人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

不妊対策漢方の初期費用

不妊対策漢方の初期費用

                         2019.11

漢方で不妊対策、初めての

不妊治療をしても、うまく行っていない、

漢方薬を試してみようか?

と考える方は多々いると思います。

しかし、敷居が高い、どこに行って相談したらよいのか、わからない、と思う方も、多いでしょう。

お金がいくらかかるか、判らない。

そこで、簡単な提案をしてみます。

まず、来店して、(郵送はお勧めしません。送料もかかりますし、妊娠のためにも。)

「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)300mlだけを下さい。」と言って下さい。 (価格は事情により表示しません。)

「不妊症に良いと聞いたのですが、時間がないので、婦宝当帰膠だけと、その資料をください。」と続けて言って下さい。

ソウすれば、いくつか資料をさしあげます。

それで、「それでは、また」と言って、そそくさとお帰りください。

婦宝当帰膠は、液剤です。300mlで約1ヶ月分です。

または、

「輝若(きじゃく)だけを下さい。」と言ってください。

  (価格は、事情により表示しません。)

「不妊症に良いと聞いたのですが、時間がないので、輝若(きじゃく)と、その資料を下さい。」と続けて言ってください。

ソウすれば、いくつか資料をさしあげます。

それで、そそくさとお帰りください。

輝若は、錠剤です。300錠で、20から30日分です。

購入して、家に帰ってから、

今後どうするかの方針、作戦を立てて下さい。


「パド」、朝霞市、志木市、新座市、和光市のを参照ください。

とりあえず、文章は、ここまで読んだら十分です。


朝霞の漢方 昭和薬局   薬剤師 鈴木 覚

埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106

TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332


**************

以下は、時間があったら、お読み下さい。

◎商品も大事だが、ノウハウの方が大事

◎聞くが効く

◎相談した方が、妊娠率があがる

◎食生活、生活習慣も大事

◎年齢別

◎人生には戦略が大切

◎メリハリをつける

◎失敗を繰り返さない

婦宝当帰膠は、液剤です。液剤が苦手な方は、輝若は錠剤ですので、こちらにして下さい。

もしくは、

薬局に来てから、立ち話程度の相談をしたくなった場合は、その旨、スタッフに申しつけください。

ただし、本格的な相談には、時間(だいたい1時間)がかかりますので、その場合は、ご予約ください。

予約のない場合は、対応出来ない場合が多いので。

価格について

多分、いくらか見当もつかないでしょう。

昔、エスペラント語を学んでいたことがありました。

その時、ドイツ人と話したことがあります。

私が、薬剤師だと言うと、それは珍しい(エスペランティストで薬剤師は、ほとんどいませんから)と、こんな面白いことを話してくれました。

ドイツには、「薬局価格」という言葉があるそうです。

いくら払わせられるか判らない、と言う意味だそうです。

まあ、寿司屋と高級料理屋の時価みたいなもんですね。

外から見たら、漢方薬の価格は、判りづらいでしょうね。

さて、婦宝当帰膠の300mlと輝若の300錠は、数千円です。

不妊、子宝相談について、

供給側の薬局側では、店によって差異はあるものの、だいたいの、数字はあります。

当店では、一回に、数千円から2、3万位です。年齢と状態によります。

少し考えれば、20代と30代、40代では、違いがあるのは、想像できましょう。

また、本人=母体の状態によって、対策の立て方が違います。

何か一つの漢方薬で、良いとは限りません。大抵の場合は、周期に合わせたりとか、複数のを組み合わせます。

そういうことで、不妊対策の漢方は、対話、相談が必須です。

◎不妊治療には、作戦が必要です。

これは、何についても言えましょうが。

不妊対策には、体質や生活習慣、年齢などが重要です。

不妊症で悩んでいる方は、不妊専門の病院にかかっていることがいることが多い。

西洋医学的な治療が、どうしても必要な場合と、そうでない場合とがあります。

臨機応変に対応すべきです。

何度も同じ治療をして、出来ない場合(昭和薬局に来る方は、大体そうです)は、他の方法を考えるべきです。高度不妊医療は、最初の一回が成功する確率が高く、回を追ごとに、下がっていきます。

ですから、同じ事を繰り返すのは、お金と時間の無駄、体力の消耗につながります。

そういう場合は、病院を変えるたり、(病院によって治療方針、技術の差があります)漢方との組み合わせを、考えるべきでしょう。

漢方でかかるお金は、高度不妊治療の一回分より、大幅に安い(一年分でも)ので、そのことも、考えたほうが良いと思います。

たとえば、40代で、漢方だけ(経済的なこともあって)で、自然妊娠し、無地に出産した例もあります。

当然、かかった金額は、不妊治療を受けた場合よりも、一桁(!!)安いのですから。

しかし、40代ですと、組み合わせた方が良いことが多くなります。

そういうことで、病院の治療、漢方の利用について、冷静に計算した方が、あなたの人生に取って、良いことでしょう。

最後に、

特定の治療だけ、漢方薬だけ、では不足です。総合的に不妊対策を考えるべきです。

不妊対策には、ノウハウ、経験が重要です。

たぶん、こちらの方が重要です。

また、不妊治療には、不安が付き物です。

それに、対応することも、必要です。

関西で、不妊治療のトップクラスの専門医のセミナーで、漢方と組み合わせた方が、妊娠率が相当に上がるとの話を効きました。

また不妊治療では、相談をした方が妊娠率が上がるとの情報があります。

昔から、医薬の世界では、

「聞くが、効く」と言われています。

妊娠率を上げるためにも、ぜひご相談ください。


「パド」、朝霞市、志木市、新座市、和光市のを参照ください。

予約は、

TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332

昭和薬局 


,