より多くの車がありました。
去年は、朝霞を出発してから、目的地の裏磐梯に、約4、5時間で着きました。
(途中で休み休みでです。)
ところが、今年は、8時間もかかってしまいました。
走りっぱなしではなく、渋滞をやり過ごすつもりで、かなりの時間をSA(サービスエリア)ですごしましたが、SAで、車を止めるのも大変でした。

ドッグラン
いくつかのSAには、ドッグランがありました。
犬をつれて旅行・帰郷する人が多いのですね。
昔の犬は、よく吠えましたが、最近の犬たちは、大人しくていい子になったようです。
(すこし、物足りない感はしますが。)

ヒッチハイク
ヒッチハイクという言葉は、以前はやりましたが、最近 久しく聞いていません。
ヒッチハイクという言葉は死語になっていると思っていました。
しかし、佐野のサービスエリアで、面白いのを見ました。
出口付近(SAから本線への)に若い男が二人、何か手に持っているのを見ました。
何だろうと見ると、一人は、宇都宮**という地名、もう一人は別の地名を書いた紙でした。
すこし歩いて戻ってきたら、一人はいませんでした。
無事誰かに乗せてもらったのでしょう。
へー、意外と早く乗せてもらえるのだ、と感心しました。

それから少しして、SAのレストハウスの中央入り口前に、旗というか横長のポスターみたいのを掲げている若い白人男性たちがいました。
よくみると、三色の国旗も掲げていて、「ドイツ人、日本語少し話せます。」と書いてありました。
また、横長のには、地名が書いてありました。
あー、彼らもヒッチハイカーかと、妙に感心しました。
日本人の若者も、ドイツ人の若者も、ここまで、誰かに乗せてもらったのでしょう。
また、ここで乗せてくれる人を捜して、次の目的地に向かって行くのでしょう。
ヒッチハイクは、今でも、やっているのだ!
若くて元気なら、ヒッチハイクも面白いものでしょう。

山には山桜  
山の桜は、、熊が植えた!
いままで、気が付かなかったのですが、那須高原(栃木県)から白河(福島県)辺りの山には、山桜が多くありました。また、磐越自動車道の周囲の山にも山桜が見られました。
そこら辺でよく見られる観賞用の桜(ソメイヨシノ)などとは、違って、色がうすく白っぽいので、区別が付きます。
今年は、寒かったので、連休中に山桜を見ることができたのでしょう。
日本は、桜の国だな、と感じ入りました。

所で、誰が山の上に桜を植えたのでしょうか?
答えは、熊です。熊が山に登って、桜を植えたのです。
(正確には、熊や鳥などが、桜の実を食べ、消化されなかった種子が、糞とともに、地面にまかれたのです。)

実は、私は、山桜が、人が行きそうもない所にあるのを見ていて、不思議に思っていました。
以前、山の桜は、自生なのか?人が植えたものか?と、義父に尋ねたことがあります。
すると、自生である、との答えでした。
その後、新聞か何かに、山の桜は、熊が植えたという記事がありました。
熊が桜の実(サクランボの小さいのと思えばいいでしょう)を食べ、熊が歩き回って、ついでに糞をします。
すると、それから芽が出て桜の木に成るそうです。
おそらく、鳥なども同じように実を食べて、あちこちに種子をばらまくのでしょう。
しかし、新聞では、熊が最も、桜の運搬に貢献しているとありました。

オートバイ
今回の高速道路では、オートバイで、走っている人たちが、非常に多いように感じました。
あるいは、渋滞をしり目に、すいすいと走り抜けているのを見て、そう感じたのかも知れませんが。
一昔前は、オートバイの運転は荒っぽいものでしたが、今回の高速道路では、そう感じませんでした。
比較的、安定的に走っている感じがしました。
SAでバイクライダーを見ると、若い人はいません。
おそらく、4・50代が多くて、30代が少しいると言った感じでしょう。20代もいるかも知れませんが。
彼らは、若いときからバイクに乗っていて、好きで、今も乗っているのでしょう。
また、運転に慣れていて、年齢も行っているので、無茶な運転、荒っぽい運転もしないのでしょう。
それを見ていて、妻が、あの人たち、何処に泊まるのかしら?(行き当たりばったりではないのか、とのニュアンスを含んでいますね。)と言いました。
この疑問の答えは、次の日の朝にありました。
私たちの泊まったホテルは、そう高級ではありませんが、いかにもバブル期にたてられた、スキーリゾートでした。
敷地内に、スキー場、リフトがあります。
泊まった翌朝、朝食を食べ終えてから、土産物コーナーに行きました。
私は、興味が無いので、家族が見ている間に、ホテルの庭の方に行きました。
すると、なんとバイクが十数台ありました。
一台は、二人乗りして出て行く所でした。
運転手は男性で、後は女性です。
また、結構な年の男性(5、60代か?)が、高そうなバイクにまたがって、出て行こうとしていました。
うーん!バイク乗りも高齢化か?
バイクに乗るのも、泊まるのにも、お金がかかりそう!とも思いました。


車が、東北自動車道の郡山を抜け、磐越自動車道に入り、しばらくすると、磐梯山が見えてきました
。通例、連休中でも、頂上付近に雪が少しあります。
しかし今年は、例年より雪の面積が大きい感じがしました。
猪苗代磐梯高原インターチェンジで、降りました。
それから、裏磐梯に向かいましたが、ことしは例年より寒いと見えて、あちこちに雪が残っていました。

d0096268_22063731.jpg
d0096268_22051359.jpg

ホテルに着いたら、また、雪がかなりありました。去年は、全く雪がなかったのですが。
ホテルの敷地は、広くて、スキー場があります。短いリフトもあります。
去年は、雪がありませんでしたが、今年は、雪がかなり残っています。
ほんの少し前まで、スキーができたであろう位の雪の量です。
雪の上には、スキーで滑った後が見えます。
今年は、例年より寒いのでしょう。

不倫カップル
ホテルの夕食時に面白いものを見ました(聞きました)。
私たちの、そばのテーブルに男女が座って話していました。
断片的にしか、聞こえないのですが、男の方は、50代前半、女性は、20代後半のようです。
夫婦にしては、年齢が合わないし、聞こえてくる話からして、どうやら不倫カップルのようです。
と、こんなことを思っていたら、娘のそばのテーブルにいたカップルも、怪しそうでした。
私に聞こえた訳ではないので、はっきりとはしませんが。
その後の娘の聞こえた内容からして、これ又、不倫カップルのようでした。
(このホテルの夕食は、フレンチか和食です。
やはり、浮気にはフレンチが似合いそうです。
私たちは、フレンチの方でしたので、あんな会話が聞こえてきたのでしょう。)

不倫というのは、人間がいるかぎりあるでしょう。しかし、景気が良いときの方が多いでしょう。
うーん。景気が良いのかな?
うちは、違うけど。

混雑
連休中に混雑するのは、当たり前のようですが、そうでも無いところはあります。
東北自動車道が混むのは、例年のことですが、今年は、さらにひどい感じがしました。
磐越自動車道とか裏磐梯は、もともと、あまり混雑しません。
ところが、今年は、あちこち混雑していました。
食べるところも、買い物をする所も。

以上のことから、今年は景気が良いんだと感じました。
その後の、新聞でも、今年の連休の遠出は、去年より多かった、とのことです。
やはり、景気が良いのでしょう。一部では。
もちろん、同業者や、何か商売をしている人たちは、たいてい、景気はぱっとしないと、良く言います。
確かに、そうでしょう。
しかし、そう言っているのは、私たちみたいな伝統的な、昔からある仕事に従事している者たちです。
別な所では、経済は活発に動いているようです。

ある、経済セミナーを見ていたら。
レストランは、高い所から、埋まっているそうです。
また、飛行機は、ファーストクラスから埋まっているそうです。
旅行も、高級なコースから売れているそうです。
いまは、少し加熱気味だそうです。
私自身と身の回りをみると、とてもソウとは思えません。
それとは別に、日経新聞によれば、不動産に対する融資は、バブル期を越えたそうです。
よくわからないが、ある部分では経済が過熱しているようです。

d0096268_22084231.jpg
d0096268_22085374.jpg


とまあ、色んなことを、今年(2017年5月)の連休で感じた次第です。


朝霞の漢方
  昭和薬局
薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332


50年後のクラス(同期)会

50年後のクラス(同期)会

                                  2017.5
さる4月23日に、大学の同期会がありました。
同期会が、土曜日でしたので、始めは、欠席する予定でしたが、妻と娘が「行って来たら」と言うので、参加することにしました。

私は、1949年(昭和24年)生まれです。昭和薬科大学に入学したのは、1967年(昭和42年)です。
(当店の屋号である、昭和薬局は、昭和薬科大学の昭和からです。)
今年は、2017年ですので、50年前に、私たちは顔を会わせたことになります。

50年! 

随分、時間が経ったものです。

過ぎてみれば、あっという間ですが、50年は、長い時間です。
中には、亡くなった人もいます。

主催したのは、もと軽音楽部の3人でした。
彼らの話によると、今年は70歳になる節目なので、同期会をしよう、と主催したそうです。
ああそうか、彼らを含めて、男の同級生の多くは、今年70歳になるのだ。
私は、現役入学で、2月生まれですので68歳です。
しかし、一浪した同級生の多くは、今年70歳になります。
女性の同級生の多くは、現役でしたが、男性の同級生の多くは、一浪でした。
確かに、人生の区切りの一つでしょう。

単科の薬科大学ですので、1学年の人数は少なく、300人強でした。
さて、今回の同期会には、どのくらい来るのだろうか、と思いました。

普通の大学ですと、1学年の人数が多く、どんな同期生がいるかは、わからないでしょう。
しかし、昭和薬科大学では、人数が普通の高校の一学年の生徒数と同じ位ですので、同じ学校をウロウロしていれば、話したことは無くても、何となく顔見知りです。
ですから、話したことはなくても、顔を見れば(面影があればですが)、何となくほっとします。

参加者は、60数人、うち40人強が女性、男性が20人強でした。
実は、当時の薬大は、圧倒的に女生徒が多く、男女比は、1:2でした。
まるで、女子大みたいでした。
ですから、今回の参加者の男女比は、学生時代と、同じです。
出席率は、約20%ですが、これは、かなり高い数字ではないかと思います。
というのは、当時の昭和薬科大学は、地方出身者が多く、東京近辺の出身者は30%位でしたから。

しかしながら、沖縄や北海道からも、今回の同期会に、多く来ていました。
彼らは、日帰りと言うわけには行かないでしょうから、相当の時間と交通費をかけて来ているわけです。

同期会が開かれるのは、これで3回目です。

薬科大学ですので、皆薬剤師です。
一部の同級生は、仕事をやめていますが、70近くになっても、多くは、現役で仕事をしています。
資格があるのは良い事だと、再確認しました。

懐かしい人たちと、久しぶりに会って、楽しく話をしました。

年齢からすると、今後、何時また同期生に会えるかわかりません。
これが、人によっては、会うのが最後かも知れない、と感無量でした。

朝霞の漢方    昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚  
       埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106 
 TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332  
           


,